Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

ケーラー病

(Köhler病)

執筆者:

Frank Pessler

, MD, PhD, Helmholtz Centre for Infection Research

医学的にレビューされた 2020年 10月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

ケーラー病は、足の舟状骨(足のアーチ部分を構成する骨の1つ)への血液供給が途絶えるためにその部分が壊死する病気です。

ケーラー病は骨軟骨症(小児が急速に成長している時期に起こる一連の 骨の成長板 小児における骨の病気の概要 骨の病気は、けが、感染症、がんが原因で起こったり、遺伝によって生じたり、小児の成長の一環として起こったりすることがあり、また原因が不明の場合もあります。 骨の病気には、痛みが起こり、歩くのが難しくなるものもありますが、何の症状も起こらないものもあります。 徹底的な病歴聴取、注意深い観察と診察、および適宜用いるX線検査またはMRI検査に基づ... さらに読む の病気)の一種です。骨軟骨症の原因はよく分かっていませんが、遺伝するとみられています。骨軟骨症にはほかに、 オスグッド・シュラッター病 オスグッド・シュラッター病 オスグッド・シュラッター病とは、すねの骨(脛骨[けいこつ])の最上部の骨と軟骨に痛みを伴う炎症が起きる病気です。 この病気は脚の使い過ぎによって起こります。 典型的な症状としては、膝の痛み、腫れ、圧痛などがあります。 身体診察およびときにX線検査の結果に基づいて診断します。 治療は通常、痛みの緩和と安静にすることです。 さらに読む レッグ・カルベ・ペルテス病 レッグ・カルベ・ペルテス病 レッグ・カルベ・ペルテス病は、小児において股関節が破壊される病気です。 原因は股関節に近い大腿骨上部の成長板への血液供給不足です。 典型的な症状としては、股関節痛や歩行困難などがあります。 診断は、X線検査およびときにMRI検査に基づいて下されます。 治療としては、股関節を固定して動かさないようにすることや、床上安静などがあります。 さらに読む ショイエルマン病 ショイエルマン病 脊柱後弯症とは、脊椎が異常に曲がって猫背を引き起こしている状態です。 ( 小児における骨の病気の概要も参照のこと。) 背中の上部は、正常な場合は前方にいくらか弯曲しています。一部の小児では弯曲の程度が大きい場合があります。過度の弯曲は、以下の場合があります。 柔軟である 固定している(構造上) さらに読む などがあります。

ケーラー病の原因は、足の舟状骨への血液供給不足です。血液の供給不足により足の舟状骨が壊死し、つぶれてしまいます。なぜ血液の供給が不足するのかは分かっていません。

この病気は通常、3~5歳の小児(男児に多い)に起こり、典型的には片足のみに起こります。足が腫れて痛み、足のアーチ部分に圧痛が生じます。体重支持と歩行によって不快感が増すため、歩き方(歩様)に異常がみられます。

足にある骨

足にある骨

診断

治療

  • 安静と鎮痛薬

  • ときにギプス

ケーラー病が2年以上続くことはまれです。安静と痛みの緩和が必要で、体重の負荷をかけすぎないようにしなければなりません。通常この病気は治療しなくても治り、長期的な影響もありません。重症の場合は、膝から下の歩行用 ギプス 固定 を数週間装着させると役に立つことがあります。歩行用ギプスに加え松葉づえが必要になることはまれです。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP