Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

ケーラー病

(Köhler病)

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Hannover, Germany

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

ケーラー病は、足の舟状骨(足のアーチ部分を構成する骨の1つ)への血液供給が途絶えるためにその部分が壊死する病気です。

小児における骨の病気の概要も参照のこと。)

ケーラー病は骨軟骨症(小児が急速に成長している時期に起こる一連の骨の成長板の病気)の一種です。骨軟骨症の原因はよく分かっていませんが、遺伝するとみられています。骨軟骨症にはほかに、オスグッド・シュラッター病レッグ・カルベ・ペルテス病ショイエルマン病などがあります。

ケーラー病の原因は、足の舟状骨への血液供給不足です。血液の供給不足により足の舟状骨が壊死し、つぶれてしまいます。なぜ血液の供給が不足するのかは分かっていません。

この病気は通常、3~5歳の小児(男児に多い)の片足のみに起こります。足が腫れて痛み、足のアーチ部分に圧痛が生じます。体重支持と歩行によって不快感が増すため、歩き方(歩様)に異常がみられます。

X線検査では、舟状骨が最初は扁平になって硬化し、その後割れてから、治癒して硬くなり元の骨に戻る様子が示されます。X線検査で罹患した側と罹患していない側を比べると、進行の程度の評価に役立ちます。

足にある骨

足にある骨

治療

  • 安静と鎮痛薬

  • ときにギプス

ケーラー病が2年を超えて続くことはまれです。安静と痛みの緩和が必要で、体重の負荷をかけすぎないようにしなければなりません。通常この病気は治療しなくても治り、長期的な影響もありません。重症の場合は、膝から下の歩行用ギプスを数週間装着させると役に立つことがあります。歩行用ギプスに加え松葉づえが必要になることはまれです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP