Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

三尖弁逆流症

(三尖弁機能障害、三尖弁閉鎖不全症)

執筆者:

Guy P. Armstrong

, MD, North Shore Hospital, Auckland

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

三尖弁逆流症(三尖弁閉鎖不全症とも呼ばれます)は、右心室が収縮するたびに三尖弁で血液が逆向きに流れる(逆流)する状態です。

  • 三尖弁逆流症は、右心室を拡大させる病気によって発生します。

  • 脱力や疲労感のような漠然とした症状がみられます。

  • 診断は身体所見から下され、心エコー検査によって確定されます。

  • 原因となる病気の治療が必要です。

心臓弁膜症の概要も参照のこと。)

三尖弁は右心房と右心室の間の開口部にあります。三尖弁が開くことで右心房から右心室に血液が流れ込み、右心室が収縮して血液を肺に送り出す際には三尖弁は閉じます。三尖弁が完全に閉じない場合、血液の一部が右心房に逆向きに流れます(逆流)。

右心房への血液逆流により右心房内の血液量が増加し、心臓を通して体に送り出される血液量が減少します。その結果、右心房は拡大して内部の血圧が上昇し、右心房につながっている太い静脈の血圧も高くなります。この上昇した血圧のため、肝臓や脚が腫脹することもあります。極度に大きく拡大した心房は速く不規則に拍動しますが(心房細動という病気)、細動する心房は単にふるえるだけで血液を送出しないため、心臓のポンプ機能は低下します。その結果、血液は心房内を勢いよく流れることができず、血液のかたまり(血栓)が心腔内に形成される場合があります。この血栓が崩れて小さな欠片になると、心臓から送り出されて、他の部位の動脈に詰まり(この現象を塞栓といいます)、脳卒中や他の臓器の損傷を引き起こすことがあります。

原因

三尖弁逆流症は、ほかの心臓弁膜症とは異なり、別の心疾患によって当初は正常だった弁に異常が生じることで発生するのが通常です。三尖弁逆流症の最も一般的な原因は、右心室が拡大し、右心室から肺に行く血流への抵抗が強まった結果です。抵抗が上昇する原因としては以下のものがあります。

  • 重度かつ長期にわたる肺疾患(肺気腫や肺高血圧など)

  • 左心系が関与する病気

  • まれな場合として、肺動脈弁が狭くなること(肺動脈弁狭窄症

これを補うため右心室が拡大すると、三尖弁が引き伸ばされて逆流を起こします。

その他、あまり一般的でない原因に、心臓弁の感染症(感染性心内膜炎、多くは違法薬物の静脈内注射が原因)、三尖弁の先天異常、外傷、リウマチ熱、僧帽弁組織の脆弱化(粘液腫様変性)があります。

症状

三尖弁逆流症では、通常は症状が生じませんが、ときに右心房の圧力上昇による首の拍動感と、腫大した肝臓による右上腹部の不快感がみられます。まれに、身体、主に脚に体液が貯留します(浮腫)。

診断

  • 身体診察

  • 心エコー検査

診断は、病歴と身体診察の結果、心電図検査、胸部X線検査の結果に基づいて下されます。聴診では、血液が三尖弁を逆流するときに生じる特徴的な心雑音が聞こえますが、逆流が悪化すると心雑音は消える傾向があります。

心エコー検査は、逆流が生じている弁と逆流している血液量を描出できるため、逆流の重症度を評価できます。

治療

  • 基礎にある病気の治療

  • ときに弁の修復または置換

通常、軽度の三尖弁逆流症は、ほとんど治療する必要がありません。しかし、肺気腫、肺高血圧症、肺動脈弁狭窄症、左心系の異常などの基礎疾患を治療する必要があります。心房細動と心不全の治療も必要になります。

三尖弁を修復または置換する手術は、三尖弁の逆流が重度であるか、あるいは他の心臓弁手術(僧帽弁置換術など)の必要がないかぎり、ほとんど行われません。手術としては、弁輪を縫合して弁の開口サイズを縮小する、弁を修復する、人工弁と置換するなどがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP