Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ムカデやヤスデによる咬み傷

執筆者:

Robert A. Barish

, MD, MBA, University of Illinois at Chicago;


Thomas Arnold

, MD, Department of Emergency Medicine, LSU Health Sciences Center Shreveport

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

大型のムカデの中には咬む種類のものがあり、咬まれると痛みや、腫れ、赤みが生じます。症状が48時間以上続くことはほとんどありません。

ヤスデは咬みませんが、毒を分泌するため、皮膚を刺激して熱感やかゆみを引き起こし、うっかり目をこすったりすると結膜や角膜が赤く腫れ、痛くなることがあります。

ムカデによる咬み傷は、ビニールと薄い布でくるんだ氷で冷やすと痛みが軽減します。

ヤスデの有毒な分泌物は石けんと大量の水で皮膚から洗い流します。皮膚反応が起きた場合は、コルチコステロイドクリームを塗布します。

眼に入った場合は、すぐに流水で洗浄します。

咬み傷と刺し傷に関する序も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP