Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

尿路と性器の外傷の概要

執筆者:

Noel A. Armenakas

, MD, Weill Cornell Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

腎臓や尿路のそれ以外の部位(膀胱尿管[腎臓から膀胱に流れる尿が通過する管]、尿道)の外傷は、いくつかの理由で起こります。例えば、鈍い力による外傷(鈍的外傷―最も多いのは交通事故、転落、スポーツ外傷)、貫通性の力による外傷(穿通性外傷―最も多いのは銃創と刺創)、手術などによる損傷などがあります。尿路の外傷は、しばしば他の臓器(特に腹部臓器)の外傷と同時に発生します。男性では、陰茎と精巣にも損傷が起きている場合があります。

尿路の臓器

尿路は腎臓、尿管(腎臓から膀胱に流れる尿が通過する管)、膀胱、および尿道で構成されます。これらの臓器は、鈍い力(交通事故や転落・転倒など)や貫通性の力(銃で撃たれた場合や鋭利な物で刺された場合など)によって損傷することがあります。手術中に偶発的に損傷が起きることもあります。

尿路の臓器

腎臓の機能は、絶えず血液をろ過して老廃物を除去し、尿路から体外へ排出することですので、腎臓や尿路が損傷を受けると、これらの機能が働かなくなります(腎不全)。このほかにも、出血、尿路から周辺組織への尿の漏出、感染などの合併症も起こります。尿路の永続的な損傷や死亡を回避できるかどうかは、迅速な診断と治療にかかっています。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP