Msd マニュアル

Please confirm that you are a health care professional

honeypot link

異所性上室性調律

執筆者:

L. Brent Mitchell

, MD, Libin Cardiovascular Institute of Alberta, University of Calgary

最終査読/改訂年月 2019年 7月
患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
本ページのリソース

上室の興奮起源(通常は心房)から種々の調律が生じる。診断は心電図検査による。多くは無症状で,治療の必要はない。

異所性上室性調律としては以下のものがある:

  • 心房性期外収縮

  • 心房頻拍

  • 多源性心房頻拍

  • 非発作性接合部頻拍

  • 移動性心房ペースメーカー

心房性期外収縮

心房性期外収縮(atrial premature beat[APB]またはpremature atrial contraction[PAC])は,よくみられる突発的な興奮である。心房性期外収縮は,誘発因子(例,コーヒー,茶,アルコール,プソイドエフェドリン)の有無にかかわらず,正常な心臓に生じることもあれば,心肺疾患の徴候である場合もある。慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者でよくみられる。ときに動悸を引き起こす。

心房性期外収縮

II誘導において,洞結節起源の2番目の拍動の後ろで心房性期外収縮によってT波が変形されている。心房性期外収縮は洞周期の比較的早期に起こるため,洞結節のペースメーカー組織がリセットされ,次の洞性拍動に先行して休止期(完全な代償性休止期よりも短い)がみられる。

心房性期外収縮

心房性期外収縮は正常に伝導される場合,変行伝導となる場合,伝導されない場合があり,通常は後ろに非代償性の休止期を伴う。変行伝導となる心房性期外収縮(通常は右脚ブロックの波形を呈する)は,心室起源の期外収縮との鑑別が必要になる。

心房補充収縮は,長い洞停止または洞休止の後に発生する異所性の心房拍動である。これらは単発の場合と多発の場合があり,単一の興奮起源からの補充収縮によって連続的な調律が生じることがある(異所性心房調律と呼ばれる)。洞調律と比べると,典型的には心拍数が低く,一般的にP波の形態が異なり,PR間隔がわずかに短縮する。

心房頻拍

心房頻拍は,心房の単一の興奮起源に由来する一貫した速い心房興奮により引き起こされる規則的な調律である。心拍数は通常150~200/分であるが,極めて速い心房拍数,結節機能不全,またはジギタリス中毒を伴う場合は,房室ブロック 房室ブロック 房室ブロックとは,心房から心室への興奮伝導が部分的または完全に途絶する状態である。最も一般的な原因は,伝導系に生じる特発性の線維化および硬化である。診断は心電図検査による;症状および治療はブロックの程度に依存するが,治療が必要な場合は通常,ペーシングが行われる。 (不整脈の概要も参照のこと。) 房室ブロックの最も一般的な原因は以下のものである: 伝導系に生じる特発性の線維化および硬化(約50%の患者)... さらに読む 房室ブロック を生じて心室拍数が遅くなることがある。発生機序としては,心房自動能の亢進と心房内リエントリーがある。

症状はその他の頻拍の症状(例,ふらつき,めまい,動悸,まれに失神)と同じである。

真の心房頻拍(true atrial tachycardia)

このQRS幅の狭い頻拍は,異常な自動能を有する興奮起源または心房内リエントリーから発生する。P波がQRS波に先行し,しばしばRP間隔の長い頻拍(PR < RP)となるが,房室結節伝導が遅い場合はRP間隔の短い頻拍(PR > RP)となることもある。

真の心房頻拍(true atrial tachycardia)

心拍数を低下させるために迷走神経刺激が用いられることがあり,P波が隠れている場合はこれによりP波が描出されるが,通常この手技では不整脈は停止しない(房室結節が不整脈回路に不可欠な部分ではないことを意味する)。

治療としては,原因を管理するとともに,β遮断薬またはカルシウム拮抗薬を用いて心室拍動の徐拍化を試みる。頻拍はカルディオバージョン カルディオバージョン/電気的除細動 不整脈治療のニーズは,不整脈の症状および重篤度に依存する。治療は原因に対して行う。必要に応じて,抗不整脈薬,カルディオバージョン/電気的除細動,植込み型除細動器(ICD),ペースメーカー(および特殊なペーシング,心臓再同期療法),カテーテルアブレーション,手術,またはこれらの併用などによる直接的な抗不整脈療法が用いられる。 胸壁を介して十分な強さのDCショックを加えると,心筋全体を脱分極させることができ,反復する脱分極に対して心臓全体が... さらに読む によって停止させることができる。心房頻拍の停止および予防のための薬理学的アプローチには,Ia群,Ic群,またはIII群の抗不整脈薬 不整脈に対する薬剤 不整脈治療のニーズは,不整脈の症状および重篤度に依存する。治療は原因に対して行う。必要に応じて,抗不整脈薬,カルディオバージョン/電気的除細動,植込み型除細動器(ICD),ペースメーカー(および特殊なペーシング,心臓再同期療法),カテーテルアブレーション,手術,またはこれらの併用などによる直接的な抗不整脈療法が用いられる。 ほとんどの抗不整脈薬は,主要な細胞電気生理学的作用に基づき,大きく4つの群(Vaughan... さらに読む の使用が含まれる。これらの非侵襲的な対処法が無効に終わる場合は,オーバードライブペーシング 心臓ペースメーカー 不整脈治療のニーズは,不整脈の症状および重篤度に依存する。治療は原因に対して行う。必要に応じて,抗不整脈薬,カルディオバージョン/電気的除細動,植込み型除細動器(ICD),ペースメーカー(および特殊なペーシング,心臓再同期療法),カテーテルアブレーション,手術,またはこれらの併用などによる直接的な抗不整脈療法が用いられる。 ペースメーカーは電気的イベントを感知し,必要な場合には反応して心臓に電気刺激を与える。恒久型ペースメーカーのリード... さらに読む 心臓ペースメーカー アブレーション 不整脈に対するアブレーション 不整脈治療のニーズは,不整脈の症状および重篤度に依存する。治療は原因に対して行う。必要に応じて,抗不整脈薬,カルディオバージョン/電気的除細動,植込み型除細動器(ICD),ペースメーカー(および特殊なペーシング,心臓再同期療法),カテーテルアブレーション,手術,またはこれらの併用などによる直接的な抗不整脈療法が用いられる。 頻拍性不整脈が特定の伝導路ないし異所性自動能に依存している場合には,治療のために問題の部位を意図的に破壊(アブレー... さらに読む などが代わりの選択肢となる。

多源性心房頻拍

多源性心房頻拍(無秩序型心房頻拍[chaotic atrial tachycardia])は,心房内に複数生じた異所性の興奮起源からのランダムな放電によって引き起こされる絶対的不整(irregularly irregular)の調律である。その定義から,心拍数は100/分を上回る。心拍数を除けば,特徴は移動性心房ペースメーカーと同じである。症状が生じた場合,心拍数の高い頻拍の症状がみられる。多源性心房頻拍は,慢性閉塞性肺疾患 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 慢性閉塞性肺疾患(COPD)は,毒素の吸入(しばしばタバコ煙)に対する炎症反応によって引き起こされる気流制限である。比較的まれな原因として,非喫煙者におけるα1-アンチトリプシン欠乏症および様々な職業曝露がある。症状は数年かけて発現する湿性咳嗽および呼吸困難であり,一般的な徴候には呼吸音の減少,呼気相の延長,および喘鳴などがある。重症例で... さらに読む 慢性閉塞性肺疾患(COPD) などの肺の基礎疾患が原因である可能性があるが,冠動脈疾患 冠動脈疾患の概要 冠動脈疾患では,冠動脈の血流が障害され,そのほとんどがアテロームに起因する。臨床像としては,無症候性心筋虚血,狭心症,急性冠症候群(不安定狭心症,心筋梗塞),心臓突然死などがある。診断は症状,心電図検査,負荷試験,ときに冠動脈造影による。予防法は可逆的な危険因子(例,高コレステロール血症,高血圧,運動不足,肥満,糖尿病,喫煙)の是正である... さらに読む 冠動脈疾患の概要 などの心臓の基礎疾患や,低カリウム血症 低カリウム血症 低カリウム血症とは,体内の総カリウム貯蔵量の不足またはカリウムの細胞内への異常な移動によって血清カリウム濃度が3.5mEq/L未満となった状態である。最も頻度の高い原因は腎臓または消化管からの過剰喪失である。臨床的特徴としては筋力低下や多尿などがあり,重度の低カリウム血症では心臓の興奮性亢進が生じることがある。診断は血清学的検査による。治療はカリウム投与および原因の管理である。... さらに読む などの電解質異常が原因となることもある。治療は基礎疾患に対して行う。

非発作性接合部頻拍

非発作性接合部頻拍は,房室結節またはその隣接組織における異常自動能によって引き起こされ,典型的には開心術,急性下壁梗塞,心筋炎,またはジギタリス中毒の後に発生する。心拍数は60~120/分であり,そのため症状は通常みられない。心電図では,QRS波は規則的で正常に見え,同定可能なP波を伴わないか,直前(0.1秒未満)または後に逆行性P波(下方誘導で逆転する)を伴う。この調律は,低い心拍数と緩徐な発症および停止によって発作性上室頻拍と鑑別される。治療は原因に対して行う。

移動性心房ペースメーカー

移動性心房ペースメーカー(多源性心房調律[multifocal atrial rhythm])は,心房内に複数生じた異所性の興奮起源からのランダムな放電によって引き起こされる絶対的不整(irregularly irregular)の調律である。その定義から,心拍数は100/分以下である。この不整脈は,肺疾患に加えて低酸素症,アシドーシス,テオフィリン中毒,またはこれら複数を併発した患者で最もよくみられる。心電図では,P波の形態が収縮毎に異なり,3種類以上の特徴的なP波形態が認められる。P波を確認することで,移動性心房ペースメーカーは心房細動 心房細動 心房細動は,心房における速い絶対的不整(irregularly irregular)の調律である。症状としては,動悸のほか,ときに脱力感,運動耐容能低下,呼吸困難,失神前状態などがみられる。心房内血栓が形成されることがあり,その場合塞栓性脳卒中のリスクが有意に増大する。診断は心電図検査による。治療としては,薬剤によるレートコントロールと抗凝固療法による血栓塞栓症の予防のほか,ときに洞調律に復帰させるための薬剤投与またはカルディオバージョ... さらに読む と鑑別できる。治療は原因に対して行う。

患者さん向けの 同じトピックページ はこちら
家庭版で同じトピック をみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP