Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

脊椎および脊髄の損傷

執筆者:

James E. Wilberger

, MD, Drexel University College of Medicine;


Gordon Mao

, MD, Johns Hopkins School of Medicine

最終査読/改訂年月 2019年 12月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

脊椎は24個の椎骨(脊柱の骨)と尾骨(仙骨)で構成されます。 椎骨は体重のほとんどを支えているため、大きな負担がかかっています。それぞれの椎骨の間には軟骨の椎間板が挟まっていて、衝撃を和らげ、骨を保護する役割を果たしています。脊椎は神経を守るためのトンネル状の管を形成し、その中に脊髄が収まっています。

脊椎損傷では、脊椎の骨、脊髄、または椎骨の間を通る脊髄神経根(脊髄神経の短い枝)に影響が及ぶことがあります。脊髄の末端から下方に伸びている神経根の束(馬尾)も、損傷を受けることがあります。脊髄が損傷すると、以下のいずれかのメカニズムにより、神経が傷ついたり機能障害に陥ったりします。

  • 打撲(転倒・転落や衝突など)により揺さぶられる

  • 骨折、腫れ、血腫(血液の貯留)により圧迫される

  • 部分的または完全に断裂する

  • 骨折

  • 隣り合う椎骨の完全な分離(脱臼)

  • 隣り合う椎骨の部分的なずれ(亜脱臼)

  • 隣り合う椎骨をつないでいる靱帯(結合組織で構成される)の緩み

椎骨が自由に動くようになるほどに靱帯が緩むこともあります。このような状態は、不安定な損傷と呼ばれます。椎骨が動くと、脊髄や血流を圧迫したり、脊髄神経根を損傷したりすることがあります。脊椎に不安定な損傷が起こっても、すぐには脊髄の損傷が起こらない場合もあります。例えば、脊椎の損傷によって脊椎を支える筋肉にけいれんが起こり、脊椎の動きが制限されることがありますが、数時間から数日経過すると、筋肉のけいれんが治まり、脊椎が自由に動くようになって脊髄を損傷することがあります。

脊髄損傷がある人では、ほぼ必ず脊椎にも損傷があります。しかし、小児ではこれが当てはまらないことがあります( 小児における脊髄損傷 脳と脊髄の先天異常 を参照)。

脊髄損傷の最も一般的な原因は自動車事故で、全体のほぼ半数を占めます。それ以外の原因としては、転倒・転落、スポーツ、労災、暴力(ナイフによる傷や銃創)などがあります。

症状

脊椎に損傷が起きると、通常、首や背中の損傷部位に痛みを感じます。損傷部位の上から触れると痛むことがあり、骨折がある場合は特によくみられます。脊髄が損傷すると、損傷部位とそれより下の神経が機能不全に陥り、筋肉の調整機能や感覚が消失します。しかし、小児の脊髄損傷では、神経の機能不全が一時的なものにとどまり、短時間で回復することがあります。腕や脚に走り抜ける稲妻のような痛みを感じる小児もいます。

腕や脚について具体的にどのような機能がどの程度失われるかは、脊髄損傷の発生部位によって異なります。例えば、頸部の脊髄が損傷している場合、腕と脚の運動機能と感覚機能の両方が失われる可能性がある一方、脊髄のより下の部分に損傷がある場合は、脚にのみ機能障害が起きます。排尿または排便のコントロールや性的な機能は、脊髄損傷の位置に関係なく失われる可能性があります。

神経の損傷による筋肉の調整機能や感覚の消失は、損傷の程度によって、一時的なことも永久的なことも、部分的なことも完全なこともあります。外傷によって脊髄が断裂したり脊髄の神経路が破壊されたりすれば、永久的な麻痺が生じますが、打撲により脊髄が揺さぶられただけの場合は、数日から数週間あるいは数カ月の一時的な筋力低下が起きます。腫れが起きた場合は、実際より重度の損傷を疑わせる症状が起こることがありますが、通常、腫れが引くと症状も軽減します。

筋肉の調整機能が部分的に失われると、筋力が低下します。麻痺とは、通常、筋肉の調節機能が完全に失われた状態を指します。筋肉が麻痺すると、通常、筋肉がだらりとして(弛緩)、緊張が失われます。診察用のハンマー(打腱器)で筋肉の反射を確認すると、反射は減弱または消失しています。しかし、脊髄に損傷が起きた場合は、数週間かけて麻痺が進行し、不随意な、遷延性の筋けいれん(けい性麻痺)が起こることがあります。この場合、筋肉の反射は正常より強くなります。

脊髄の損傷領域とその影響

脊髄の損傷領域とその影響

脊髄損傷の合併症

筋力低下や麻痺のある人は、動作が限られるか、動くことができません。したがって、 血栓 血栓について 止血とは、傷ついた血管からの出血を止めようとする体の働きです。止血の過程では、血液の凝固が起こります。 凝固の働きが弱すぎると、軽いけがでも、大量の出血が起きるようになります。 凝固の働きが強すぎると、出血が起きていない血管がふさがれてしまうことがあります。 そのため、人の体には、血液の凝固を抑制し、必要なくなった血のかたまりを溶かすため... さらに読む 床ずれ 床ずれ 床ずれ(褥瘡[じょくそう]とも呼ばれます)とは、長時間の圧迫によって皮膚に十分な血液が流れなくなることで、その部分に損傷が生じた状態です。 床ずれは、圧迫に加えて、皮膚を引っ張る力、摩擦、湿気などの要因が組み合わさって発生する場合が多く、特に骨のある部分の皮膚でその傾向が強くみられます。... さらに読む 床ずれ 、永久的な筋肉の短縮(拘縮)、 尿路感染症 尿路感染症(UTI)の概要 健康な人では、膀胱の中にある尿は無菌(細菌などの感染性の微生物が存在しない状態)です。尿が膀胱から体外へと排出されるまでの通路(尿道)にも、感染症を引き起こす細菌はほとんど存在していません。しかし、尿路のどの部分にも感染が起こる可能性はあり、尿路で発生した感染症は尿路感染症(UTI)と呼ばれています。... さらに読む 肺炎 肺炎の概要 肺炎は、肺にある小さな空気の袋(肺胞)やその周辺組織に発生する感染症です。 肺炎は、世界で最も一般的な死因の1つです。 重篤な慢性の病気が他にある患者において、肺炎はしばしば最終的な死因となります。 肺炎の種類によっては、ワクチンの接種によって予防できます。 米国では、毎年約200~300万人が肺炎を発症し、そのうち約6万人が死亡していま... さらに読む 肺炎の概要 などが起こるリスクがあります。

診断

  • 画像検査

脊椎・脊髄損傷の症状(首や背中の骨のひどい痛みなど)がある人や、神経の損傷を示唆する症状が短時間でもある小児、腕や脚に走り抜ける痛みを感じる小児は、救急外来で評価を受ける必要があります。

脊椎の損傷(骨の損傷)と脊髄の損傷は、画像検査で診断されます。

脊髄や脊椎の靱帯を評価する上ではMRI検査が最善の方法ですが、この検査はときに、ペースメーカーなどの機器が体内に埋め込まれていることが理由で実施できない場合があります。そのような場合、CT脊髄造影検査が行われることがあります。CT脊髄造影検査は、医師が放射線不透過性の造影剤を脊髄の周りの空間に注入してから行うCT検査です。CT脊髄造影検査では、正常な位置から逸脱して脊髄に当たっている構造物が明らかになります。

予後(経過の見通し)

麻痺が部分的で、外傷から1週間以内に運動機能と感覚機能の回復が始まった場合は、良好な回復が見込めます。6カ月以内に機能が回復しない場合は、恒久的に機能が失われる可能性が高くなります。一方で、損傷発生後最長1年間は回復の可能性があることが、いくつかの研究で示されています。

治療

  • 固定

  • 適切な状況では、脊椎を固定する手術

  • リハビリテーション

脊髄損傷の可能性がある人を移動させるのは、救急隊員以外は行うべきでありません。最初の目標は、息ができるようにし、損傷の拡大を予防することです。したがって、脊髄損傷の可能性がある人を動かすとき、首が動かないように、救急隊員は最大の注意を払います。通常は、負傷者を硬い板にベルトで固定し、体が動かないように慎重にパッドをあてます。首が動かないようにするために硬性カラーを使用することもあります。脊髄の損傷がひどい場合は、椎骨が正常な位置になかったり砕けていたりして、脊椎がぐらついていることもあります。したがって、負傷者を少し動かすだけでも脊椎がずれて、脊髄が圧迫される可能性があります。脊髄が圧迫されると、永久的な麻痺が起きるリスクが高まります。

血液や骨片が脊髄周辺に貯まって脊髄を圧迫している場合は、それらを取り除く手術が必要です。脊椎がぐらついている場合は、骨やその他の組織が治るまで、体が動かないように固定します。脊髄が動いてさらに損傷が起こることを防ぐため、脊椎を安定させるための金属の棒を埋め込む手術が行われることもあります。けがによる機能の喪失が部分的である場合は、けがの後すぐに手術を行うと、多くの機能が回復し、早く動けるようになることがあります。しかし、いつ手術をするのが最善かについては、議論があります。脊椎の手術は、脳神経外科医や整形外科医が行います。

薬剤が有用なこともあります。

  • 痛み止め(鎮痛薬):けがによって痛みが生じている場合は、鎮痛薬が投与されます。はじめの数時間から数日間は、通常、オピオイドが使用されます。その後は、アセトアミノフェンやイブプロフェンなど、作用のより穏やかな鎮痛薬が使用されます。

  • 筋弛緩薬:けい性麻痺がある場合は、バクロフェンやチザニジンなどの筋弛緩薬が用いられることがあります。

ていねいな看護を施すことで、 床ずれ 床ずれ 床ずれ(褥瘡[じょくそう]とも呼ばれます)とは、長時間の圧迫によって皮膚に十分な血液が流れなくなることで、その部分に損傷が生じた状態です。 床ずれは、圧迫に加えて、皮膚を引っ張る力、摩擦、湿気などの要因が組み合わさって発生する場合が多く、特に骨のある部分の皮膚でその傾向が強くみられます。... さらに読む 床ずれ 尿路感染症 尿路感染症(UTI)の概要 健康な人では、膀胱の中にある尿は無菌(細菌などの感染性の微生物が存在しない状態)です。尿が膀胱から体外へと排出されるまでの通路(尿道)にも、感染症を引き起こす細菌はほとんど存在していません。しかし、尿路のどの部分にも感染が起こる可能性はあり、尿路で発生した感染症は尿路感染症(UTI)と呼ばれています。... さらに読む 脚の血栓 深部静脈血栓症 深部静脈血栓症は、深部静脈に血栓(血液のかたまり)が形成される病気で、通常は脚で発生します。 血栓は、静脈の損傷や血液の凝固を引き起こす病気により形成される場合や、何らかの原因で心臓に戻る血流が遅くなることで形成される場合があります。 血栓によって、脚や腕の腫れが生じることがあります。... さらに読む 深部静脈血栓症 肺炎 肺炎の概要 肺炎は、肺にある小さな空気の袋(肺胞)やその周辺組織に発生する感染症です。 肺炎は、世界で最も一般的な死因の1つです。 重篤な慢性の病気が他にある患者において、肺炎はしばしば最終的な死因となります。 肺炎の種類によっては、ワクチンの接種によって予防できます。 米国では、毎年約200~300万人が肺炎を発症し、そのうち約6万人が死亡していま... さらに読む 肺炎の概要 といった 床上安静による合併症 床上安静による問題 入院中のように長期間にわたって安静にしている患者は定期的に体を動かすことがないため、様々な問題が起きるおそれがあります。( 入院による問題も参照のこと。) 脚にけがをしたり脚の手術を受けたりした患者や、安静にしている患者は脚を使わなくなることがありますが、こうなると、脚の静脈から心臓に戻る血液の流れが遅くなり、血管の中に血栓(血液の固まり... さらに読む を予防できます。

脊髄神経の成長を促す試験的な治療法が研究されています。例えば、負傷者の血液から特定の種類の白血球(マクロファージ)を取り出して、注射で再び体内に戻すという方法があります。この注射されたマクロファージが、けがへの反応によって生じた老廃物を除去するスピードを高め、神経の再生を促すとされる物質を放出します。この試験薬は、脊髄周囲の空間(硬膜外)へ注射するか経口で投与します。別の可能性として幹細胞(ある機能に特化した細胞の元になる、特定の機能に特化していない細胞)の利用がありますが、この治療法にはさらに多くの研究が必要です。

さらなる情報

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP