Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ガンマ-ヒドロキシ酪酸(GHB)

(「G」)

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Grand Strand Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 8月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

ガンマ-ヒドロキシ酪酸(GHBまたは「G」)は経口で、通常は液剤で摂取されます。作用は ケタミン ケタミンおよびフェンシクリジン(PCP) ケタミンとフェンシクリジンは化学的に類似した薬であり、麻酔に使用します。 ケタミンは粉末や液剤で入手可能です。粉末は鼻から吸引したり、経口で摂取したりします。液剤は、静脈内、筋肉内、または皮膚の下に注射します。 フェンシクリジン(PCP、エンジェルダスト)の使用法で最も多いのは、パセリ、ミントの葉、タバコ、マリファナなどの植物にふりかけてから煙を吸う方法です(「ウェット」や「フライ」などの俗称があります)。鼻から吸引したり、経口で摂取し... さらに読む アルコール アルコール 遺伝特性や個人的な性質がアルコール関連障害の発症に関与しています。 アルコールを飲みすぎると、眠くなったり攻撃的になり、運動協調や精神機能が損なわれ、仕事、家族関係、その他の活動を妨げます。 長期間大量のアルコールを飲むと、アルコールに依存するようになり、肝臓、脳、心臓を損傷します。 医師は質問票を利用したり血中のアルコール濃度を測定して、アルコール関連障害の人の特定に役立てます。... さらに読む と似ています。

症状

GHBはリラックスした静穏な感覚をもたらします。また、疲労感や脱抑制が生じることがあります。

GHBを大量に使用すると、次のような症状が生じることがあります。

  • めまい

  • 協調運動障害

  • 吐き気

  • 嘔吐

高用量のGHBは呼吸を抑制し、けいれん発作や昏睡を引き起こし、場合によっては死に至ることもあります。GHBを鎮静作用のある他の物質、特にアルコールと一緒に服用すると非常に危険です。死亡したケースの大半は、GHBとアルコールを一緒に摂取したときに起きています。

GHBを常用していた人が数日間使用しないでいると離脱症状が生じます。離脱症状は生命を脅かす可能性があります。

診断

  • 医師による評価

診断は、薬物の使用が判明している人の症状に基づいて下されます。GHBの使用を確定できる簡便な検査はありません。

治療

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP