Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

小児の急性中耳炎

執筆者:

Udayan K. Shah

, MD, Sidney Kimmel Medical College at Thomas Jefferson University

医学的にレビューされた 2020年 9月
プロフェッショナル版を見る
やさしくわかる病気事典
本ページのリソース

急性中耳炎は細菌やウイルスの感染による中耳の感染症で、通常はかぜ(感冒)に併発します。

  • 細菌やウイルスが中耳に感染を引き起こします。

  • 耳の感染症のある小児は、発熱が起きてよく眠れなくなる場合があり、泣いたり、不機嫌になったり、耳を引っぱったりすることがあります。

  • 医師は、耳鏡と呼ばれる手持ち式のライトを使って鼓膜に発赤(赤み)や腫脹(腫れ)がないか確認し、鼓膜の奥に体液がたまっていないか観察します。

  • アセトアミノフェンまたはイブプロフェンで発熱や痛みを和らげることができ、抗菌薬は通常、小児がすぐによくならなかったり、症状が悪化したりした場合に使用されます。

耳の内部の構造

耳みみの内部ないぶ

原因

急性中耳炎を引き起こすことが最も多いのは、 かぜ かぜ(感冒) かぜ(感冒)は、鼻、副鼻腔、のどの粘膜に起こる ウイルス感染症です。 様々なウイルスがかぜの原因となります。 通常、かぜは感染者の鼻の分泌物に手が触れることでうつります。 初期にのどのいがらっぽさや痛み、または鼻の不快感が生じることが多く、続いてくしゃみや鼻水、せき、全身のけん怠感が生じます。 診断は症状に基づいて下されます。 さらに読む と同じウイルスです。急性感染症は、正常時に口や鼻の中にいることがある細菌によって引き起こされることもあります。新生児に感染する細菌としては、大腸菌 Escherichia coliや黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureusなどがあります。より年長の乳児や小児に感染する細菌には、肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae、インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae、モラクセラ・カタラーリス Moraxella catarrhalisなどがあります。最初にウイルスによって生じた感染症が、ときに細菌感染症につながることがあります。

症状

急性中耳炎の乳児には発熱や睡眠障害がみられます。明らかな理由もなく泣いたり、ぐずったりします。鼻水、せき、嘔吐、下痢もみられることがあります。耳が痛み(耳の痛み 耳の痛み 耳の痛みは通常、片耳だけに起こります。一部の人では、 耳だれがあったり、まれに 難聴を伴うこともあります。 痛みの原因は、耳自体に生じた病気の場合もあれば、脳につながる神経を耳と共有している部位の病気の場合もあります。後者の部位には、鼻、副鼻腔、のど(咽頭)、顎関節があります。... さらに読む を参照)、耳が聞こえにくくなることがあります。言葉でコミュニケーションできない乳児や小児の場合、自分の耳を引っぱることがあります。年長児は通常、耳の痛みやよく聞き取れないことを親に伝えることができます。

合併症

知っていますか?

  • ほとんどの中耳炎は抗菌薬を使用しなくても治ります。

診断

  • 医師の診察

急性中耳炎の診断は、耳鏡と呼ばれる手持ち式の光源を使って鼓膜の腫れと発赤、鼓膜の奥の体液を確認することにより下されます。鼓膜を見やすくするために、まず耳あかを取り除く処置が必要になる場合もあります。耳鏡にゴム球とチューブを付け、それを使って耳の中に空気を送り、鼓膜が動くかどうかを調べることもあります。鼓膜が動かない場合や動きがごくわずかな場合は、中耳に体液がたまっている可能性があります(これは感染症の徴候の1つです)。

予防

急性中耳炎のリスクは、 肺炎球菌結合型ワクチン 肺炎球菌ワクチン 肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌 Streptococcus pneumoniae(肺炎双球菌)によって引き起こされる細菌感染症の予防に役立ちます。 肺炎球菌感染症としては、 耳の感染症、 副鼻腔炎、 肺炎、 血流感染症、 髄膜炎などがあります。 詳細については、CDCによる肺炎球菌結合型(PCV13)ワクチン説明書(Pneumococcal Conjugate (PCV13)... さらに読む インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae b型ワクチン インフルエンザ菌 Haemophilus influenzae b型(Hib)ワクチンは、 肺炎や 髄膜炎など、 Hibによる細菌感染症の予防に役立ちます。このような感染症は小児では重篤化することがあります。ワクチンの接種により、小児での重篤なHib感染症の発生率は99%低下しました。このような感染症は、免疫系と脾臓(ひぞう)の機能が正常な成人ではまれです。 数種類のワクチン製剤が利用できます。... さらに読む インフルエンザウイルスワクチン インフルエンザワクチン インフルエンザウイルスワクチンは インフルエンザの予防に役立ちます。米国では、A型とB型の2種類のインフルエンザウイルスが定期的にインフルエンザの季節的流行を引き起こしています。どちらの種類にも、多くのウイルス株が存在します。インフルエンザの大流行を引き起こすウイルス株は毎年変わります。このため、毎年新しいワクチンが必要になります。それぞれの年のワクチンは、研究者が翌年に流行すると予測した3~4種のウイルス株を標的とします。... さらに読む によって低下します。小児は 標準的な予防接種スケジュール 小児期の予防接種スケジュール 米国では、ほとんどの医師は米国疾病予防管理センター(CDC—乳児・小児用スケジュール[schedule for infants and children]および年長児・青年用スケジュール[schedule for older children and adolescents]を参照)が推奨している予防接種スケジュールに基づいて予防接種を行っており、このスケジュールは病院の新生児室で行われる... さらに読む に従ってこれらのワクチンの接種を受けます。

乳児では、哺乳びんでミルクを飲ませながら寝かしつけると、液体が耳管にたまる傾向があるため、哺乳びんを持たせたまま寝かしつけないようにします。耳管の中の液体によって中耳の分泌液が閉じ込められ、中耳に空気が届かなくなり、感染が生じる可能性が高まります。喫煙は、家庭内から完全になくすか、最小限に抑えるべきです。

知っていますか?

  • 乳児に哺乳びんを持たせたまま眠らせると、結果として急性中耳炎が起こることがあります。

治療

  • 痛みを緩和する薬

  • ときに抗菌薬

  • まれに鼓膜穿刺

発熱と痛みに対してはアセトアミノフェンやイブプロフェンが効果的です。

ほとんどの中耳炎は抗菌薬を使用しなくても治ります。したがって多くの医師は、小児が非常に年少の場合、病状が非常に悪い場合、短期間で改善しない場合、感染症が悪化している徴候がある場合、または頻繁に感染症がみられる場合に限って抗菌薬を使用します。アモキシシリン(単独使用またはクラブラン酸との併用)などの抗菌薬が使用されることがあります。

小児の場合、抗ヒスタミン薬(ブロムフェニラミン[brompheniramine]やクロルフェニラミンなど)や血管収縮薬(血管を収縮させる薬、ときに鼻閉改善薬とも呼ばれます)は役に立ちません。

鼓膜が腫れていて、ひどい痛み、長引く痛み、発熱、嘔吐、または下痢がある場合は、医師が鼓膜に穴をあけて(鼓膜切開術)、感染した体液が排出されるようにすることがあります。その後に鼓膜チューブを挿入することもあります。この処置の後、通常は症状が速やかになくなり、聴覚が戻り、鼓膜は自然に治癒します。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP