Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

前房出血

執筆者:

Ann P. Murchison

, MD, MPH, Wills Eye Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 11月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

前房出血は、眼の前房(透明な角膜と、色のついた虹彩との間にある液体で満たされた空間)への出血です。外傷後数日間は、新たに出血(再出血)が生じることがあります。前房出血は、永続的、部分的、または完全な視力の喪失をもたらすことがあります。視力障害の原因としては、眼圧の上昇(緑内障 緑内障 さらに読む )、血液による角膜の汚れ、またはその両方が考えられます。

眼の内部の構造

眼の内部の構造

前房出血があると、明るい光に当たったときに、かすみ目や痛みが生じることがあります。前房出血が大量の場合は、直立したときに角膜の後ろの下側に血液の層が見えます。しかし、少量であれば、拡大しないと見えないかもしれません。

治療

  • 頭の位置を高くして床上安静

  • 保護眼帯

  • 点眼薬

前房出血がみられる人は、できるだけ早く眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)の診察を受ける必要があります。出血がひどい人、出血性疾患(出血しやすく出血を繰り返す傾向がみられる病気)がある人、または抗凝固薬を服用している人は、病院で治療を受けなければならない可能性があります。

治療では通常、血液の吸収を促すため、頭側を高くした状態のベッドで安静にします。しばしば、瞳孔を開くための点眼薬(アトロピンなど)や、眼の中の炎症を軽減し瘢痕化を最小限に抑えるための点眼薬(通常はコルチコステロイド)を使用します。保護眼帯を眼の上にテープで貼って、それ以上の外傷を防ぎます。

医師は、最初の数日間は少なくとも1日1回、眼内の圧力(眼圧)を測定します。 この測定は眼圧計 眼圧検査 眼に何らかの症状が出た場合は、医師の診察を受けるべきです。 しかし、眼の病気の中には、初期段階では症状がほとんどまたはまったくないものもあります。したがって、症状がなくても、眼科医やオプトメトリストによる定期的な検査を1~2年に1回程度(眼の状態によってはもう少し頻繁に)受けるべきです。眼科医とは、眼の病気の評価と(手術を含む)治療を専門... さらに読む という器具を使って行うもので、痛みはありません。眼圧が上昇していれば、吐き気、眼のうずき、視力低下がみられることがあります。眼圧を下げるため、緑内障の治療薬などの点眼薬が処方されることがあります。アスピリンやその他の非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)は出血を起こしやすくするため、可能であれば受傷後数週間は使用を避けるべきです。前房出血は、緑内障の発生リスクを生涯にわたり上昇させるため、前房出血を経験した人は毎年眼の診察を受ける必要があります。

出血が激しいまたは再発する場合、血液の凝固を促す薬であるアミノカプロン酸(Aminocaproic acid)またはトラネキサム酸が処方されることがあります。まれに、出血の再発により眼圧が上昇すると、外科的に血液を排出しなければならないことがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP