Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

新生児の感染症の概要

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2020年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる

胎児や新生児は以下のいずれかの状況で感染症にかかります。

  • 子宮内

  • 分娩中

  • 出生後

子宮内で感染する病気(子宮内感染)

胎児の感染症は、出生前のどの時点でも発生する可能性があり、母親の感染症が原因で起こります。医師と母親が感染があることを把握している場合もあれば、知らない場合もあります。母親の感染症は胎盤を通して胎児に伝染します。

胎盤を介して感染する一般的な感染症としては、 風疹 新生児の風疹 風疹は小児期にかかる一般的な軽いウイルス感染症ですが、生まれる前に感染した乳児の場合、深刻な結果に至ることがあります。 風疹の原因はウイルスです。 妊娠中のどの時期に感染したかによって、胎児または新生児には異なる症状がみられることがあります。 血液や他のサンプルの検査を行うことで、胎児、新生児、または母親のウイルスを検出できます。... さらに読む トキソプラズマ症 新生児のトキソプラズマ症 トキソプラズマ症は、寄生虫であるトキソプラズマ原虫による感染症です。通常、健康な成人で問題となることはありませんが、新生児や免疫機能が低下している人に重篤な病気を引き起こすことがあります。 トキソプラズマ症は、ネコの体内に生息し、そこで増殖する寄生虫が原因です。 胎児は早産で生まれることがあり、新生児には頭が小さい、肝臓が肥... さらに読む サイトメガロウイルス感染症 新生児のサイトメガロウイルス(CMV)感染症 サイトメガロウイルスはよくみられるウイルスで、通常、問題になることはほとんどありませんが、出生前または出生前後に乳児に感染した場合、重篤な疾患を引き起こすことがあります。 サイトメガロウイルス感染症の原因はウイルスです。 ほとんどの新生児は無症状ですが、感染した時期によっては症状を呈する新生児もいます。... さらに読む ジカウイルス感染症 ジカウイルス感染症 ジカウイルス感染症は蚊が媒介するウイルス感染症の一種であり、一般に症状を引き起こしませんが、発熱、発疹、関節痛、または白眼を覆う膜の感染症(結膜炎)がみられることもあります。妊婦のジカウイルス感染症は、新生児に小頭症(重大な先天異常)と眼の異常を引き起こすことがあります。 ジカウイルスは蚊によって広がりますが、性交や輸血によって感染するこ... さらに読む ジカウイルス感染症 梅毒 新生児の梅毒 梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌によって引き起こされる感染症です。出生前に感染した乳児には、重篤な問題が現れます。 梅毒は細菌によって引き起こされます。 妊娠中に重篤な合併症が発生することがあります。 新生児は無症状のこともあれば、重篤な症状と合併症を呈することもあります。... さらに読む 新生児の梅毒 などがあります。 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 小児におけるヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすウイルス感染症です。 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症はHIV-1ウイルスとHIV-2ウイルスが原因で、幼児の場合一般的には分娩の際に母親から感染します。 感染の徴候には成長の遅れ、体の数カ所でのリンパ節の腫れ、発達の遅れ... さらに読む B型肝炎 新生児のB型肝炎ウイルス(HBV)感染症 B型肝炎は肝臓の炎症を引き起こします。 新生児は出生時、または、まれに出生後に感染します。 症状のある新生児には、黄疸、嗜眠、発育不良がみられます。 診断は、一般に血液検査の結果に基づいて下されます。 小児は後年、肝臓に異常をきたすリスクがあります。 さらに読む も、ときに胎盤を介して伝播することがあります。ほかにも、まれな数多くの感染症が出生前に胎児に伝染する可能性があります。

胎児に発生する問題は、どの微生物が感染症を引き起こしているか、そして母親が妊娠のどの段階で感染したかによって異なります。具体的には、 流産 流産 流産とは、妊娠20週までに人為的でない原因によって胎児が失われることです。 胎児側の問題(遺伝性疾患や先天異常など)によっても母体側の問題(生殖器の構造的異常、感染症、コカインの使用、飲酒、喫煙、けがなど)によっても流産が起こりますが、多くの場合、原因は不明です。 出血や筋けいれんが起こることがありますが、特に妊娠して週数が経過している場... さらに読む 、子宮内での発育の遅れ、 早産 早産児 早産児とは、在胎37週未満で生まれた新生児です。生まれた時期により、早産児の臓器は発達が不十分であるため、子宮外で機能する準備がまだできていないことがあります。 早産の既往、多胎妊娠、妊娠中の栄養不良、出生前ケアの遅れ、感染症、生殖補助医療(体外受精など)、および高血圧などがある場合に、早産児を出産するリスクが高くなります。... さらに読む 死産 死産 死産とは妊娠20週以降に胎児が死亡することです。 妊娠合併症は、妊娠中だけに発生する問題です。母体に影響を及ぼすもの、胎児に影響を及ぼすもの、または母子ともに影響を及ぼすものがあり、妊娠中の様々な時期に発生する可能性があります。しかし、ほとんどの妊娠合併症は効果的に治療できます。死産は次回以降の妊娠における胎児の死亡リスクを上昇させます。... さらに読む 先天異常 先天異常の概要 先天異常あるいは先天奇形は、出生前の段階で生じる身体的な異常のことをいいます。それらの異常はたいてい出生時、あるいは生後1年以内に明らかになります。 ほとんどの先天異常の原因は不明ですが、感染性要因、遺伝的要因とある種の環境要因は先天異常発生のリスクを高くします。 出生前の段階では、母親の危険因子と超音波検査の結果のほか、ときに血液検査、... さらに読む といった問題が起こります。感染した母親には症状がみられることもあれば、みられないこともあります。

分娩中に感染する病気(分娩時感染)

感染した産道を新生児が通過する場合、あるいは破水後の分娩に時間がかかり腟から感染が広がる場合、分娩中に感染が起きる可能性があります。

分娩中に感染が起きる病気としては、 HIV感染症 小児におけるヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすウイルス感染症です。 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症はHIV-1ウイルスとHIV-2ウイルスが原因で、幼児の場合一般的には分娩の際に母親から感染します。 感染の徴候には成長の遅れ、体の数カ所でのリンパ節の腫れ、発達の遅れ... さらに読む 単純ヘルペスウイルス感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症では、皮膚、口、唇(口唇ヘルペス)、眼、性器に、液体で満たされた、痛みのある小さな水疱が繰り返し発生します。 非常に感染力の強い ウイルス感染症であり、潰瘍に直接触れたり、ときには潰瘍がない場合でも患部に触れることで感染します。 ヘルペスウイルスは口の中や... さらに読む 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 B型肝炎 肝炎の概要 肝炎は肝臓の炎症です。 ( 急性ウイルス性肝炎の概要と 慢性肝炎の概要も参照のこと。) 肝炎は世界中でみられる病気です。 肝炎には以下の種類があります。 急性(経過が短い) さらに読む レンサ球菌感染症 レンサ球菌感染症 レンサ球菌感染症は、レンサ球菌属 Streptococcusの細菌によって引き起こされる感染症です。これらの グラム陽性の球状細菌(球菌)(図「 主な細菌の形」を参照)は、レンサ球菌咽頭炎、肺炎のほか、創傷、皮膚、心臓弁、血流の感染症など、多くの病態を引き起こします。... さらに読む 大腸菌感染症 大腸菌(Escherichia coli)感染症 大腸菌(Escherichia coliE. coli])は グラム陰性細菌の一種で、健康な人の腸に存在しますが、特定の菌株は消化管、尿路、または体の他の部位に感染症を引き起こすことがあります。 汚染された食べものを食べたり、感染した動物に触ったり、プールの汚染された水を飲み込んだりして、腸内で大腸菌<...> さらに読む リステリア症 リステリア症 リステリア症は、リステリア菌 Listeria monocytogenesという グラム陽性細菌によって引き起こされる感染症で、通常は汚染された食べものを摂取することで感染します。 人はリステリア菌で汚染された乳製品や生野菜、肉、冷蔵食品(食べる前に加熱調理の必要がないもの)などを食べてしまうことがあります。... さらに読む 淋菌感染症 淋菌感染症 淋菌感染症(淋疾、淋病)は淋菌 Neisseria gonorrhoeaeという細菌による性感染症で、尿道、子宮頸部、直腸、のどなどの粘膜や、眼の前部を覆う膜(結膜と角膜)を侵します。 通常は性的接触により感染します。 通常は、陰茎や腟から分泌物が生じたり、頻尿になったり、急に尿意を催したりします。... さらに読む 淋菌感染症 クラミジア感染症 クラミジア感染症とその他の非淋菌感染症 クラミジア感染症には、クラミジア・トラコマチス Chlamydia trachomatisという細菌により生じる、尿道、子宮頸部、直腸の性感染症などがあります。これらの細菌は、白眼の部分を覆う膜(結膜)やのどにも感染します。ウレアプラズマ属 Ureaplasmaやマイコプラズマ属... さらに読む クラミジア感染症とその他の非淋菌感染症 などがあります。ときに、これらの感染症は胎盤を介して感染することもあります。

出生後に感染する病気(分娩後感染)

新生児の感染症の種類

新生児の感染症は通常、細菌やウイルスによって引き起こされ、真菌や寄生虫が原因となることはあまりありません。細菌としては、 B群レンサ球菌 レンサ球菌の種類 レンサ球菌感染症は、レンサ球菌属 Streptococcusの細菌によって引き起こされる感染症です。これらの グラム陽性の球状細菌(球菌)(図「 主な細菌の形」を参照)は、レンサ球菌咽頭炎、肺炎のほか、創傷、皮膚、心臓弁、血流の感染症など、多くの病態を引き起こします。... さらに読む 大腸菌 大腸菌(Escherichia coli)感染症 大腸菌(Escherichia coliE. coli])は グラム陰性細菌の一種で、健康な人の腸に存在しますが、特定の菌株は消化管、尿路、または体の他の部位に感染症を引き起こすことがあります。 汚染された食べものを食べたり、感染した動物に触ったり、プールの汚染された水を飲み込んだりして、腸内で大腸菌<...> さらに読む E. coli)、 リステリア菌 リステリア症 リステリア症は、リステリア菌 Listeria monocytogenesという グラム陽性細菌によって引き起こされる感染症で、通常は汚染された食べものを摂取することで感染します。 人はリステリア菌で汚染された乳製品や生野菜、肉、冷蔵食品(食べる前に加熱調理の必要がないもの)などを食べてしまうことがあります。... さらに読む 淋菌 淋菌感染症 淋菌感染症(淋疾、淋病)は淋菌 Neisseria gonorrhoeaeという細菌による性感染症で、尿道、子宮頸部、直腸、のどなどの粘膜や、眼の前部を覆う膜(結膜と角膜)を侵します。 通常は性的接触により感染します。 通常は、陰茎や腟から分泌物が生じたり、頻尿になったり、急に尿意を催したりします。... さらに読む 淋菌感染症 クラミジア クラミジア感染症とその他の非淋菌感染症 クラミジア感染症には、クラミジア・トラコマチス Chlamydia trachomatisという細菌により生じる、尿道、子宮頸部、直腸の性感染症などがあります。これらの細菌は、白眼の部分を覆う膜(結膜)やのどにも感染します。ウレアプラズマ属 Ureaplasmaやマイコプラズマ属... さらに読む クラミジア感染症とその他の非淋菌感染症 などがあります。ウイルスとしては、 単純ヘルペスウイルス 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症では、皮膚、口、唇(口唇ヘルペス)、眼、性器に、液体で満たされた、痛みのある小さな水疱が繰り返し発生します。 非常に感染力の強い ウイルス感染症であり、潰瘍に直接触れたり、ときには潰瘍がない場合でも患部に触れることで感染します。 ヘルペスウイルスは口の中や... さらに読む 単純ヘルペスウイルス(HSV)感染症 (HSV)、 ヒト免疫不全ウイルス 小児におけるヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症とは、ある種の白血球を次第に破壊し、後天性免疫不全症候群(エイズ)を引き起こすウイルス感染症です。 ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症はHIV-1ウイルスとHIV-2ウイルスが原因で、幼児の場合一般的には分娩の際に母親から感染します。 感染の徴候には成長の遅れ、体の数カ所でのリンパ節の腫れ、発達の遅れ... さらに読む (HIV)、 サイトメガロウイルス サイトメガロウイルス(CMV)感染症 サイトメガロウイルス感染症はよくみられるヘルペスウイルス感染症で、症状が出ないものから、発熱と疲労感が出るもの(伝染性単核球症に似たもの)、また、眼や脳、その他の内臓を侵す重い症状が生じるものまで、症状は多岐にわたります。 この ウイルスは、体の分泌物と接触(性的接触とそれ以外の接触の両方)することで感染します。... さらに読む (CMV)、 B型肝炎ウイルス B型肝炎(急性) B型急性肝炎は、B型肝炎ウイルスを原因とし、持続期間が数週間から最大で6カ月の肝臓の炎症です。 B型肝炎は、違法薬物の注射を目的として滅菌していない針を共用した場合にみられるように、感染した人の血液などの体液と接触することで感染します。 B型肝炎はウイルス性肝炎の典型的な症状(食欲不振、全身のけん怠感、黄疸など)を引き起こし、劇症肝炎と呼... さらに読む (HBV)などがあります。

いくつかの感染症は、どの年齢の人にも起こりえますが、胎児または新生児に発生したときには特に問題となります。新生児でより深刻化する感染症には、以下のものがあります。

診断

  • 医師の診察

  • 様々な検査

医師は新生児の症状または異常(先天異常など)と身体診察の結果に基づいて感染症を疑います。

医師はまた、血液検査を行い、さらに新生児の血液、髄液、尿、唾液、または組織のサンプルを調べて感染を引き起こしている微生物を特定します。母親の検査を行うこともあります。

治療

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP