Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

遺伝性周期熱症候群の概要

執筆者:

Apostolos Kontzias

, MD, Stony Brook University School of Medicine

医学的にレビューされた 2020年 3月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

遺伝性周期熱症候群は、発熱やその他の症状が周期的に現れる遺伝性疾患で、小児期によくみられる感染症やその他の一般的な病気による発熱とは異なります。

全年齢層で最もよくみられる遺伝性周期熱症候群は、次のものです。

発熱を起こすものの遺伝性とは考えられていないよく似た病気は、次のものです。

このほかのまれな症候群として、次のものがあります。

遺伝性周期熱症候群の症状は通常、小児期に始まります。18歳を過ぎてから症状が現れる患者は10%未満です。周期的に発熱や炎症の発作が現れますが、発作を起こしていないときは元気です。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP