Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

若年性血管線維腫

執筆者:

Udayan K. Shah

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2017年 7月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
概要
本ページのリソース

のどの内部の構造

のどの内部の構造

若年性血管線維腫は、青年期の男子に最も多くみられます。この腫瘍には血管が多く分布しています。ゆっくりと大きくなり、脳の周囲や眼窩へと広がっていくことがあります。

典型的には、この腫瘍は鼻づまりや頭痛を引き起こし、しばしば鼻出血 鼻血 鼻血を起こしやすい人もいれば、めったに起こさない人もいます。血がポタポタとしたたる程度の場合もあれば、勢いよく流れ出る場合もあります。血を飲み込んでしまうと、血が胃を刺激するため、その血を吐いてしまうことがよくあります。飲み込まれた血が消化管を通過し黒いタール状の便として認められる場合があります。... さらに読む を伴い、鼻出血は非常に重度になる場合もあります。顔がむくんだり、眼球が突出したりすることがあります。腫瘤(こぶ)が鼻から突出したり、鼻が変形したりする場合もあります。腫瘍がゆっくりと大きくなる場合は、症状がほとんどないことがあります。

診断

  • CT検査とMRI検査

  • しばしば血管造影検査

医師は、症状に基づいて若年性血管線維腫を疑います。

血管造影(静脈の輪郭を描出するために造影剤を注射してから行う血管のX線検査)という別の画像検査がしばしば行われます。腫瘍の血管を手術の前にふさいで(塞栓術)、出血を減らすことができるようにするための検査です。

腫瘍の部分生検が行われることがありますが、重度の出血が生じる可能性があるため、通常は避けられます。

治療

  • 外科的切除およびときに放射線療法

通常は、手術で腫瘍を切除します。 ときに放射線療法も行われ、特に腫瘍の完全な切除が難しかったり不可能だったりする場合や、腫瘍が再発する場合に用いられます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP