Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

直腸脱

執筆者:

Parswa Ansari

, MD, Hofstra Northwell-Lenox Hill Hospital, New York

最終査読/改訂年月 2018年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

直腸脱とは、痛みを伴わずに直腸が肛門の外に突き出ている状態です。

  • 直腸脱の原因として多いのは、排便時などのいきみです。

  • 診断は、診察と様々な内視鏡検査および画像検査に基づいて下されます。

  • 乳児や小児の直腸脱は通常は手術をしなくても治ります。

  • 成人では手術により治療します。

消化器系

直腸脱は、直腸が体内の正常な位置から脱出した状態です。直腸脱では直腸が裏返しになるため、直腸の粘膜が赤黒くなり、湿った指状の突起として肛門から体外に突き出て見えます。直腸から出血することがあり、排便コントロールの喪失(便失禁 便失禁 便失禁とは、排便をコントロールできなくなることです。 便失禁は、下痢発症時に一時的に起こる場合や、直腸に硬い便が滞留して(宿便)起こる場合があります。肛門や脊髄の損傷、直腸脱(直腸粘膜が肛門から外に脱出)、認知症、糖尿病による神経の損傷、肛門腫瘍、出産時の骨盤の損傷がある人は、持続的な便失禁を起こすことがあります。 医師は患者を診察し、構造上の異常や神経学的異常がないか確認します。この際、肛門と直腸の診察、肛門周囲の感覚範囲の確認と、通... さらに読む )がよく起こります。まれに直腸が腟へ突き出ることもあります(直腸瘤 直腸瘤 骨盤底の障害は、骨盤部の靱帯、結合組織、筋肉が弱くなったり損傷を受けたりすることが原因で、膀胱、尿道、小腸、直腸、子宮、腟などが本来の位置よりも垂れ下がってしまう(脱出する)状態です。 患者は骨盤内に圧迫感や充満感を感じ、排尿や排便に問題を起こすことがあります。 患者がいきんだ状態で内診を行うことで、異常がより分かりやすくなります。... さらに読む 直腸瘤 )。この直腸瘤では、合併症が生じた場合や脱出が重度の場合にのみ、痛みが生じます。

直腸粘膜のみの一時的な突出は、健康な乳児に多く発生し(おそらく乳児が排便時にいきんだ際に生じる)、深刻なことはまれです。成人では直腸粘膜の突出が持続したり悪化したりして、さらに多くの部分が突出する傾向がみられます。

直腸の完全な脱出(正式には全脱と呼ばれることがありますが、この用語はあらゆる臓器の完全な脱出を指します)は、60歳以上の女性に最も多く発生します。

診断

  • 医師の診察

  • S状結腸鏡検査、大腸内視鏡検査、または下部消化管造影検査

突出の程度を判断するために、医師は患者に立った姿勢か屈んだ姿勢でいきんでもらって肛門部を調べます。手袋をはめた指で肛門括約筋の触診を行うと、しばしば筋肉の緊張が低下していることが分かります。S状結腸鏡検査、大腸内視鏡検査 内視鏡検査 内視鏡検査とは、柔軟な管状の機器(内視鏡)を用いて体内の構造物を観察する検査です。チューブを介して器具を通すことができるため、内視鏡は多くの病気の治療にも使うことができます。口から挿入する内視鏡検査では、食道(食道鏡検査)、胃(胃鏡検査)、小腸の一部(上部消化管内視鏡検査)が観察できます。肛門から挿入する内視鏡検査では、直腸(肛門鏡検査)、大腸下部と直腸と肛門(S状結腸内視鏡検査)、大腸全体と直腸と肛門(大腸内視鏡検査)が観察できます。... さらに読む 下部消化管造影検査 X線検査 消化器系の問題の評価にはX線検査がよく使われます。標準的なX線検査では、特別な準備は何も必要ありません( 単純X線検査)。消化管に閉塞や麻痺がある場合や、腹腔内のガスの分布が異常な場合は、通常は標準的なX線検査で明らかになります。また、肝臓、腎臓、脾臓の腫大も標準的なX線検査で明らかになります。 下部消化管造影検査では、多くの場合、標準のX線検査より多くの情報が得られます。味つけした液体バリウムまたはバリウムでコーティングした食べものを... さらに読む で大腸を調べると、原因となっている基礎疾患が明らかになることもあります。

治療

  • いきみの原因の排除

  • 乳児と小児では、ひもによる殿部の固定

  • 成人では、ときに手術

乳児や小児では、便軟化剤を使うと、いきむ必要がなくなります。排便と排便の間に殿部をひもで固定すると、通常は直腸脱の自然治癒に役立ちます。

成人では、この問題を治すために通常は手術が必要です。腹部手術の一種(直腸固定術と呼ばれる)では、直腸全体を引き上げて戻し、骨盤の仙骨に縫合(ほうごう)固定します。別の手術で、直腸の一部を切除し、残った直腸を仙骨に縫合固定する方法もあります。

極端に高齢であったり健康状態が悪かったりするために手術を受けられないほど弱っている人に対しては、腹部よりも直腸に対する手術が好まれます。直腸に対する手術の一種では、チールシュ法と呼ばれる手法で、ワイヤー製や合成樹脂製の輪を、肛門括約筋を取り囲むように挿入します。代替法としては、直腸の一部や直腸の余分な粘膜を切除する方法があります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP