Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

まぶたと眼球の裂傷

執筆者:

Ann P. Murchison

, MD, MPH, Wills Eye Emergency Department, Wills Eye Hospital

最終査読/改訂年月 2017年 11月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

眼の周りの切り傷(裂傷)の大半は、眼球ではなくまぶたに起こります。

まぶたの裂傷

眼の周囲の皮膚やまぶたの裂傷は、縫合を必要とする場合があります。まぶたの縁に近い部分に変形が残るとまぶたの閉鎖や角膜(眼の前部)の上をすべる動きに支障が出ることがあるため、確実に変形を残さないために、可能な限り眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)による縫合を受けるべきです。まぶたの垂れ下がりの原因となる傷、まぶたを貫通している傷、または涙道(眼から涙を排出する管)に及ぶ傷がある場合も、眼科医による修復を受けるべきです。涙道は下まぶたと上まぶた両方の鼻に最も近い部分に開口しています。

眼球の裂傷

眼球に及ぶ裂傷の多くは表面の傷にとどまります。しかし、白眼の部分(強膜)または眼の表面にあるドーム状の透明な構造物(角膜)を貫通して眼の内部に至る傷もあります。このような切り傷は眼球の破裂とみなされます。眼球は鈍い力を受けて破裂することもあります。眼球が破裂した人の大半は、視力が低下します。たいていの場合、眼が明らかにゆがみ、瞳孔が涙滴のような形になります。ときに液体が眼から漏れ出すこともあります。結膜(角膜を覆う粘膜)下の過度の出血も、眼球破裂の症状としてときにみられます。

眼球の裂傷は、視力に必要な構造に深刻な損傷を与えることがあり、眼球に感染(眼内炎)が起こる可能性を高めます。

診断

  • 眼科医の評価

  • CT(コンピュータ断層撮影)検査

眼球に裂傷を受けた場合、直ちに眼科医(眼の病気の評価と[手術を含む]治療を専門とする医師)の評価を受ける必要があります。診断を確定し、眼の中に異物がないか、また眼の周りに他の損傷がないかを確認するため、CT検査が行われます。

予後(経過の見通し)

眼球の裂傷が重篤な場合、可能な限りの内科的治療と外科的治療を尽くしてもなお、視力の低下や失明に至ることがあります。ごくまれに、眼に重度の裂傷を負った後(または眼の手術後)、けがをしていない方の眼に炎症が起こることがあり(交感性眼炎)、治療しないままでいると、これが原因で部分的な視力障害や、失明に至ることさえあります。この反応の治療には、しばしばコルチコステロイドの点眼薬が効果的です。交感性眼炎を予防するために、回復不能な損傷を負った方の眼を摘出することがあります。

治療

  • 手術

角膜を覆う薄い粘膜(結膜)のごく一部のみを侵す損傷を除き、眼球の裂傷にはしばしば外科的修復が必要になります。眼内の感染症のリスクを減らすため、手術前にも抗菌薬が静脈内投与されます。軟膏は避けるべきです。

無意識のうちに眼を押して、裂傷から眼の内容物が漏れたりしないように、保護眼帯(市販品または紙コップの底)で眼を覆います。異物が眼球または眼球の周囲から突き出ている場合、眼科医の診察を受けるまで、異物を残しておく必要があります。

痛み止めの薬は静脈から投与しますが、外科的な修復が必要でない場合は口から投与します。必要な場合は、吐き気を治療する薬で嘔吐を抑制します。できるだけ早く破傷風ワクチンが投与されます。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP