Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

眼のけがによる網膜剥離

執筆者:

Ann P. Murchison

, MD, MPH, Wills Eye Emergency Department, Wills Eye Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

網膜は、眼の奥にある光を感じる構造物です。鈍的な外傷によって部分的または全体的に網膜が裂けるか、眼の奥を覆う下層から網膜が分離(剥離)することがあります。通常、網膜の剥離は一部(しばしば、網膜の外縁、つまり周辺部)にのみ起こりますが、受傷後直ちに治療しなければ、さらに剥離が広がることがあります。網膜が剥がれると、剥がれた部分は血液を供給する部分から分離します。血液が供給されないため、剥がれた網膜を元に戻さない限り永久的なダメージを受ける可能性があります。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

症状

網膜剥離は痛みがなく、初期や剥離が小さい場合は、症状がみられないこともあります。しかし通常は、以下の症状がみられ、網膜の剥離が進行するにつれて症状も悪化します。

  • 飛蚊症(視野内を点や線が移動するように見える症状)が悪化する

  • 1秒未満で消える眩しい光が何回も見える(羞明)

  • 目がかすむ

  • 視野の中で見えない領域ができる(視野欠損)

典型的には、最初に周辺部の視野が失われ、網膜剥離が進行するにつれて視力障害の範囲が広がっていきます。この視力障害により、視野が薄暗くなったり、カーテンまたはベールのようなものが降りて視界を遮るように見えたりします。眼の奥付近でゼリー状の硝子体(しょうしたい)液の中に出血がみられることもあります(硝子体出血)。黄斑部が剥がれると視力障害が急激に進み、すべてがぼやけて見えるようになります。これらの症状のいずれかが現れた場合は、できるだけ早く医師の診察を受ける必要があります。

診断

  • 医師による眼の診察

  • ときに超音波検査

眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)は、患者の瞳孔を散大する薬を点眼してから、眼の後部を明るい光で調べます(眼底検査)。場合によっては超音波検査が行われます。

治療

  • 手術

たいていの網膜剥離は修復可能です。レーザー治療または冷凍凝固(凍結療法)を行い、網膜の裂孔をふさぎます。大きな網膜剥離に対しては、網膜と眼球壁との距離を縮めるため、眼球周囲にシリコンのバンドを巻く強膜バックリングという手術、または水晶体の後ろ、網膜の前にあるゼリー状の硝子体を取り除く硝子体切除手術を行います。網膜の皺をとり、元の位置に固定するために、しばしばガスが使われます。小さな剥離に対しては、レーザー手術または凍結療法とガスの注入(気体網膜復位術)によって剥離を元に戻すことができます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP