Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

肛門直腸瘻

(痔瘻)

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

肛門直腸瘻(ろう)は、肛門や直腸から、通常は肛門付近の皮膚へとつながる異常な連絡路のことをいいますが、ときには腟などの他の臓器に通じることもあります。

  • 肛門直腸瘻は、肛門直腸膿瘍、クローン病、または結核の人でよくみられます。

  • 肛門直腸瘻は痛みを起こし、膿をつくることがあります。

  • 診断は、診察と他の観察方法に基づいて下されます。

  • 治療では、ほぼ必ず手術を行いますが、現在では体への負担の少ない代替の治療法もいくつかあります。

直腸は肛門の上にある消化管の一部で、便が肛門を通って体外に排出されるまで便が蓄えられる部分です。肛門は消化管の末端にある開口部で、便が体外に排出されるときの出口になる部分です。(肛門と直腸の概要も参照のこと。)

消化器系

消化器系

ほとんどの瘻は、肛門や直腸の壁の深部にある分泌腺から始まります。肛門直腸膿瘍の排膿後に瘻ができることがありますが、多くは原因を特定できません。瘻はクローン病結核の人でよくみられます。腫瘍、憩室炎(けいしつえん)、がん、またや肛門や直腸の損傷がある人にも起こります。乳児の瘻は通常は先天異常で、女児よりも男児に多くみられます。

直腸と腟がつながった瘻(直腸腟瘻と呼ばれる)は放射線療法や、がん、クローン病、または出産中の母親に起こった損傷が原因で起こることがあります。

症状

瘻に感染が起こると、痛みが生じたり、血液を含んだ膿が流れ出したりすることがあります。

診断

  • 医師による評価

  • S状結腸内視鏡検査

医師は通常、1つまたは複数の瘻の開口部が見えるか、または触れることにより表面下の瘻を感じることができます。瘻の深さと方向を確認するためにゾンデを挿入することもあります。直腸に肛門鏡(短い硬性のチューブ)を挿入して観察し、ゾンデで探査することで、内部の開口部の位置が特定できることがあります。もっと長い観察用内視鏡のS状結腸鏡(内視鏡検査を参照)で視診を行うと、瘻ががん、クローン病、または他の病気が原因で生じているかどうかの判定に役立ちます。

治療

  • 手術

  • クローン病による瘻の場合、薬

過去には、唯一の効果的な治療法は、手術で瘻を切開することでした(瘻切除術)。手術中、ときに肛門括約筋の一部を切ることがあります。切りすぎると、排便のコントロールが難しくなることがあります。新しい手術法では、前進皮弁(皮膚弁を伸ばして瘻の開口部を覆う)や瘻の内部開口部をふさぐ他の方法が用いられます。瘻切開術の代わりに、生物学的塞栓とフィブリン糊の滴下を行うこともあります。

下痢またはクローン病がある場合は、術後の傷の治癒が遅くなる可能性があるため、手術は通常行われません。クローン病に対する薬剤が瘻の閉鎖に役立つことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP