Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

角膜上皮剥離および角膜異物

(眼内異物)

執筆者:

Ann P. Murchison

, MD, MPH, Wills Eye Emergency Department, Wills Eye Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

眼の表面にあるドーム状の透明な構造物(角膜)にみられるけがで最も多いのは次のものです。

  • 引っかき傷(角膜上皮剥離)

  • 異物(角膜異物)

角膜から異物を取り除くと、角膜の上皮が剥離し、感染につながることがあります。これらのけがの大半は軽いものです。

原因

角膜上皮剥離の一般的な原因は粒子です。粒子は、爆発、風、または工具を使用した作業(例えば、粉砕、ハンマーやドリルの使用)を介して飛散します。コンタクトレンズは角膜上皮剥離の一般的な原因です。コンタクトレンズが眼に合っていない、乾いた眼にレンズを装用した、洗浄が不十分でレンズに粒子が付着していた、レンズの装着時間が長すぎる、レンズを付けたまま眠った、レンズを無理にまたは乱暴に外したといったことで、眼の表面に引っかき傷が付くことがあります。その他の一般的な原因としては以下のものがあります。

  • 木の枝または頭上から落ちてくる破片

  • くし

  • 化粧用具

大半の角膜上皮剥離は、感染症(結膜炎角膜潰瘍など)を起こすことなく治癒しますが、コンタクトレンズに関連する場合または土や植物で汚染された場合(例えば、木の枝によるけが)には感染が起こる可能性が高くなります。

症状

角膜上皮剥離および角膜異物では通常、痛み、流涙、眼の中に何かが入っているような感覚がみられます。眼が赤くなったり(眼の表面の血管の拡張によるもの)、ときには眼とまぶたが腫れたりすることもあります。目がかすむこともあります。光を見ると、瞳孔を収縮させる筋肉に痛みを伴うけいれんが生じることもあります。

眼を貫通するけが(眼内異物)でも、同様の症状がみられることがあります。また、異物が眼を貫通した場合は、眼から液体が流れ出ることがあります。

診断

  • 医師による評価

角膜上皮剥離や眼内異物の症例では、早期診断と適切な治療が感染症の予防に役立ちます。患者の症状、受傷時の状況、診察の結果に基づいて診断されます。

予後(経過の見通し)

幸いなことに、眼の表面の細胞は急速に再生します。大きな剥離でも、1から3日で治癒する傾向があります。角膜上皮剥離が治癒した後も、5日間はコンタクトレンズを装用すべきではありません。けがをした翌日または翌々日に、眼科医によるフォローアップの診察を受けるのがよいでしょう。

治療

  • 異物の除去

  • 抗菌薬

  • 痛みの緩和

角膜異物

医師は通常、点眼麻酔薬(プロパラカイン[proparacaine]など)で眼の表面に麻酔をかけます。医師はまた、特殊な照明を当てると光を放つ色素(フルオレセイン)の入った点眼薬を使い、表面の異物や剥離を見やすくします。細隙灯顕微鏡などの拡大鏡を使用して、残っている異物を取り除きます。異物を湿らせた滅菌綿棒で取り除いたり、滅菌水で洗い流したりすることもしばしばあります。患者が眼を動かさずに見つめることができるのであれば、綿棒では簡単には取り除けない異物も、滅菌の皮下針や特殊器具を使って取り除けることが多く、痛みを伴うこともありません。

金属の異物は、摘出しても眼の中にリング状のさびが残る場合があり、滅菌の皮下針または低速回転する滅菌ドリル(回転する小さな研磨切削面を備えた小さい手術器具)で取り除く必要があります。

ときに異物が上まぶたの裏にはさまっていることもあります。その場合、異物を取り除くために、まぶたを反転しなければなりません(この処置は痛くありません)。目に見えない小さな粒子を取り除くために、まぶたの裏側を滅菌綿棒で優しくぬぐうこともあります。

角膜上皮剥離

異物がまだ残っているかどうかに関係なく、角膜異物と同様に治療します。通常、感染症を予防するために、抗菌薬軟膏(例えば、バシトラシンとポリミキシンBの配合剤など)を数日間投与します。剥離が大きい場合は追加の治療が必要になります。患者が光に敏感な場合は、調節麻痺点眼薬(シクロペントラートまたはホマトロピン[homatropine]など)で瞳孔を開きます。これらの点眼薬は、瞳孔を収縮させる筋肉に痛みを伴うけいれんが起こるのを予防します。

痛みの治療には経口薬を用い、アセトアミノフェンの単独投与や、場合によってはアセトアミノフェンとオキシコドンの併用を行います。鎮痛のため、ジクロフェナクまたはケトロラクの点眼薬を処方する医師もいますが、これらの薬剤はある種の角膜の瘢痕化(角膜融解[corneal melting])などの合併症を引き起こすことがまれにあるため、注意が必要です。眼に直接投与する麻酔薬は、痛みを効果的に和らげますが、治癒を妨げることがあるため、評価および治療の後は使用すべきではありません。

眼帯は感染症のリスクを上昇させることがあるため、通常は使用しません。特にコンタクトレンズ、または土や植物で汚染されている可能性がある異物により生じた剥離の場合、眼帯を使用すると感染症のリスクが著しく高まります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP