Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

食中毒の概要

執筆者:

Gerald F. O’Malley

, DO, Grand Strand Regional Medical Center;


Rika O’Malley

, MD, Albert Einstein Medical Center

最終査読/改訂年月 2019年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

食中毒は、毒素を含む植物や動物を食べた場合に起こります。

  • 毒キノコや有毒植物、また汚染された魚介類を食べることで中毒が起こります。

  • 最もよくみられる症状は、下痢、吐き気、嘔吐で、ときにはけいれん発作や麻痺が生じます。

  • 症状と摂取した物質を調べた結果に基づいて診断されます。

  • 野生のものや見慣れないキノコ類や植物、また汚染された魚を避けることでこの食中毒のリスクを減らすことができます。

  • 水分を補給し、胃から有害物質を取り除くことが一番よい治療法ですが、物質の中には致死的なものもあります。

中毒の概要も参照のこと。)

多くの病気で、消化管の炎症(胃腸炎)が生じ、その結果、突然の嘔吐や下痢が起こります。そのような病気がすべてまとめて漠然と「食中毒」と呼ばれることもあります。しかし、嘔吐や下痢の大半は、ウイルスや細菌による消化管の感染症が原因です。

摂取した毒素によって引き起こされた胃腸炎だけが、真の食中毒です。例えば、汚染された食べものに含まれる細菌がそのような毒素を作ることがあります( ブドウ球菌食中毒)。また、有毒の植物キノコ類魚介類の多くは消化管に影響を及ぼしますが、他の臓器に影響を及ぼすものもあります。

以下のような、外から毒性物質に汚染されたものを摂取した人にも胃腸炎が生じることがあります。

  • ヒ素、、有機殺虫剤を噴霧された洗っていない果物や野菜

  • 鉛の釉薬を使用した陶器で提供された酸性の飲みもの

  • カドミウムでコーティングした容器に保存していた食べもの

中華料理店症候群(チャイニーズレストラン・シンドローム)

いわゆる中華料理店症候群とは、中華料理を食べた後に生じる顔面の圧迫感、胸痛、全身の灼熱感、不安などの症候群のことをいいます。これらの症状は、グルタミン酸ナトリウムに対する過敏反応と考えられており、グルタミン酸ナトリウムは風味を増すための調味料で、中華料理によく使われます。この反応はまれです。

治療

食中毒を起こした人の大半は、水分と電解質の補給のみで、迅速かつ完全に回復します。中毒の症状が現れたら直ちに大量の水分を摂取すべきです。水分をとることに耐えられない場合は、救急外来で輸液による水分の補給を受ける必要があります。

可能であれば、できるだけ早く胃の中の有害物質を除去することが、多くの場合よい方法です。ほとんどの場合は、嘔吐することで胃の中の毒性物質を吐き出せます。

毒素が何であるか分かっている場合は、それに応じた特定の治療が行われることもあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP