Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

眼の周囲のあざ(Black Eye)

執筆者:

Ann P. Murchison

, MD, MPH, Wills Eye Emergency Department, Wills Eye Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

眼の鈍的外傷を受けてから最初の24時間は、血液がまぶたと眼の周囲の皮膚に漏れ出し、あざ(打撲傷)と腫れができることがあります。 通常、1~2日後に血液は眼の底の方へ向かい、このため、下まぶたの直下が腫れ、変色します。眼の周囲のあざ自体は視力に影響を与えませんが、それに伴う他の眼外傷は深刻なものである場合があります。

眼の周囲のあざは、特に治療しなくても数日から数週で治まります。最初の24~48時間の間は、氷のうをあてると腫れと痛みを緩和するのに役立ちます。

痛みがひどいときは、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID―アスピリンやイブプロフェンなど)またはアセトアミノフェンを使用することがあります。しかし、眼の内部に出血がある場合は、おそらくアセトアミノフェンを使用するのが望ましく、NSAIDは出血を助長するおそれがあるため勧められません。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP