Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

大動脈弁逆流症

(大動脈弁機能不全、大動脈弁閉鎖不全症)

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

大動脈弁逆流症(大動脈弁閉鎖不全症とも呼ばれます)は、左心室が弛緩するたびに大動脈弁で血液の逆流が生じる病気です。

  • 大動脈弁逆流症は、大動脈弁および周囲の大動脈基部(心臓から身体の他の部分に血液を送り出す血管である大動脈の基部)の変性によって発生します。

  • 変性は、ときに異常な二尖弁のある人で起こりますが、弁の細菌感染やリウマチ熱によっても生じる可能性があります。

  • 大動脈弁逆流症は、心不全が起きないかぎり、症状を引き起こしません。

  • 診断は身体所見から下され、心エコー検査によって確定され、その際に重症度が判定されます。

  • 損傷した心臓弁は定期的にモニタリングする必要があり、逆流が顕著となり心機能が低下し始めたら、弁を外科的に置換または修復します。

心臓弁膜症の概要も参照のこと。)

大動脈弁は左心室と上行大動脈(心臓からつながっている太い動脈)の間の開口部にあります。大動脈弁は、左心室が収縮し、血液を大動脈に送り出す際に開きます。大動脈弁が完全に閉じないと、左心室が弛緩して左心房から血液を取り込む際に、大動脈から左心室に血液が逆流します。弁が十分に閉まらないことで起きる血液の逆流により、左心室内の血液の量が増加し、左心房内の血圧が上昇します。その結果、心臓にかかる負荷が増加します。これを補うため、心室の壁を構成する筋肉の層が厚くなり(心肥大)、心室の内腔が大きくなります(拡大)。この代償作用にもかかわらず、最終的には心臓が全身に必要な量の血液を供給できなくなり、肺の体液貯留を伴う心不全に至ります。

原因

大動脈弁逆流症は、突然発生する場合(急性)と徐々に発生する場合(慢性)があります。

急性大動脈弁逆流症の最も一般的な原因は以下のものです。

慢性大動脈弁逆流症の最も一般的な原因は以下のものです。

  • 弁または上行大動脈の自然な脆弱化(特に大動脈弁が通常の3枚ではなく2枚の弁尖だけで構成される二尖弁という先天異常がある場合)

北米および西欧では、かつてはリウマチ熱と梅毒が大動脈弁逆流症の最も一般的な原因でしたが、抗菌薬の広範な使用により、現在ではこれらはまれな病気となっています。しかし、抗菌薬が広く使用されていない地域では、リウマチ熱や梅毒による大動脈弁逆流症がいまだに多く発生していいます。

新生児の約1%に大動脈弁二尖弁という異常がみられますが、これは一般的に、成人になるまで症状を引き起こしません。

症状

軽度の大動脈弁逆流症では、左心室が弛緩するたびに生じる特徴的な心雑音が聴診器で聞こえる以外、症状はみられません。重度の大動脈弁逆流症では、心不全が起きてその症状がみられる場合があります。

心不全になると、運動中に息切れを起こします。また、横になると呼吸困難が起こり、特に夜間に生じます。上体を起こすと、肺の上部にたまっている体液が流出するため、正常な呼吸に戻ります。大動脈弁逆流症では、約5%の人で心筋への血液の供給不足による胸痛(狭心症)が起こり、特に夜間にみられます。

大動脈弁を通る血液が心臓内に逆流して血圧が急激に低下するため、虚脱脈(瞬間的に強くなり、それから急に消える脈拍)が生じます。

診断

  • 身体診察

  • 心エコー検査

診断は、虚脱脈や特徴的な心雑音などの身体診察での所見に基づいて下され、心エコー検査で確定されます。心エコー検査では逆流の重症度、および心筋が影響を受けているかどうかも示されます。心エコー検査の結果から大動脈の拡張が疑われる場合は、しばしば大動脈解離がないか調べるためにCTまたはMRI検査を行います。

胸部X線検査および心電図検査で、通常は心臓の拡大を示す変化がみられます。重度の大動脈弁逆流症では、約20%の患者が冠動脈疾患を併発しているため、人工弁置換術を行う前に冠動脈造影検査を行います。二尖弁のある人の第1度近親者(すなわち両親、兄弟姉妹、子ども)は、20~30%で二尖弁がみられることから、スクリーニングを受けるべきです。

治療

  • 弁の修復または置換

薬物療法は心不全の進行を遅らせる上で特に有効ではなく、適切な時期に心臓弁を修復や置換する必要性があります。

心エコー検査を定期的に行って、左心室がどのくらいの速さで拡大しているかを確認し、適切な手術時期を決定する上での参考にします。左心室が回復不可能な損傷を受ける前に、損傷した弁を外科的に修復するか、人工弁に置換する必要があります。

人工弁への置換手術を受けた人が外科的、歯科的または内科的処置( 米国において抗菌薬による予防が必要とされている処置の例*)を受ける場合は、心臓弁の感染症のリスクを減らすため、処置前に抗菌薬を投与します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP