Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

大動脈弁逆流症

(大動脈弁閉鎖不全症)

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, Waitemata District Health Board and Waitemata Cardiology, Auckland

医学的にレビューされた 2020年 2月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典

大動脈弁逆流症(大動脈弁閉鎖不全症とも呼ばれます)は、左心室が弛緩するたびに大動脈弁で血液の逆流が生じる病気です。

大動脈弁は左心室と上行大動脈(心臓からつながっている太い動脈)の間の開口部にあります。大動脈弁は、左心室が収縮し、血液を大動脈に送り出す際に開きます。大動脈弁が完全に閉じないと、左心室が弛緩して左心房から血液を取り込む際に、大動脈から左心室に血液が逆流します。弁が十分に閉まらないことで起きる血液の逆流により、左心室内の血液の量が増加し、左心房内の血圧が上昇します。その結果、心臓にかかる負荷が増加します。これを補うため、心室の壁を構成する筋肉の層が厚くなり(心肥大)、心室の内腔が大きくなります(拡大)。この代償作用にもかかわらず、最終的には心臓が全身に必要な量の血液を供給できなくなり、肺の体液貯留を伴う 心不全 心不全(HF) 心不全とは、心臓が体の需要を満たせなくなった状態のことで、血流量の減少や静脈または肺での血液の滞留(うっ血)、心臓の機能をさらに弱めたり心臓を硬化させたりする他の変化などを引き起こします。 心不全は心臓の収縮や弛緩が不十分になることで発生しますが、これらの変化は一般的に、心筋が弱ったり硬くなったりすることが原因で起こります。... さらに読む 心不全(HF) に至ります。

原因

大動脈弁逆流症は、突然発生する場合(急性)と徐々に発生する場合(慢性)があります。

急性大動脈弁逆流症の最も一般的な原因は以下のものです。

慢性大動脈弁逆流症の最も一般的な原因は以下のものです。

新生児の約1%に大動脈弁二尖弁という異常がみられますが、これは一般的に、成人になるまで症状を引き起こしません。

症状

軽度の大動脈弁逆流症では、左心室が弛緩するたびに生じる特徴的な心雑音が聴診器で聞こえる以外、症状はみられません。重度の大動脈弁逆流症では、心不全が起きてその症状がみられる場合があります。

心不全 心不全(HF) 心不全とは、心臓が体の需要を満たせなくなった状態のことで、血流量の減少や静脈または肺での血液の滞留(うっ血)、心臓の機能をさらに弱めたり心臓を硬化させたりする他の変化などを引き起こします。 心不全は心臓の収縮や弛緩が不十分になることで発生しますが、これらの変化は一般的に、心筋が弱ったり硬くなったりすることが原因で起こります。... さらに読む 心不全(HF) になると、運動中に息切れを起こします。また、横になると呼吸困難が起こり、特に夜間に生じます。上体を起こすと、肺の上部にたまっている体液が流出するため、正常な呼吸に戻ります。大動脈弁逆流症では、約5%の人で心筋への血液の供給不足による胸痛(狭心症 狭心症 狭心症とは、心臓の筋肉(心筋)に供給される酸素が不足するために胸部に一時的な痛みや圧迫感が起きる病気です。 狭心症の人では通常、胸骨の後ろの部分に不快感や圧迫感がみられます。 典型的には狭心症は運動時に発生し、安静にしていると回復します。 狭心症の診断は、症状と心電図検査および画像検査の結果に基づいて下されます。 治療法には、硝酸薬、ベータ遮断薬、カルシウム拮抗薬の投与や、経皮的冠動脈インターベンション、冠動脈バイパス術などがあります。 さらに読む )が起こり、特に夜間にみられます。

大動脈弁を通る血液が心臓内に逆流して血圧が急激に低下するため、虚脱脈(瞬間的に強くなり、それから急に消える脈拍)が生じます。

診断

  • 身体診察

  • 心エコー検査

診断は、虚脱脈や特徴的な心雑音などの身体診察での所見に基づいて下され、 心エコー検査 心エコー検査とその他の超音波検査 超音波検査では、周波数の高い超音波を内部の構造に当てて跳ね返ってきた反射波を利用して動画を生成します。この検査ではX線を使いません。心臓の超音波検査(心エコー検査)は、優れた画像が得られることに加えて、以下の理由から、心疾患の診断に最もよく用いられる検査法の1つになっています。 非侵襲的である 害がない 比較的安価である 広く利用できる さらに読む 心エコー検査とその他の超音波検査 で確定されます。心エコー検査では逆流の重症度、および心筋が影響を受けているかどうかも示されます。心エコー検査の結果から大動脈の拡張が疑われる場合は、しばしば大動脈解離がないか調べるために CT 心臓のCT(コンピュータ断層撮影)検査 CT検査は、心臓や心膜(心臓を包んでいる袋状の膜)、大血管、肺、胸部の支持組織などの構造的な異常を検出するために行われることがあります。 非常に高速なCT装置であるマルチスライスCTでは、1回の拍動の間に撮影を行うことができます。そのような高速で行うCT検査(CT冠動脈造影検査)は、心臓に血液を供給する冠動脈を評価するために用いられることがあります。一般的には、 造影剤(X線画像に写る物質)が静脈内に注射されます。検査を受ける人は、画像... さらに読む または MRI 心臓のMRI(磁気共鳴画像)検査 MRI検査では、強力な磁場と電磁波を用いて心臓と胸部の詳細な画像を描き出します。この高価で複雑な検査法は、主に複雑な先天性の心疾患の診断や正常組織と異常組織の識別のために用いられます。 MRI検査には短所もあります。MRI検査では、 CT検査よりも画像の生成に時間がかかります。また心臓の拍動による影響を受けやすいため、MRI画像はCT画像よりも不鮮明になります。ただし、新しい方式のMRI検査(心電図同期MRI)では、心電図の特定部分にタ... さらに読む 検査を行います。

胸部X線検査および 心電図検査 心電図検査 心電図検査は心臓の電気刺激を増幅して記録する検査法で、手早く簡単に行える痛みのない方法です。この記録は心電図と呼ばれ、以下に関する情報が得られます。 心臓の1回1回の拍動を引き起こしている、ペースメーカーとしての部分(洞房結節、洞結節) 心臓の神経伝導経路 心拍数や心拍リズム 心電図では、心臓が拡大していること(通常の原因は 高血圧)や、心臓に血液を供給する冠動脈の1つが閉塞しているために心臓に十分な酸素が行き届いていないことが示される... さらに読む 心電図検査 で、通常は心臓の拡大を示す変化がみられます。重度の大動脈弁逆流症では、約20%の患者が 冠動脈疾患 冠動脈疾患(CAD)の概要 冠動脈疾患とは、心臓の筋肉(心筋)への血液供給が部分的または完全に遮断されることで起きる病気です。 心筋は酸素を豊富に含んだ血液を絶えず必要とします。その血液を心臓に送る血管は、大動脈が心臓から出たところで枝分かれする 冠動脈です。この血管が狭くなる冠動脈疾患では、血流が遮断されて、... さらに読む 冠動脈疾患(CAD)の概要 を併発しているため、人工弁置換術を行う前に 冠動脈造影検査 冠動脈造影検査 心臓カテーテル検査と冠 動脈造影検査は、手術を行わずに心臓とそこに血液を供給する血管(冠動脈)を調べることができる低侵襲検査です。通常、これらの検査は、 非侵襲的な検査では十分な情報が得られない場合や、非侵襲的な検査では心臓や血管の問題が示唆されない場合、患者の症状から心臓や冠動脈の問題が強く疑われる場合に行われます。これらの検査の利点の1つとしては、検査中に 冠動脈疾患など様々な病気の治療も行えることがあります。... さらに読む 冠動脈造影検査 を行います。二尖弁のある人の第1度近親者(すなわち両親、兄弟姉妹、子ども)は、20~30%で二尖弁がみられることから、スクリーニングを受けるべきです。

治療

  • 弁の修復または置換

薬物療法は心不全の進行を遅らせる上で特に有効ではなく、適切な時期に心臓弁を修復や置換する必要性があります。

心エコー検査を定期的に行って、左心室がどのくらいの速さで拡大しているかを確認し、適切な手術時期を決定する上での参考にします。左心室が回復不可能な損傷を受ける前に、損傷した弁を外科的に修復するか、人工弁に置換する必要があります。

人工弁への置換手術を受けた人が外科的、歯科的または内科的処置(米国において抗菌薬による予防が必要とされている処置の例* 米国において抗菌薬による予防が必要とされている処置の例* 米国において抗菌薬による予防が必要とされている処置の例* )を受ける場合は、心臓弁の感染症のリスクを減らすため、処置前に抗菌薬を投与します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP