Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ウニによる刺し傷

執筆者:

Robert A. Barish

, MD, MBA, University of Illinois at Chicago;


Thomas Arnold

, MD, Department of Emergency Medicine, LSU Health Sciences Center Shreveport

最終査読/改訂年月 2018年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ウニは、長く鋭い棘(とげ)に覆われていて、棘には毒が含まれることもあります。ウニの棘に触れたり、踏んだりすると、鋭い痛みを伴う刺し傷が生じます。棘は皮膚内部で砕けて、取り除かなければ慢性的な痛みや炎症を起こします。関節や筋肉の痛みと発疹が生じる場合もあります。

ウニの棘はすぐに除去します。ほとんどのウニの棘は酢に溶けるため、とげが深く貫通していない限り、酢に何度も浸したり酢を浸した湿布を貼ったりすることで棘を取り除くことができます。棘が深く埋まっている場合は、外科手術で除去します。(通常、X線検査は手術前には必要ありませんが、棘が埋まっている疑いがあるけれどもそれが不確かな場合に必要となる場合があります。)湯に患部を浸すと痛みが軽減します。

咬み傷と刺し傷に関する序も参照のこと。)

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP