Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

小型のダニによる咬み傷

執筆者:

Robert A. Barish

, MD, MBA, University of Illinois at Chicago;


Thomas Arnold

, MD, Department of Emergency Medicine, LSU Health Sciences Center Shreveport

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

小型のダニは、大型のダニと同様、クモに近い生物です。咬む種類の小型のダニは、ときにヒトや動物の体に寄生しており、ヒトに病気を広めることがあります。

小型のダニの寄生はよくみられる病気で、ツツガムシ(ある種のダニの幼虫)による激しいかゆみを伴う発疹、疥癬(かいせん)、その他のかゆみを伴う発疹、その他いくつかの病気を引き起こします。咬まれた周辺の組織への影響は、重症度によって異なります。アジアの一部の国とオーストラリアでは、ツツガムシがツツガムシ病を媒介します。

咬む種類の小型のダニは例えば以下のように、あらゆるところに生息しています。

  • 鳥類

  • げっ歯類

  • ネコ、イヌ(特に子イヌ)、ウサギ

  • ブタ

  • わら、干し草、種子、その他の植物

小型のダニの中には、例えば疥癬の原因となるダニのように、皮膚を咬んでその下にもぐりこむものがいます。ヒゼンダニも同様の発疹を引き起こします(ときに毛包虫症と呼ばれます)。

咬まないダニもいますが、以下のようなアレルギー反応を引き起こします。

  • アレルギー性接触皮膚炎(Grocer's itch)(貯蔵された穀物製品や、チーズ、その他の食品を扱う人に生じる)

  • 喘鳴(枕やマットレス、カーペットなどによくみられるチリダニの老廃物に反応して起こる)

治療

  • かゆみ止めの薬の使用、ときに抗菌薬を投与するかペルメトリンまたはリンデンを塗布

かゆみを抑えるために、コルチコステロイドのクリームまたは抗ヒスタミン薬の経口薬が使用されます。ダニが皮膚の下にもぐりこんでいる場合は、抗菌薬が経口投与されます。疥癬は、ペルメトリンの入ったクリームやリンデン溶液を塗布して治療します。ときに、コルチコステロイドを含有するクリーム剤を数日間塗布することでかゆみを抑えます。ペルメトリンやリンデンは、コルチコステロイドの前に塗布します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP