Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

カンピロバクター( Campylobacter )および関連感染症

執筆者:

Larry M. Bush

, MD, FACP, Charles E. Schmidt College of Medicine, Florida Atlantic University;


Maria T. Perez

, MD, Wellington Regional Medical Center, West Palm Beach

最終査読/改訂年月 2018年 4月

カンピロバクター(Campylobacter)感染症は,一般的には下痢を引き起こすが,ときに菌血症から心内膜炎,骨髄炎,または化膿性関節炎を呈することもある。

Campylobacter属細菌は,弯曲した運動性の微好気性グラム陰性桿菌で,正常では多くの家畜や家禽の消化管に生息する。

いくつかの菌種がヒト病原体である。主な病原菌はC. jejuniC. fetusである。C. jejuniは全ての年齢層で下痢を引き起こすが,その発生率は1~5歳でピークとなる。米国ではC. jejuniによる下痢症例数がSalmonellaおよび赤痢菌(Shigella)属細菌による症例数の合計よりも多くなっている。C. fetusとその他の数菌種は,典型的に成人で菌血症と全身症状を引き起こし,糖尿病,肝硬変,がん,またはHIV/AIDSなど素因となる基礎疾患がある患者で頻度が高くなる。免疫グロブリン欠損症患者では,これらの微生物が治療困難な反復性感染症を引き起こすことがある。C. jejuniは乳児において髄膜炎を引き起こす。

アウトブレイクには以下の関与が報告されている:

  • 感染動物(例,仔犬)との接触

  • 汚染された食品または水との接触(例,汚染された食品の取扱い)

  • 汚染された食品(特に加熱調理不十分な鶏肉)または水の摂取

糞口経路や性的接触を介したヒトからヒトへの感染も起こりうる。しかしながら,散発例においては,感染源が明確でないことが多い。

合併症

C. jejuni下痢症は,抗C. jejuni抗体がヒトのガングリオシドと交差反応することから,続いて発生するギラン-バレー症候群(GBS)と関連する。GBSを発症するのはC. jejuni感染症の2000例に1例に過ぎないと推定されているが,GBSを発症する患者の約25~40%にC. jejuniの感染歴がある。

C. jejuni下痢症のエピソードから数日ないし数週間の経過後には,HLA-B27陽性患者において感染後(反応性)関節炎が発生することがある。その他の感染後合併症としては,ぶどう膜炎,溶血性貧血,溶血性尿毒症症候群,心筋心膜炎,免疫増殖性(immunoproliferative)の小腸疾患,敗血症性流産,脳症などがある。

C. jejuniの感染例では,腸管外感染症(例,心内膜炎,髄膜炎,化膿性関節炎)がまれに発生するが,C. fetusの感染例ではその頻度がより高い。

症状と徴候

カンピロバクター(Campylobacter)感染症の最も一般的な臨床像は水様性下痢であるが,ときに血性下痢のこともある。回帰性または間欠性の経過を示す発熱(38~40℃)が全身性カンピロバクター(Campylobacter)感染症で一定してみられる唯一の特徴であるが,腹痛(典型的には右下腹部),頭痛,および筋肉痛もしばしばみられる。

下痢症ではなく,亜急性細菌性心内膜炎C. fetusが起因菌のことが多い),反応性関節炎髄膜炎,または症状に乏しい不明熱を呈することもある。反応性関節炎における関節障害は通常,単関節性で膝関節を侵すが,症状は1週間から数カ月で自然に消失する。

診断

  • 便培養

  • ときに血液培養

診断,特にカンピロバクター(Campylobacter)感染症と潰瘍性大腸炎の鑑別診断には,微生物学的評価が必要である。便培養を行うべきであり,局所感染症または重篤な全身性疾患の徴候がみられる患者では血液培養も行う。染色した便の塗抹標本中に白血球がみられる。

便を用いた迅速分子生物学的検査も利用できる。

治療

  • ときにエリスロマイシン

ほとんどの腸管感染症は自然に軽快するが,そうでない場合には,以下のいずれかが役立つ可能性がある。

  • エリスロマイシン500mg,経口,6時間毎,5日間

  • あるいは,アジスロマイシン500mg,経口,1日1回,3日間

シプロフロキサシンに対する耐性が増加しているため,シプロフロキサシンは慎重に使用すべきである。

腸管外感染症を来した患者には,再発を予防するために抗菌薬(例,イミペネム,ゲンタマイシン,アンピシリン,第3世代セファロスポリン系薬剤,エリスロマイシン)を2~4週間投与すべきである。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP