Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

読み込んでいます

アレルギー性鼻炎

執筆者:

Peter J. Delves

, PhD,

  • University College London, London, UK

最終査読/改訂年月 2016年 6月
本ページのリソース

アレルギー性鼻炎は,季節性または通年性のそう痒,くしゃみ,鼻漏,鼻閉,およびときに結膜炎で,花粉または他のアレルゲンへの曝露によって発生する。診断は病歴およびときに皮膚テストによる。第1選択の治療は,経鼻コルチコステロイドの投与(経口または経鼻抗ヒスタミン薬の併用は問わない)または経口抗ヒスタミン薬と経口鼻閉改善薬の併用による。

アレルギー性鼻炎は,季節的または1年を通じて(通年性鼻炎の形で)起こることがある。季節性鼻炎は通常アレルギー性である。少なくとも25%の通年性鼻炎は非アレルギー性である。

季節性のアレルギー性鼻炎(花粉症)は,季節によって様々な植物由来のアレルゲンによって引き起こされることが最も多い。一般的な植物由来のアレルゲンには以下のものがある:

  • 春:樹木の花粉(例,カシ,ニレ,カエデ,ハンノキ,カバ,ネズ,オリーブ)

  • 夏:イネ科の植物の花粉(例,ギョウギシバ,オオアワガエリ,ハルガヤ,カモガヤ,セイバンモロコシ)および雑草の花粉(例,オカヒジキ,オオバコ)

  • 秋:他の雑草の花粉(例,ブタクサ)

さらに地域によっても原因が異なり,季節性のアレルギー性鼻炎はときに空気中の真菌(カビ)の胞子によって引き起こされる。

通年性鼻炎は,室内の吸入アレルゲン(例,チリダニの糞,ゴキブリ,動物のフケ)への1年を通じた曝露によって,または一連の季節の植物の花粉に対する強い反応性によって引き起こされる。

アレルギー性鼻炎および喘息はしばしば併存する;鼻炎および喘息が同じアレルギー性プロセスに起因するのか(one-airway hypothesis),鼻炎が個別の喘息の誘因であるのかは不明である。

通年性鼻炎で多くみられる非アレルギー性の種類として,感染性鼻炎,血管運動性鼻炎,薬物性(例,アスピリンまたはNSAID誘発性)鼻炎,および萎縮性鼻炎などがある。

症状と徴候

患者には,そう痒(鼻,眼,または口),くしゃみ,鼻漏,ならびに鼻および副鼻腔の閉塞がみられる。副鼻腔の閉塞は前頭部痛を引き起こすことがある;副鼻腔炎は頻発する合併症である。特に喘息もみられる場合は,咳嗽および喘鳴も起こることがある。

通年性鼻炎の最も顕著な特徴は慢性的な鼻閉であり,小児では慢性中耳炎につながることがある;1年を通じて症状の重症度は変化する。そう痒は,季節性鼻炎におけるものより著明ではない。慢性副鼻腔炎および鼻茸が発生することがある。

徴候には,浮腫状で青赤色の鼻甲介,および季節性のアレルギー性鼻炎の一部症例における結膜充血および眼瞼浮腫などがある。

診断

  • 臨床的評価

  • ときに皮膚テスト,アレルゲン特異的血清IgE検査,またはその両方

アレルギー性鼻炎はほとんどの場合病歴のみに基づいて診断できる。診断検査をルーチンに行う必要はないが,経験的に治療して患者に改善がみられない場合は例外である;そのような患者に対しては,皮膚テストを行って,花粉(季節性)に対する反応,またはチリダニの糞,ゴキブリ,動物のフケ,カビ,もしくは他の抗原(通年性)に対する反応を特定し,それを追加的治療の指針として使用できる。ときに,皮膚テストの結果が紛らわしかったり,検査が行えなかったりすることがある(例,患者が結果を妨げる薬剤を服用している);その場合は,アレルゲン特異的血清IgE検査を行う。鼻汁塗抹で好酸球増多症が認められ,かつ皮膚テストが陰性であれば,アスピリン過敏症または好酸球増多性鼻炎(NARES)が示唆される。

非アレルギー性の通年性鼻炎の診断も通常は病歴に基づく。アレルギー性鼻炎を想定した治療に対する臨床反応が認められず,皮膚テストおよび/またはアレルゲン特異的血清IgE検査の結果も陰性の場合も非アレルギー性の原因が示唆される;考慮すべき疾患には,鼻腫瘍,アデノイドの肥大,肥厚性鼻甲介,多発血管炎性肉芽腫症(ウェゲナー肉芽腫症),およびサルコイドーシスなどがある。

治療

  • 抗ヒスタミン薬

  • 鼻閉改善薬

  • 経鼻コルチコステロイド

  • 季節性または重度の難治性の鼻炎に対して,ときに脱感作

季節性および通年性のアレルギー性鼻炎に対する治療は概して同じであるが,通年性鼻炎にはアレルゲンの除去または回避(例,チリダニおよびゴキブリの駆除)を試みることが推奨される。季節性または重度の難治性の鼻炎には,脱感作療法が有用な場合がある。

一次治療で最も効果的な薬物療法は以下のものである:

  • 経口または経鼻抗ヒスタミン薬の併用を問わず,経鼻コルチコステロイド( 経鼻吸入コルチコステロイド

  • 経口抗ヒスタミン薬に加えて経口鼻閉改善薬

それほど効果的ではないが,代替薬として,経鼻肥満細胞安定化薬(例,クロモグリク酸)の1日3回~1日4回投与,経鼻H1受容体拮抗薬であるアゼラスチンの1~2回噴霧を1日2回,および経鼻イプラトロピウム0.03%の2回噴霧を4時間~6時間毎などがあり,鼻漏が軽減する。経鼻薬の方が全身的に吸収される薬物が少ないため,経口薬よりも好ましいことが多い。

icon

経鼻吸入コルチコステロイド

薬物

1回噴霧当たりの投与量

初回量(1外鼻孔当たりの噴霧)

ベクロメタゾン

42μg

6~12歳:1回噴霧を1日2回

12歳以上:1回噴霧を1日2回~1日4回

ブデソニド

32μg

6歳以上:1回噴霧を1日1回

フルニソリド

29μg

6~14歳:1回噴霧を1日3回または2回噴霧を1日2回

成人:2回噴霧を1日2回

フルチカゾン

50μg

4~12歳:1回噴霧を1日1回

12歳以上:2回噴霧を1日1回

モメタゾン

50μg

2~11歳:1回噴霧を1日1回

12歳以上:2回噴霧を1日1回

トリアムシノロン

55μg

6~12歳:1回噴霧を1日1回

12歳以上:2回噴霧を1日1回

icon

吸入肥満細胞安定化薬

薬物

1回噴霧当たりの投与量

初回量(1外鼻孔当たりの噴霧)

アゼラスチン

137μg

5~11歳:1回噴霧を1日2回

12歳以上:1~2回噴霧を1日2回

クロモグリク酸

5.2mg

6歳以上:1回噴霧を1日3回または1日4回

オロパタジン

665μg

6~11歳:1回噴霧を1日2回

12歳以上:2回噴霧を1日2回

生理食塩水による鼻洗浄は,忘れられがちであるが,粘度の高い鼻汁を流動化し,鼻粘膜を潤したりするのに有用である;種々の生理食塩水キットおよび洗浄器具(例,スクイーズボトル,バルブシリンジ)をOTCで入手したり,患者自身が溶液を用意したりできる。

脱感作療法は,季節性のアレルギー性鼻炎に用いる方が通年性よりも効果的な場合がある;以下の場合に適応となる:

  • 症状が重度である。

  • アレルゲンを回避できない。

  • 薬物治療が不十分である。

脱感作で最初の試みは,次の季節に備えるために花粉の季節が終わったらすぐに始めるべきである;脱感作を花粉の季節中に開始した場合は,対象者のアレルギー性免疫がすでに最大に刺激されているため,有害反応が増加する。

5種雑草花粉舌下錠(5種類の雑草の花粉の抽出物)を使用した舌下免疫療法は,雑草の花粉によるアレルギー性鼻炎の治療に用いられることがある。用法・用量は以下の通りである:

  • 成人:300単位(単位はIR:index of reactivity[反応性指数])1錠,毎日

  • 10~17歳の患者:1日目は100単位1錠,2日目は100単位2錠を同時に服用,3日目以降は成人用量

初回用量は医療施設で投与し,アナフィラキシーが起こる可能性があるため,投与後30分間は患者を観察すべきである。初回用量が耐容されれば,以降は家庭で服用できる。治療は,各雑草の花粉の季節が開始する4カ月前から始め,その季節を通して行う。

アレルギー性鼻炎の患者は,アドレナリン充填済みの自己注射器を携行すべきである(訳注:日本ではアレルギー性鼻炎にアドレナリン自己注射(エピペン)を用いることはない[アナフィラキシーを煩う場合のみ])。

ロイコトリエン阻害薬のモンテルカストは,アレルギー性鼻炎の症状を軽減するが,他の治療法と比較した役割は不確かである。

抗IgE抗体のオマリズマブは,アレルギー性鼻炎の治療に対して研究段階であるが,より安価で効果的な代替薬が利用可能なため,おそらく役割が限られる。

NARESの治療薬は経鼻コルチコステロイドである。

アスピリン過敏症の治療は,アスピリンおよび非選択的NSAID(アスピリンと交差反応しうる)の回避に加えて,必要に応じて脱感作およびロイコトリエン阻害薬の使用である。

予防

通年性のアレルギーでは,可能であれば誘因を排除または回避すべきである。対策としては以下のものがある:

  • 合成繊維の枕および不透過性のマットレスカバーの使用

  • シーツ,枕カバー,および毛布を熱湯で頻繁に洗浄

  • 布張りの家具,ぬいぐるみ,および絨毯の除去

  • ゴキブリ駆除による曝露解消

  • 地下室および他の通気が悪く湿気の多い部屋における除湿機の使用

  • 加熱蒸気による住居の処理

  • HEPA(high-efficiency particulate air)フィルター付き掃除機の使用

  • 誘因となる食品の回避

  • ペットを特定の部屋または屋外に限定

  • 屋内の頻回の清掃

非アレルギー性の補助的な誘因(例,タバコの煙,強い香り,刺激性のガス,空気汚染,低温,高湿度)も可能であれば回避または管理すべきである。

要点

  • 季節性鼻炎は通常花粉に対するアレルギー反応である。

  • アレルギー性鼻炎の患者には,咳嗽,呼気性喘鳴,前頭部痛,副鼻腔炎,または特に通年性鼻炎の小児で中耳炎がみられることがある。

  • アレルギー性鼻炎の診断は通常病歴に基づく;経験的な治療に患者が反応しない場合に限って,皮膚テスト,ときにアレルゲン特異的血清IgE検査が必要である。

  • 経鼻コルチコステロイドは最も効果的な治療法であり,全身的な作用がほとんどないため最初に試す。

ここをクリックすると家庭版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP