Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

インフルエンザ菌( Haemophilus influenzae )b型ワクチン

執筆者:

William D. Surkis

, MD, Jefferson Medical College;


Jerome Santoro

, MD, Jefferson Medical College

最終査読/改訂年月 2014年 11月
ここをクリックすると家庭版へ移動します

詳細については,Hib ACIP Vaccine Recommendationsを参照のこと。

製剤

これらのワクチンはインフルエンザ菌(Haemophilus influenzae)b型(Hib)の精製した莢膜から調製される。Hibワクチンの多糖体としては,いずれもポリリボシルリビトールリン酸(PRP)が使用されるが,4種類のHib結合型ワクチンでは,それぞれ以下の4種類の担体タンパクが使用されている:

  • ジフテリアトキソイド(PRP-D)

  • 髄膜炎菌(Neisseria meningitidis)外膜タンパク(PRP-OMP)

  • 破傷風トキソイド(PRP-T)

  • ジフテリア毒素変異体CRM197 (HbOC)

PRP-DワクチンとHbOCワクチンは,米国では入手できなくなっている。

Hib結合型ワクチンを含有する混合ワクチンには,DTaP-IPV/Hib(Pentacel®),Hib-HepB(COMVAX®),Hib-MenCY(MenHibrix®)などがある。

一部のHibワクチン—PRP-T(ActHIB®,Pentacel®,MenHibrix®)およびPRP-OMP(PedvaxHIB®,COMVAX®)—は生後6週の乳児に使用することができる。その他のHibワクチン(Hiberix®)は,小児に対するHib予防接種スケジュールの最終接種が生後12カ月以降になる場合にのみ使用できる。

適応

Hibワクチンは,ルーチンの小児予防接種の1つである( 0~6歳を対象期間とする推奨予防接種スケジュール)。

このワクチンは以下の状況でも推奨される:

  • 解剖学的または機能的無脾症の成人および待機的脾臓摘出術の予定がある成人で,免疫がない(すなわち,過去に初回接種と追加接種を受けていないか,生後14カ月以降にHibワクチン接種を1回も受けていない)場合;ただし,待機的脾臓摘出術の施行前には接種歴にかかわらず1回接種するよう勧める専門家もいる

  • 免疫がない場合は易感染状態(例,癌化学療法またはHIV感染症によるもの)の成人

  • ワクチン接種歴にかかわらず,造血幹細胞移植を受けたことのある個人

禁忌および注意事項

主な禁忌は次の通りである:

  • 以前の接種後に,またはワクチン成分に対して,重度のアレルギー反応(例,アナフィラキシー)を起こしたことがある

主な注意事項は次の通りである:

  • 発熱の有無にかかわらず,中等度または重度の疾患が認められる(その疾患が消失するまで接種を延期する)

用量および用法

Hibワクチン0.5mLを筋肉内接種する。小児期の初回接種としては,製剤に応じて生後2カ月,4カ月,6カ月時の計3回または生後2カ月および4カ月時の計2回接種する。どちらの場合にも,生後12~15カ月時点での1回の追加接種が推奨される。

無脾症であるか待機的脾臓摘出の予定がある年長の小児,青年,および成人に免疫がない場合は,1回接種する。一部の専門家は,待機的脾臓摘出術の施行前には,接種歴にかかわらず,1回接種するべきと示唆している。可能であれば,待機的脾臓摘出術の14日以上前に接種する。

造血幹細胞移植を施行した場合は,その6~12カ月後に3回の接種を実施し,接種間隔は4週間以上とする。

有害作用

有害作用はまれである。具体的には,注射部位の疼痛,発赤,および腫脹,ならびに小児における発熱,啼泣,易刺激性などがある。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP