Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

遺伝性フルクトース不耐症

執筆者:

Matt Demczko

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 2月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

遺伝性フルクトース不耐症は、糖代謝異常症であり、フルクトースの代謝に必要な酵素が欠損している病気の総称です。わずかな量のフルクトースで低血糖が起こり、腎臓や肝臓が傷害されます。フルクトース不耐症は、これらの病気を引き起こす欠陥のある遺伝子が親から子どもに受け継がれることで発生します。

  • フルクトース不耐症は、フルクトースの分解に必要な酵素の欠損が原因で起こります。

  • 典型的な症状としては、低血糖、発汗、錯乱、腎障害などがあります。

  • 診断は、肝臓の組織のサンプルを分析することによって行います。

  • 治療では、フルクトースを含まない食事をとり、必要に応じてブドウ糖錠剤を服用します。

フルクトースは、テーブルシュガー(ショ糖)、ハチミツ、多くの果物に含まれる糖です。フルクトースはソルビトール(砂糖の代替品)にも含まれます。

このような病気の小児には、フルクトースを分解(代謝)するために必要な酵素の1つが欠損しています。その結果、フルクトースの代謝副産物が体内にたまり、グリコーゲンを合成したり、エネルギーを得るためにグリコーゲンをブドウ糖に変換したりする代謝が妨げられます。

遺伝性代謝疾患の概要も参照のこと。)

症状

わずかな量のフルクトースやショ糖を摂取するだけで血糖値が低下(低血糖)します。発汗や錯乱が起こり、またけいれん発作や昏睡が起こることもあります。フルクトースを含む食べものを摂取し続けると、腎臓や肝臓が傷害されて黄疸、嘔吐、精神遅滞、けいれん発作などが起こり、死亡します。

慢性的な症状には、食欲減退、発育不良、消化器症状などがあり、肝不全や腎障害もみられます。この病気には、いくつかの種類がありますが、そのほとんどで、早期診断と乳児期早期に食事制限を開始することにより、重度の異常を防ぐことができます。

遺伝性フルクトース不耐症の一種であるフルクトキナーゼ欠乏症は、症状を引き起こしません。

診断

  • 肝臓のサンプルの分析

医師は、フルクトースを摂取した後の症状と肝臓の組織のサンプルの化学的分析に基づいて、遺伝性フルクトース不耐症の診断を下します。この分析は、酵素の欠損の有無を判断するのに役立ちます。フルクトース不耐症を引き起こす遺伝子をもっている可能性がある人は、血液検査を受けることで、自分がキャリアであるかどうかを知ることができます。 キャリアとは、ある病気の原因となる異常遺伝子をもっているものの、その病気の症状が現れておらず、その病気を示す証拠が認められない人のことです。

治療

  • 食事からのフルクトース、ショ糖、ソルビトールの排除

  • 低血糖に対し、ブドウ糖

遺伝性フルクトース不耐症の治療では、主に甘い果物に含まれるフルクトースや、ショ糖、ソルビトールを食事から取り除くことが必要です。重い低血糖発作にはブドウ糖を静脈内投与します。軽い低血糖発作は、ブドウ糖の錠剤で治療します。遺伝性フルクトース不耐症の人は全員、この錠剤を携帯する必要があります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP