Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

胸部X線検査

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan

最終査読/改訂年月 2017年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

心疾患が疑われる場合は、必ず正面と側面から胸部X線画像を撮影します。X線画像では心臓の形と大きさ、肺や胸部を流れる太い血管の輪郭が分かります。心臓の形や大きさの異常、血管内へのカルシウムの沈着といった異常は容易に確認できます。また、胸部X線検査では肺の病態についての情報も得られ、特に肺の中の血管に異常があるかどうか、肺の内部や周囲に体液がたまっているかどうかがよく分かります。

X線検査では心拡大が検出でき、心拡大は、しばしば心不全心臓弁膜症によって起こります。心膜(心臓を包んでいる袋状の膜)全体の組織が瘢痕化する収縮性心膜炎による心不全では、心臓は拡大しません。

多くの場合、心臓自体の形状よりも、肺の血管の形状の方が診断に有用です。例えば、肺動脈(心臓から肺へ血液が流れる動脈)の拡張と肺組織内部の動脈の狭窄がある場合、肺動脈内の血圧の上昇が示唆され、それにより右心室(心臓の下部にあり、血液を肺動脈を介して肺へ送り出す部屋)の筋肉が厚くなる可能性があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP