Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ガンマ-ヒドロキシ酪酸(GHB)

(「G」)

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2017年 8月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

ガンマ-ヒドロキシ酪酸(GHBまたは「G」)は経口で、通常は液剤で摂取されます。作用はケタミンアルコールと似ています。

薬物使用と薬物乱用も参照のこと。)

症状

GHBはリラックスした静穏な感覚をもたらします。また、疲労感や脱抑制が生じることがあります。

GHBを大量に使用すると、次のような症状が生じることがあります。

  • めまい

  • 協調運動障害

  • 吐き気

  • 嘔吐

高用量のGHBは呼吸を抑制し、けいれん発作や昏睡を引き起こし、場合によっては死に至ることもあります。GHBを鎮静作用のある他の物質、特にアルコールと一緒に服用すると非常に危険です。死亡したケースの大半は、GHBとアルコールを一緒に摂取したときに起きています。

GHBを常用していた人が数日間使用しないでいると離脱症状が生じます。離脱症状は生命を脅かす可能性があります。

診断

  • 医師による評価

診断は、薬物の使用が判明している人の症状に基づいて下されます。GHBの使用を確定できる簡便な検査はありません。

治療

  • 症状に対する治療

治療は症状に対して行います。呼吸障害を起こした場合は人工呼吸器を使用します。大半の人はすぐに回復します。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP