Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

尿道外傷

執筆者:

Noel A. Armenakas

, MD, Weill Cornell Medical School

医学的にレビューされた 2019年 9月
プロフェッショナル版を見る

尿道は、膀胱から体外に流れ出る尿が通過する管です。男性の場合、尿道は陰茎の中を通ります。

尿道の外傷の大半は男性に発生します。一般的な原因としては、 骨盤骨折 骨盤の骨折 骨盤で1つまたは複数の骨が骨折することがあります。こうした骨折は、骨の小片が剥離するものから、わずかな力によるもの(骨粗しょう症の高齢者に多い)、大きな力によるもの(自動車事故などで発生)まで様々です。 ほとんどの骨盤骨折は強い痛みを伴い、患者が座っているか、横になっているときに痛みます。 重度の骨盤骨折では、生命を脅かす出血が生じる場合があり、他の臓器も重篤な損傷を負っている可能性があります。... さらに読む や、何かにまたがった際に会陰部に起こる騎乗型損傷などがあります。会陰部とは、肛門と陰嚢の間の部分です(女性の場合は肛門と外陰部の間)。 (尿路と性器の外傷の概要 尿路と性器の外傷の概要 腎臓や尿路のそれ以外の部位( 膀胱、 尿管[腎臓から膀胱に流れる尿が通過する管]、 尿道)の外傷は、いくつかの理由で起こります。例えば、鈍い力による外傷(鈍的外傷―最も多いのは交通事故、転落、スポーツ外傷)、貫通性の力による外傷(穿通性外傷―最も多いのは銃創と刺創)、手術などによる損傷などがあります。尿路の外傷は、しばしば他の臓器(特に腹... さらに読む も参照のこと。)

また、尿道に対する外科的な処置の実施中や、膀胱カテーテル検査や 膀胱鏡検査 膀胱鏡検査 膀胱および尿道の病気(例えば、 膀胱腫瘍、 膀胱結石、 前立腺肥大症)の中には、観察用の柔軟な管状の機器(膀胱鏡という内視鏡の一種)による観察で診断できるものもあります。膀胱鏡は鉛筆ほどの太さをした内視鏡で、実際に尿道と膀胱の内部に挿入されるのは15~30センチメートルほどの部分です。膀胱鏡の多くはライトと小さなカメラが内蔵されているファイバースコープで、それにより膀胱と尿道の内部を観察することができます。先端部に物をはさむための器具が... さらに読む (内視鏡を尿道から膀胱内に挿入して観察する検査)など尿道に器具を挿入して行う処置中に偶発的に尿道の損傷が発生する場合もあります。ときには、銃創による損傷もみられます。まれに、患者が異物を直接尿道に挿入して自ら尿道損傷を招くケースや、 陰茎折症 陰茎折症 性器損傷は大半が男性に起こり、精巣、陰嚢、陰茎などの損傷を伴うことがあります。性器損傷は戦場で最も多くみられますが、これは、地上で爆発物が使用されることによります。一部の文化圏で女児の陰核を切除する 性器切除が行われていますが、これは性器外傷の一種であり、小児虐待です。 陰茎の外傷にはいくつかのタイプがあります。陰茎が部分的または全体的に切断されることもあります。切断された陰茎は、ときに接合が可能ですが、感覚や機能がどの程度まで回復する... さらに読む とともに発生する場合もあります。

尿道の損傷は挫傷(あざ)にとどまる場合もあります。一方、尿道の損傷によって尿道の内壁が裂け、陰茎、陰嚢、腹壁、会陰部などの組織に尿が漏れ出るようになる場合もあります。

症状

最もよくみられる症状としては、男性では陰茎の先端、女性では外陰部の尿道開口部への血液の付着、血尿、排尿できない、排尿時の痛みなどがあります。 股間や陰茎にあざがみられることがあります。合併症が発生すれば、その他の症状も現れます。例えば、周囲の組織中に尿が漏れると、感染が起こることがあります。さらに、損傷部やその付近の尿道が狭くなる(狭窄 尿道狭窄 尿道狭窄とは、瘢痕によって尿道が狭くなった状態です。 尿道狭窄は以下の場合があります。 出生時からみられる 感染症やけがの後に発生する 尿道狭窄の原因で最も多いのは過去の外傷です。性感染症などの過去の感染は、今では原因になることはまれです。原因が分からないケースもよくあります。 さらに読む )こともあります。男性では陰茎に通じる神経や血管が損傷することで、勃起の能力が損なわれる 勃起障害 勃起障害(ED) 勃起障害(ED)とは、性交を行うのに十分な勃起を達成または持続できないことです。 ( 男性の性機能障害の概要も参照のこと。) どんな男性でもときに勃起に至らない問題を抱えることがあり、そのような問題の発生は正常なことと考えられています。勃起障害(ED)は男性が次のような場合に起こります。 一切勃起できない 短い間勃起するが性交には十分な時間ではない さらに読む が起こることもあります。

診断

治療

  • 膀胱の排出チューブ

  • ときに手術(尿道の裂傷を修復するため)

尿道の外傷が挫傷にとどまっていて、尿の漏出が起きていない場合は、カテーテルを尿道を通して膀胱に挿入し、数日にわたりカテーテルから尿を排出させ、その間に尿道の自然な回復を待ちます。

尿道に裂傷がある場合は、下腹部の皮膚を通して直接カテーテルを膀胱まで挿入し、尿の経路を変える処置が必要になります。他の損傷がすべて治癒するか、8~12週間が経過して炎症が治まったら、手術によって尿道を修復します。まれですが、手術なしで尿道の裂傷が治癒することもあります。

治療は尿道外傷の合併症の予防につながります。予防できない合併症には、しかるべき治療を行います。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP