Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

尿管外傷

執筆者:

Noel A. Armenakas

, MD, Weill Cornell Medical School

最終査読/改訂年月 2017年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

尿管は、腎臓から膀胱に流れる尿が通過する管です。

尿路と性器の外傷の概要を参照のこと。)

尿路の臓器

尿路は腎臓、尿管(腎臓から膀胱に流れる尿が通過する管)、膀胱、および尿道で構成されます。これらの臓器は、鈍い力(交通事故や転落・転倒など)や貫通性の力(銃で撃たれた場合や刺された場合など)によって損傷することがあります。手術中に偶発的に損傷が起きることもあります。

尿路の臓器

尿管の外傷のほとんどは、子宮(子宮摘出術)や大腸(結腸切除術)の摘出手術、帝王切開による出産、腹部大動脈瘤の修復などの骨盤部または腹部の手術中、あるいは尿管鏡(硬性または柔軟な内視鏡)による尿管の検査中に起こります。尿管損傷の他のまれな原因として、銃で撃たれた傷(銃創)や刺し傷による穿通があります。まれに鈍的外傷(特に体幹が後ろ向きに反り返させる力によるもの)によって、尿管の上部が腎臓からちぎれてしまうことがあり、そのような外傷は小児や年齢の低い青年でよくみられます。

合併症

尿管の外傷を治療しないと、以下のような合併症が発生することがあります。

  • 膿がたまる(膿瘍)

  • 尿の流れが妨げられる

  • 持続的な尿の漏出や尿路感染症

  • 尿管の狭まり(狭窄[きょうさく])

  • 腹部の別の構造物に異常なつながりができる(瘻孔)

症状

患者は腹部や側腹部(肋骨と股関節の間の部分)の痛みを訴えるだけの場合もあれば、傷から尿が漏れ出ているのに気づく場合もあります。持続的な尿の漏出による感染によって、発熱がみられることがあります。尿中に血液がみられることがあります。

診断

  • 画像検査、検査目的の手術(試験開腹)、またはその両方

しかし、そのような症状の原因が尿管の損傷であるケースは少ないため、尿管の外傷は迅速に認識されないこともあります。医師は通常、このような症状のみられる人が最近手術を受けているか、腹部を貫通する外傷を負っている場合などに尿管外傷を疑います。

尿管外傷が疑われる場合は、画像検査が必要になります。最初の検査としては、造影剤を使用するCT検査がよく行われます。ときには、逆行性尿路造影検査(造影剤を尿管の端から直接注入してX線撮影を行う検査)を、通常は膀胱鏡検査(観察用の柔軟な管状の機器を尿道から膀胱に通して行う検査)の実施中に行います。手術中に尿管の損傷が見つかることもあります。

治療

  • 軽度の外傷には、尿管ステントまたは排尿チューブ

  • 重度の外傷には、手術

軽度の尿管外傷であれば、柔軟な管(ステント)を、膀胱から尿管に挿入するか、側腹部に小さな針を挿入して腎臓経由でステントを尿管に挿入することで(経皮的腎瘻造設術)、治療できる場合もあります。これらの処置により、尿が尿路を流れないよう経路を変更することができ、通常は2~6週間ほどそのままにしておいて、尿管を回復させます。ステントを留置しても尿管の損傷が治癒しない場合は、さらなる手術が必要になることがあります。より重傷の場合は、尿管を再建する手術が必要になることもあります。

治療は尿管外傷の合併症の予防につながります。予防のための処置を行っても合併症が発生した場合は、その合併症に対する治療が必要になります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP