Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

僧帽弁逆流症

(僧帽弁機能不全、僧帽弁閉鎖不全症)

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

僧帽弁逆流症(僧帽弁閉鎖不全症とも呼ばれます)は、左心室が収縮するたびに僧帽弁で血液が逆向きに流れる(逆流)する病気です。

  • 僧帽弁逆流症の最も一般的な原因は、僧帽弁組織の遺伝的な脆弱化(粘液腫様変性)および心臓発作です(ただし、レンサ球菌感染の治療およびリウマチ熱の予防のための抗菌薬の入手が困難な地域は除く)。

  • 逆流が重度の場合、息切れを起こすこともあります。

  • 軽度の逆流は治療の必要はありませんが、より重度の逆流の場合、損傷した心臓弁の置換手術が必要になることがあります。

心臓弁膜症の概要も参照のこと。)

僧帽弁は左心房と左心室の間の開口部にあります。僧帽弁が開くことで左心室は左心房からの血液で満たされ、左心室が収縮して血液を大動脈に送り出す際には僧帽弁は閉じます。僧帽弁が完全に閉じない場合、血液の一部が左心房に逆向きに流れます(逆流)。

合併症

僧帽弁逆流によって左心房内の血液量が増加し、血圧が上昇します。左心房内の血圧が上昇すると、肺から心臓へ向かう肺静脈の血圧が上昇するほか、心室から逆流してくる血液を収容するために左心房が拡大します。大きく拡大した心房は速く不規則に拍動(心房細動)しますが、細動する心房は単にふるえるだけで血液を送出しないため、心臓のポンプ機能は低下します。その結果、血液は心房内を勢いよく流れることができず、血液のかたまり(血栓)が心腔内に形成される場合があります。この血栓が崩れて小さな欠片になると、心臓から送り出されて、他の部位の動脈に詰まり(この現象を塞栓といいます)、脳卒中や他の臓器の損傷を引き起こすことがあります。

重度の逆流は心不全を起こすことがあり、心房内の圧力の上昇により肺の体液貯留(うっ血)が生じたり、心室から全身への血流量が減少して臓器に十分な量の血液が送られなくなったりします。左心室が徐々に拡大して弱くなると、心不全がさらに悪化します。

原因

僧帽弁逆流症は、感染性心内膜炎(弁の感染症)の結果として、また弁やその支持構造の損傷により突然起こることがあります。弁またはその支持構造の損傷は、心臓発作冠動脈疾患、これらの構造組織の脆弱化(粘液腫様変性)によってもたらされる可能性があります。

しかし、僧帽弁逆流症のより一般的な原因は、弁の緩徐な変質(僧帽弁逸脱症またはリウマチ性心疾患に起因)、あるいは左心室の拡大により弁が引っ張られ適切に閉じなくなることです。この拡大は、心臓発作または心筋を弱くする他の病気(心筋症など)によってもたらされます。

僧帽弁逆流症の最も一般的な原因は、かつてはリウマチ熱でした。この病気は、小児期にレンサ球菌性咽喉炎または猩紅熱(しょうこうねつ)を治療せずにいると発症することがあります。しかし、北米、西欧など、レンサ球菌性咽喉炎などの感染症の治療に抗菌薬が広く使用されている地域では、現在リウマチ熱はまれにしかみられません。これらの地域でも、若い頃に抗菌薬の恩恵にあずかれなかった高齢者や抗菌薬が広く使用されていない地域から移住してきた人々の間では、現在もリウマチ熱が僧帽弁逆流症の一般的な原因となっています。今でもリウマチ熱が流行している地域では、この病気が僧帽弁狭窄症や僧帽弁逆流症の一般的な原因となっており、最初の感染症から10年以上が経過した後に僧帽弁逆流症を引き起こす例もあります。リウマチ熱に何度もかかっていると、弁の劣化が早まります。

症状

軽度の僧帽弁逆流症は、症状を引き起こさない場合があります。逆流がより重度であるか、心房細動もみられる場合は、動悸(心拍リズムの変化を自覚すること)や息切れが起こります。心不全のある人は、せき、運動時や安静時の息切れ、脚の腫れを起こすことがあります。

診断

  • 身体診察

  • 心エコー検査

僧帽弁逆流症は通常、聴診器で聞こえる特徴的な心雑音に基づいて診断されます。この心雑音は、左心室が収縮するときに、血液が左心房に逆流することによって生じる独特な音です。ときに通常の身体診察の際にこの心雑音が確認されて、この病気と診断されることもあります。

その場合、超音波を利用して心臓の構造および血流の像を描出する心エコー検査が行われます。心エコー検査では、心房と心室の大きさや、逆流している血液の量について情報が最も多く得られ、逆流の重症度を判定することができます。

心電図検査と胸部X線検査で左心室の拡大が認められます。僧帽弁逆流症が重度の場合は、胸部X線検査で肺への体液貯留(うっ血)が認められます。

僧帽弁の修復術または置換術が計画されている場合は、心臓手術中に治療できる冠動脈疾患があれば特定するために、心臓カテーテル検査がしばしば行われます。

治療

  • ときに心臓弁の修復または置換

逆流が軽度の場合、特別な治療は必要にならないことがあります。しかし、逆流は徐々に悪化する可能性があるため、心エコー検査を定期的に行い、手術が必要な状態になったかどうかを判定する補助とします。手術は、心筋が恒久的に弱くなる前に行う必要があります。

手術を受けられない人で、より重度の逆流により心不全が起こった場合には、心不全に対してスピロノラクトンやカルベジロールなど特定の薬剤が使用されます。心房細動がある場合は、ワルファリンなどの抗凝固薬が投与されます。

手術には、弁を修復する弁形成術と、人工弁に置き換える人工弁置換術があります。弁形成術は逆流を解消または軽減し、耐えられる程度に症状を緩和して、心臓の損傷を防止します。修復した弁は通常は機械弁や生体弁よりもよく機能し、生涯にわたる抗凝固療法の必要がないため、可能であれば弁の置換よりも修復が望まれます。人工弁置換術を行うと、逆流を解消することができます。

人工心臓弁は、重篤な感染症(感染性心内膜炎)にかかりやすくなります。人工弁への置換手術を受けた人が外科的、歯科的または内科的処置( 米国において抗菌薬による予防が必要とされている処置の例*)を受ける場合は、心臓弁の感染症の発生リスクがわずかながらあることから、このリスクを減らすために処置の前に抗菌薬を服用する必要があります。心房細動がある場合は、血栓を予防するための抗凝固薬の使用など、治療が必要になることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP