Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

シーバー病

(踵骨骨端症)

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Hannover, Germany

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

シーバー病は、成長過程の小児においてかかとの骨(踵骨[しょうこつ])の成長板に炎症が起きる病気です。

小児における骨の病気の概要も参照のこと。)

小児の骨は、骨の端部に近い軟骨の柔らかい部分から成長します。この部分を成長板といいます。小児の成長が終わると、成長板は固い骨になります。成長板が固い骨になると、骨の長さは伸びなくなります。

かかとの骨の位置

かかとの骨(踵骨[しょうこつ])は足の後部にあります。

かかとの骨の位置

踵骨は約15歳まで成長します。活発に運動する小児(通常9~14歳)で、ふくらはぎの筋肉とアキレス腱によってそれらが未熟な踵骨に付着している部分が過度に引っ張られると、シーバー病が発生する可能性があります。

かかとの側面または端に痛みが生じ、つま先立ちをしたり走ったりすると悪化します。熱感や腫れが起こる小児もいます。

診断は症状に基づいて下されます。X線検査は、シーバー病の診断を下すことができませんが、骨嚢腫や疲労骨折といった、別のかかとの痛みの原因を特定する役に立つことがあります。

治療

  • ヒールパッドおよび副子またはギプス

ヒールパッドを使用すると、アキレス腱がかかとを引っ張る力が弱まることにより、痛みが和らぎます。 ふくらはぎの筋肉を伸ばし柔軟性を保たせるために、副子を夜間に装着することがあります。

重症の場合は、その部位を動かさないようにギプスが推奨されることがあります。この治療により痛みが緩和され、ふくらはぎの筋肉が伸びます。シーバー病の症状は数カ月続くことがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP