Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

大腿骨捻転

(大腿骨のねじれ;太ももの骨のねじれ)

執筆者:

Simeon A. Boyadjiev Boyd

, MD, University of California, Davis

最終査読/改訂年月 2017年 9月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

出生時から大腿骨がねじれていることがあります。

大腿骨頭とは、脚で最も大きな太ももの骨(大腿骨)の最上部のことです。大腿骨頭は内側(両膝が向き合い足の指が内側を向きます)にも外側(両膝がお互い逆方向を向きます)にもねじれる(捻転する)ことがあります。大腿骨頭のねじれは新生児によくみられます。

乳児を診察台に寝かせて股関節を様々な方向に回転させ、どの動きに制限があるかを確認することで、医師はこの異常を発見することができます。

内側へのねじれは、治療をしなくても青年期までに徐々に軽快していく傾向があります。手術は通常、脊椎の異常(二分脊椎など)がある小児、またはねじれによって歩行能力が妨げられている小児にのみ行われます。外側へのねじれは典型的には自然に治り、特に小児が立ったり歩いたりし始めると治ります。外捻が8歳以降も持続する場合は、整形外科医と相談する必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP