Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

停留精巣と移動性精巣

執筆者:

Ronald Rabinowitz

, MD, University of Rochester Medical Center;


Jimena Cubillos

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2017年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

停留精巣(潜在精巣)とは、陰嚢(いんのう)の中に下りてくるはずの精巣が腹部にとどまったままになっている状態です。移動性精巣(遊走精巣)とは、精巣が陰嚢の中まで下りてきているにもかかわらず、刺激に反応して容易に鼠径管(そけいかん)の中に戻ってしまう(移動する)ことです。

胎児では精巣は腹部の中で発育します。精巣が発育した後、一般的には出生前(通常は第3トリメスター[訳注:日本のほぼ妊娠後期に相当])に腹部の開口部から会陰部の通路(鼠径管)を通って下降し、陰嚢の中へと入ります。精巣が下降した後、通常は腹壁の開口部が閉じます。開口部が完全に閉じないと、鼠径ヘルニアが発生する可能性があります。腹部からの体液が精巣の周囲にたまり、開口部が閉じた後に陰嚢の中にとどまることがあります。このとどまった体液は陰嚢水腫という軟らかいしこりになり、通常は生後1年以内になくなります。

停留精巣

正期産(9カ月)で生まれた男児100人のうち約3人の割合で、出生時に停留精巣がみられます。しかし、未熟児として生まれた男児では100人のうち約30人に停留精巣がみられます。停留精巣があった家族がいる男児でも、この状態にある可能性が高まります。精巣が下降しないのは通常は片方だけですが、約10%の患者で両方の精巣が下降しません。

停留した精巣はたいてい鼠径管にありますが、腹腔内にあることもあります。約3分の2の停留精巣が、正期産児では生後4カ月までに、未熟児では未熟児でなかった場合に出生が予定されていた日から4カ月経過するまでに、自然に下降します。精巣が出生時に腹腔内にとどまっていた場合は、自然に下降する可能性がはるかに低くなります。

停留精巣

停留精巣

停留精巣が症状を引き起こすことはほとんどありません。しかし、停留した精巣によって成長後の精子の産生が妨げられ、精巣腫瘍のリスクが高まることがあります。腹腔内に停留した精巣は、ねじれて(精巣捻転)重度の痛みを引き起こすことがあります。停留精巣がある新生児のほとんどで鼠径ヘルニアもみられます。

医師は、出生時と毎年の小児健診の際に陰嚢を診察して精巣がないか調べます。片方または両方の精巣に触れられない場合、精巣が単純に鼠径管の中へ引っ込んでいる状態(移動性精巣を参照)ではないことを確認します。停留精巣のほとんどは乳児期に診断されますが、その後の小児期、たいていは成長スパート以降に診断されることもあります。精巣が陰嚢の中にない場合、泌尿器科医(尿路や男性生殖器系を専門とする医師)による診察が必要です。

生後4~6カ月までに精巣が下降しなければ、手術が必要です。精巣の位置によっては、開腹手術か腹腔鏡手術(内視鏡で腹腔内を観察します)を行うことによって精巣を陰嚢内へと下降させることができます。

停留精巣がある小児は精巣腫瘍の発生リスクが高いため、思春期以降は月1回、精巣の自己検診を行う必要があります。

移動性精巣

移動性精巣(遊走精巣)とは、陰嚢の中に下りてきた精巣が陰嚢と鼠径管の間で容易に行ったり来たりする状態です。精巣が接触、温度、恐怖、または笑いに対する反射として上に移動します。このような反応はよくみられ、乳児や小児では特に多くみられます。移動性精巣が、がんやその他の合併症を引き起こすことはありません。

医師は小児健診の際に精巣を調べ、成長しても陰嚢内の正しい位置に精巣があることを確認します。精巣は大きくなるため、たいていは思春期まで上に移動しなくなります。移動性精巣には手術やその他の治療は不要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP