Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

旅行先で起こる問題

執筆者:

Christopher Sanford

, MD, MPH, DTM&H, University of Washington

最終査読/改訂年月 2017年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

旅行先で起こる健康上の問題を予防、回避することは外国では特に重要です。特定の地域に旅行するとかかりやすい感染症があり、多くの人は外国旅行を検討する場合に感染症のことを最も心配します。しかし、外国旅行者の死亡原因の中で最も一般的なのは自動車事故と心疾患です。心疾患は、旅行者に限らず米国では死亡原因の第1位であり、旅行中の病気を予防するには、出発前に自分の健康状態について注意を払うことが最善の方法です。

けがと死亡

自動車事故によるけがは青年から中年の旅行者に最も多い死亡原因となっています。旅行中に多い別の死亡原因は溺死です。常識的な判断により、こうしたけがの多くを未然に防ぐことができます。例えば、交通ルールの違い(米国などは右側通行、イギリスで左側通行など)がある慣れない土地での運転に不安を感じるのであれば、公共交通機関を利用するか現地の道路や交通規則に慣れた運転手を雇う方法があります。旅行者は混み合ったタクシーやフェリーなどの交通手段は避け、夜間の運転や暗い場所での水泳をしないようにします。自分で運転しない場合でもシートベルトを締め、サイクリングの際はヘルメットを着用する必要があります。バイクや原動機付き自転車、バスの屋根やトラックの荷台に乗ることは避けます。また、運転や水泳をする前の飲酒は、たとえ法律で正式には禁止されていなかったり法律の及ばない場所であっても厳禁です。高波の浜辺、特にライフガードがいない場所は避けるべきです。

多くの大都市は日没後は危険ですし、昼間でも危険な場所もあります。そのような都市では暗い道や人通りの少ない道を1人で歩いてはいけません。特に旅行者が明らかによそ者であると分かる土地では避けるべきです。

知っていますか?

  • 青年から中年の旅行者に最も多い死亡原因はけがです。

旅行者下痢症

旅行者下痢症は外国旅行者で最もよくみられる健康問題です。

旅行者下痢症のリスクは以下の方法で減らすことができます。

  • 飲み水や歯磨き用にはボトルに入った飲料水や、ろ過処理、煮沸、紫外線処理または塩素処理された水を使う

  • 飲みものに入っている氷を避ける

  • 沸点以上まで加熱した調理したての料理を食べる

  • 果物や野菜は皮や殻を自分でむけるものを食べる

  • 屋台で売っているものは食べない

  • 頻繁に手を洗う

  • ハエがたかっていた可能性のあるものは一切食べない

特定の抗菌薬も旅行者下痢症を防ぐのに役立ちます。しかし、それらの使用には副作用のリスクがあり、細菌が抗菌薬に耐性をもつようになる可能性を増加させます。そこで多くの医師は、免疫不全疾患がある人にのみ、抗菌薬による予防を勧めています。

旅行者下痢症は多くの場合、3~5日で自然に治まりますが、脱水にならないようにしっかり水分を摂取することが必要です。カフェインやアルコールを含まない飲みものは大半の人に適しています。幼児や高齢者には粉末タイプや経口タイプの補水液も役立つでしょう。このほか、必須ではありませんが以下に挙げる方法が役に立つことがあります。

中等度から重度の症状(8時間で3回以上の軟便)がある場合は、抗菌薬の服用を考慮する必要があります(特に嘔吐や発熱、腹部のけいれん、血便がある場合)。アジスロマイシンはほとんどの国において適切であり、小児や妊婦に推奨されます。世界の特定の地域では、妊娠していない成人に、シプロフロキサシンおよびレボフロキサシンを代わりに使用する場合があります。旅行前にかかりつけの医師に抗菌薬の処方せんについて連絡を取るべきです。6歳以上で血便や熱、腹痛がない場合、処方せんのいらない下痢止め薬であるロペラミドも投与できます。

高齢者や幼児には旅行中の携帯に便利な粉末タイプの経口補水液も市販されています。これがないときは、1リットルの水に小さじ6杯分の砂糖と小さじ1杯半分の塩を溶かして経口補水液を作ることもできます。しかし、正しく攪拌されていない(例えば、粉末が十分に溶けていない)経口補水液を幼児が大量に飲んだ場合、深刻な病状あるいは死に至るおそれがあるため、経口補水液は注意して作る必要があります。

マラリア

マラリアは熱帯地域の各地でみられる病気です。マラリアは、蚊に刺されないようにしたり抗マラリア薬を服用したりして予防します。

蚊の刺傷を防ぐには以下の方法があります。

  • 長袖のシャツと長ズボンを着用する(特に明け方と夕方など蚊が活動的な時間)

  • 蚊帳の中で睡眠をとる

  • 殺虫剤のペルメトリンをしみこませた衣類を身に付ける

  • ジエチルトルアミド(DEET)の入った虫よけ剤を使用する

虫よけ剤は、デングウイルス感染症、ジカウイルス感染症、黄熱など蚊が媒介する他の病気の予防にも役立ちます。

抗マラリア薬

蚊に刺されない対策をとる場合であっても、世界の多くの地域へ旅行する際には、マラリアを予防する薬(メフロキン、クロロキン、ドキシサイクリン、アトバコン/プログアニルなど)の投与が必要です。特定の地域に関する情報は、米国では米国疾病予防管理センター(CDC: マラリアと旅行者[Malaria and Travelers])で提供されています。

マラリアは、妊娠をしていない場合に比べて妊娠中は、予防薬を服用していたとしても重篤になりやすく生命を脅かしかねないため、妊婦は、マラリアがまん延している地域への旅行を延期できないかどうか検討すべきです。旅行を延期できない妊婦は、妊娠にどのような影響を与えるかが分かっていない予防薬を服用するリスクと、予防措置を講じずにその地域へ旅行するリスクとを比較検討する必要があります。

住血吸虫症

住血吸虫症はアフリカ、東南アジア、中国、南米の東部でよくみられ、重篤になる可能性の高い感染症で、これらの地域の淡水に生息する寄生虫が原因で発症します。住血吸虫症が多い地域では、淡水に入らないことで、住血吸虫症のリスクを減らすことができます。

シラミと疥癬

シラミ疥癬(かいせん)は、密集した宿泊施設、開発途上の地域、衛生処置の整っていない場所などでよくみられます。ペルメトリン、マラチオン(malathion)、リンデンローションなどで治療できます。しかしこれらのローションを予防薬として使用すべきではありません。

性感染症

性感染症には、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症や、淋菌感染症梅毒トリコモナス症B型肝炎などがあり、発展途上国でより多くみられます。どの病気もセックスを自制するか、ラテックス製コンドームを正しく継続的に使用することで防ぐことができます( コンドームの使用法)。HIVやB型肝炎は血液や針からも感染するため、旅行先では感染症の検査済みである保証がない限り輸血を受けてはいけません。また注射を受ける場合は、1回毎に使い捨てる注射針を使用することが必要です。

ジカウイルス

ジカウイルス感染症は、成人ではほとんど症状を引き起こさないか、軽度の症状しか引き起こしません。しかし、妊娠中にジカウイルスに感染すると、胎児に重篤な先天異常が生じることがあります。

ジカウイルス感染症は蚊を媒介して、また性的接触や感染した人からの輸血によって広がります。感染は中南米で広範囲に拡大しており、最近米国の南部にも到達しています。米国疾病予防管理センター(CDC)は、妊婦に対し、ジカウイルス感染症がまん延している地域への旅行の延期を検討するよう勧めています(CDC:ジカウイルス:妊娠中の方へ[Zika Virus: For Pregnant Women]およびCDC:ジカ旅行情報[Zika Travel Information]を参照)。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP