Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

コルサコフ精神病

(コルサコフ健忘症候群)

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Grand Strand Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 8月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

コルサコフ精神病は、 ウェルニッケ脳症 ウェルニッケ脳症 ウェルニッケ脳症は、チアミン欠乏により錯乱、眼の障害、平衡感覚の喪失を引き起こす脳疾患です。 ウェルニッケ脳症は、ビタミンB群の1つであるチアミンの重度の欠乏が原因で発症します。体内にチアミンが少量しか蓄えられていない場合、炭水化物の摂取が誘因となることがあります。 重度のアルコール依存症患者は、長期にわたる過剰なアルコール摂取により、消化管からのチアミンの吸収や、肝臓のチアミンの貯蓄が妨げられるため、しばしばウェルニッケ脳症を発症しま... さらに読む (長期間にわたり大量の アルコール アルコール 遺伝特性や個人的な性質がアルコール関連障害の発症に関与しています。 アルコールを飲みすぎると、眠くなったり攻撃的になり、運動協調や精神機能が損なわれ、仕事、家族関係、その他の活動を妨げます。 長期間大量のアルコールを飲むと、アルコールに依存するようになり、肝臓、脳、心臓を損傷します。 医師は質問票を利用したり血中のアルコール濃度を測定して、アルコール関連障害の人の特定に役立てます。... さらに読む を摂取する人に生じうる一種のビタミン欠乏症によって引き起こされる脳疾患)を治療しないでいる人の80%に発生します。先に典型的なウェルニッケ脳症の発作が生じるかどうかにかかわらず、 振戦せん妄 離脱症状 遺伝特性や個人的な性質がアルコール関連障害の発症に関与しています。 アルコールを飲みすぎると、眠くなったり攻撃的になり、運動協調や精神機能が損なわれ、仕事、家族関係、その他の活動を妨げます。 長期間大量のアルコールを飲むと、アルコールに依存するようになり、肝臓、脳、心臓を損傷します。 医師は質問票を利用したり血中のアルコール濃度を測定して、アルコール関連障害の人の特定に役立てます。... さらに読む (アルコール離脱症状の一種)の重度の発作が引き金となってコルサコフ精神病が起こることがあります。また、頭部外傷、脳卒中、脳内出血、(まれに)一部の脳腫瘍などが原因となることもあります。

症状

コルサコフ精神病になると、最近の出来事に関する記憶を失います。昔の出来事の記憶はあまり影響を受けません。記憶力がひどく低下することがあるため、思い出せないのを隠そうとして、場合によってはもっともらしい作り話をすることがしばしばあります(作話と呼びます)。すべての時間感覚がなくなります。錯乱して無関心になり、恐ろしい出来事にさえ反応しなくなります。顕著な運動失調(がに股のつまずくような歩き方)や眼球運動の制御困難など、ウェルニッケ脳症のすべての症状もみられます。

診断

  • 重度の慢性アルコール使用障害など、コルサコフ精神病を引き起こすことが知られている病気の既往

重度の慢性アルコール使用障害など、コルサコフ精神病を引き起こす病態がある人では、症状、特に作話に基づいて診断されます。症状の他の原因(感染症など)を除外する必要があります。

治療

  • チアミン

  • 水分補給

治療としては、チアミン(ビタミンの一種)と輸液を投与します。残念ながら、治療を行っても症状はあまり改善せず、回復する可能性はほとんどありません。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP