Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

浸水性肺水腫

(水泳誘発性肺水腫、SIPE)

執筆者:

Richard E. Moon

, MD, Duke University Medical Center

医学的にレビューされた 2019年 8月
プロフェッショナル版を見る

浸水性肺水腫は、ダイビング中に突然肺に液体がたまる病気で、通常は深い水深でのダイビングの早い段階で起こります。

浸水性肺水腫はこの20年間でよくみられるようになりました。通常は、オープンウォータースイミングの競技選手にみられますが、ダイバーにもみられることがあります。この病気の原因として、肺の中の血管の内圧が過度に上昇して、血漿が肺の中に漏れ出すことが考えられます。浸水性肺水腫は 肺の圧外傷 肺の圧外傷 圧外傷は圧力の変化によって、体の様々な部位に存在する気体が圧縮されたり、膨張したりすることで起こる組織の障害です。 肺、消化管、潜水用フェイスマスクで覆われた顔の一部、眼、耳、副鼻腔が侵される可能性があります。 症状は様々で、呼吸に関連するもの、胸痛( 肺の圧外傷)、眼の充血( マスクの圧外傷)、回転性めまい、耳の痛み( 耳の圧外傷)、顔面痛や鼻血( 副鼻腔の圧外傷)などがあります。... さらに読む 減圧症 減圧症 減圧症は、高圧環境下で血液や組織中に溶けていた窒素が、減圧に伴い気泡をつくる状態です。 症状には疲労感、筋肉や関節の痛みがあります。 重症の場合、症状は脳卒中の症状に似ており、しびれ、チクチク感、腕や脚の筋力低下、ふらつき、回転性めまい(目が回る)、呼吸困難、胸痛などがみられます。 酸素と 再圧(高気圧酸素)療法で治療します。 ダイビング深度、ダイビング時間、浮上速度を制限することが予防に役立ちます。 さらに読む とは関係ありません。危険因子は冷水、 高血圧 高血圧 高血圧とは、動脈内の圧力が恒常的に高くなった状態のことです。 高血圧の原因は不明のことも多いですが、腎臓の基礎疾患や内分泌疾患によって起こる場合もあります。 肥満、体を動かさない生活習慣、ストレス、喫煙、過度の飲酒、食事での過剰な塩分摂取などはすべて、遺伝的に高血圧になりやすい人の高血圧の発症に何らかの形で関与しています。... さらに読む 高血圧 の病歴や、その他の心血管疾患です。

たいていの場合、ダイバーは急いで浮上し、息切れを起こします。泡状のたんや血たんを伴うせきがよくみられ、血液中の酸素レベルが低くなります。

診断を確定するには、胸部X線検査または心エコー検査などの検査を行います。

予防

医師は浸水性肺水腫にかかったことのある人に対して以下のスクリーニングを行います。

医師は、十分な危険因子がある人では、無症候性冠動脈疾患についても検討します。

さらなる情報

  • ダイバーズアラートネットワーク(Divers Alert Network):24時間緊急ホットライン、+1-919-684-9111

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP