Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

若年性血管線維腫

執筆者:

Udayan K. Shah

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

のどの内部の構造

鼻はなとのどの中なかのようす

若年性血管線維腫は、青年期の男子に最も多くみられます。この腫瘍には血管が多く分布しています。ゆっくりと大きくなり、脳の周囲や眼窩へと広がっていくことがあります。

典型的には、この腫瘍は鼻づまりや頭痛を引き起こし、しばしば 鼻出血 鼻血 鼻血を起こしやすい人もいれば、めったに起こさない人もいます。血がポタポタとしたたる程度の場合もあれば、勢いよく流れ出る場合もあります。血を飲み込んでしまうと、血が胃を刺激するため、その血を吐いてしまうことがよくあります。飲み込まれた血が消化管を通過し黒いタール状の便として認められる場合があります。... さらに読む を伴い、鼻出血は非常に重度になる場合もあります。顔がむくんだり、眼球が突出したりすることがあります。腫瘤(こぶ)が鼻から突出したり、鼻が変形したりする場合もあります。腫瘍がゆっくりと大きくなる場合は、症状がほとんどないことがあります。

診断

  • CT検査とMRI検査

  • しばしば血管造影検査

医師は、症状に基づいて若年性血管線維腫を疑います。

腫瘍の部分生検が行われることがありますが、重度の出血が生じる可能性があるため、通常は避けられます。

治療

  • 外科的切除およびときに放射線療法

通常は、手術で腫瘍を切除します。

ときに放射線療法も行われ、特に腫瘍の完全な切除が難しかったり不可能だったりする場合や、腫瘍が再発する場合に用いられます。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

医学知識 クイズにチャレンジ

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP