Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

心臓と血管への加齢の影響

執筆者:

Michael J. Shea

, MD, Michigan Medicine at the University of Michigan

最終査読/改訂年月 2017年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

加齢に伴い、心臓の体積は若干増大し、心臓の壁は厚くなり、心房や心室の容積はやや大きくなる傾向があります。心臓が大きくなる主な理由は、個々の心筋細胞が大きくなるためです。

安静時であれば、心拍数(心臓が1分間に拍動する回数)がわずかに低いことを除くと、高齢者の心機能は若年者とほとんど変わりません。また高齢者の心拍数は、運動をしたときも若い人ほど上昇しません。

動脈や細動脈の壁は厚くなり、動脈の内部はわずかに広がります。動脈と細動脈の壁の内部の弾力性に富んだ組織は失われます。これらの変化に伴って、血管はより硬く、弾力性に乏しくなります。

年齢を重ねると動脈と細動脈の弾力性が失われ、心臓が周期的に血液を送り出す際にすばやく拡張できなくなります。その結果、高齢者の収縮期の血圧は若い人よりも高く、ときに異常に高い値になることがあります。高齢者では、拡張期の血圧が正常で、収縮期の血圧が異常に高くなることがよくあります。このような高血圧は孤立性収縮期高血圧と呼ばれています。

加齢による心臓と血管の変化の多くは、定期的な運動によって軽減することができます。年齢を重ねても、全身の筋力と同様に、運動によって心血管系の健康も維持することができます。また、運動は始める年齢にかかわらず有益です。

心臓の生物学血管の生物学も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP