Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

食べものの送り込みの異常

(食道運動障害)

執筆者:

Kristle Lee Lynch

, MD, Perelman School of Medicine at The University of Pennsylvania

レビュー/改訂 2022年 3月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

食道の働き

飲み込んだ食べものは、口からのど(咽頭とも呼ばれます)に移動します(1)。すると上部食道括約筋が開いて(2)、食べものが食道に入れるようになり、食道ではぜん動と呼ばれる波のような筋肉の収縮が起きて、それにより食べものが下の方に送られます(3)。その後、食べものは横隔膜(4)と下部食道括約筋(5)を越えて、胃の中に入ります。

食道の働き

これらの機能に1つでも問題があると、 嚥下困難 嚥下困難 飲み込みに障害が生じること(嚥下[えんげ]困難)があります。嚥下困難では、食べものや飲みものがのど(咽頭)から胃へと正常に移動しません。のどと胃をつなぐ管(食道)の途中で食べものや飲みものが動かなくなったように感じます。嚥下困難を咽喉頭異常感(いんこうとういじょうかん)( 球感覚)と混同してはならず、球感覚ではのどにしこりがある感じがしますが、飲み込みに支障はありません。 嚥下困難によって、口腔分泌物や飲食物を肺に吸い込む誤嚥(ごえん)... さらに読む 、胸やけ、 胸痛 胸痛と背部痛 胸の中央部や背中の上部の痛みは、 食道の病気または心臓や大動脈の病気( 胸痛)に起因することがあります。症状は類似していることがあります。胃酸が食道内に湧き上がって起こる 胃食道逆流症(GERD)は、胸骨の下に灼熱感や圧迫感を起こすことがあり、これらは心疾患による痛みと似ています。 食道のけいれんやその他の食道の筋肉障害は重度の絞扼(こうやく)感を起こすことがあり、やはり心疾患による痛みと似ています。... さらに読む 逆流 逆流と反芻 逆流とは、吐き気がなく、腹部の筋肉も強く収縮させていないのに、食道や胃から食べものを吐き戻すことです。反芻(はんすう)とは、明らかな身体的原因がない逆流のことです。 正常であれば、胃と食道の間にある輪状の筋肉(括約筋)が逆流の防止を助けています。胃から酸が湧き上がってくることにより、酸っぱい味や苦い味がする物質の逆流が起こることがあります。食道の狭窄部や 閉塞部から、あるいは... さらに読む (吐き気や腹部筋肉の強い収縮がない状態で、食道や胃から食べものを吐き戻すこと)、 嘔吐 成人の吐き気と嘔吐 吐き気とは、嘔吐をしそうになる不快な感覚のことです。めまい、腹部の漠然とした不快感、食欲不振を感じることもあります。 嘔吐とは、胃の強い収縮によって、胃の内容物が食道に押し上げられて口から出ることです。( 乳児と小児の嘔吐も参照のこと。)嘔吐すると胃が空になり、少なくとも一時的には吐き気がかなり治まることがよくあります。嘔吐は極めて不快で、激しいことがあります。激しい嘔吐では、胃の内容物を1メートル以上飛ばすこともあります(噴出性嘔吐)... さらに読む 、誤嚥(ごえん)(吸い込んだときに食べものが気道に入ってしまうこと)が起こります。

食べものの送り込みの異常でみられる主な原因は、食道運動障害です。最も一般的な病気として以下のものがあります。

食道運動障害の診断を下すには、様々な方法が用いられます。具体的には、 内視鏡検査 内視鏡検査 内視鏡検査とは、柔軟な管状の機器(内視鏡)を用いて体内の構造物を観察する検査です。チューブを介して器具を通すことができるため、内視鏡は多くの病気の治療にも使うことができます。 口から挿入する内視鏡検査では、食道(食道鏡検査)、胃(胃鏡検査)、小腸の一部(上部消化管内視鏡検査)が観察できます。 肛門から挿入する内視鏡検査では、直腸(肛門鏡検査)、大腸下部と直腸と肛門(S状結腸内視鏡検査)、大腸全体と直腸と肛門(大腸内視鏡検査)が観察できま... さらに読む と生検、 食道造影検査 消化管のX線検査 消化器系の問題の評価にはX線検査がよく使われます。標準的なX線検査(単純X線検査)では、特別な準備は何も必要ありません( 単純X線検査)。消化管に閉塞や麻痺がある場合や、腹腔内のガスの分布が異常な場合は、通常は標準的なX線検査で明らかになります。また、肝臓、腎臓、脾臓の腫大も標準的なX線検査で明らかになります。 バリウムを用いたX線検査では、多くの場合、標準のX線検査より多くの情報が得られます。味つけした液体バリウムまたはバリウムでコー... さらに読む 内圧検査 内圧検査(マノメトリー) 内圧検査(マノメトリー)では、消化管の様々な部位の内圧を測定します。検査前の夜12時以降は一切飲食ができません。 この検査では、その表面に沿って圧力計を複数備えた柔軟なチューブ(内圧測定用カテーテル)を食道(のどと胃をつないでいる管状の臓器)、胃、小腸の最初の部分、または直腸に入れます。内圧測定用カテーテルを鼻や口から入れると一般的に空嘔吐や吐き気が起こるため、鼻の中やのどの奥に麻酔薬をスプレーします。マノメーターを用いることで、消化管... さらに読む 胃酸逆流の検査 胃酸および逆流に関連した検査 胃酸および逆流に関連した検査は、主に食道(のどと胃をつないでいる管状の臓器)への胃酸逆流の診断に用いられます。検査では、食道に挿入したカテーテル(柔軟な細い管)に取り付けられたモニターか、下部食道に一時的に取り付けた胃酸をモニタリングするワイヤレス機器が使用されます。検査前の深夜0時から一切飲食してはいけませんが、モニタリング機器の取り付け後は通常通りに自宅に帰って飲食できます。通常、この機器は24時間留置されますが、最長72時間まで留... さらに読む インピーダンスプラニメトリー インピーダンス検査 インピーダンス試験は新しいタイプの検査で、プローブを用いて食道内でバルーンを膨らませ、バルーンを一定量膨らませるのに必要な圧力の大きさを測定します。食道が正常より硬かったり軟らかかったりする場合、それは病気の存在を意味している可能性があります。 検査前の4時間は一切の飲食が禁止されます。 この検査では、細いチューブ(カテーテル)を鼻から 食道(のどと胃をつないでいる管状の臓器)まで通します。そのチューブは塩水(生理食塩水)で満たされたバ... さらに読む などがあります。

食べものの送り込みの異常に対する治療法は、その原因によって異なります。

加齢に関連する注意点:嚥下の問題

加齢に伴い、いくつかの変化が食べものを飲み込む能力に影響を及ぼすことがあります。唾液の分泌量がやや減少します。その結果、食べものが唾液で十分に軟らかくならずに、乾いたまま飲み込むことになります。あごやのどの筋肉も加齢とともにやや弱くなり、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)の効率が悪くなることがあります。また、高齢者では、咀嚼や嚥下に問題を生じる状態が起こりやすくなります。例えば、高齢者は歯のぐらつきや 入れ歯 入れ歯 う蝕や 歯周病などの 疾患、 外傷、または処置が成功しなかったときの抜歯などいくつかの原因によって、歯が失われることがあります。歯が失われると、美容上の問題や発話の問題、歯並びの問題、上下のあごの配置の問題が起こることがあります。また、近くに残っている歯が移動する場合もあります。 失った歯は、数種類の歯科補綴物(ほてつぶつ)で補うことができます。歯科補綴物には、ブリッジ、クラウン、インプラント、義歯(入れ歯)などがあります。... さらに読む の使用が多くなります。

加齢とともに、食べものを通過させる食道の収縮が弱くなります。この変化は非常に小さなものであり、通常は食べものを胃に移動させることへの影響はほとんどありません。しかし、高齢者が横になったままでものを食べようとしたり、食後にすぐ横になったりすると、食べものが胃に移動しにくくなることがあります。逆流が発生した場合は、加齢した食道は逆流した胃酸を食道から胃に戻すのが遅い場合があります。一部の高齢者では 食道裂孔ヘルニア 食道裂孔ヘルニア 食道裂孔ヘルニアは、胃の一部が異常に膨らんで横隔膜から突出した状態です。 この病気の原因は通常は不明ですが、一般的な要因として年齢、肥満、喫煙があります。 何の症状も出ない人や、逆流や消化不良などの軽い症状だけの人もいますが、胸痛や腹部膨満、げっぷ、嚥下(えんげ)困難など、より重篤な症状が現れる人もいます。 診断は食道造影検査のほか、ときに上部消化管内視鏡検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む がみられ、逆流の一因になることがあります。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP