Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

斜視

(眼位のずれ)

執筆者:

Christopher M. Fecarotta

, MD, Phoenix Children’s Hospital;


Wendy W. Huang

, MD, PhD, Phoenix Children’s Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

斜視(眼位のずれ)は、片側の眼の向きがときに(間欠性)、または常にずれているために(恒常性)、その眼の視線が、もう片方の眼が見ている物体の方向を向いていない状態です。斜視を治療しなければ、弱視(視力の低下)や恒久的な視力障害に至ることがあります。 斜視の治療では、屈折異常の矯正、アイパッチまたは点眼薬による弱視の治療のほか、場合によっては手術が行われます。

  • 斜視は、左右の眼の向きがずれている状態です。

  • 原因には屈折異常(焦点を合わせられないこと)や眼の動きを制御する筋肉の不均衡などがあります。

  • 症状には、複視や視力障害などがあります。

  • 診断は眼の診察の結果に基づいて下されます。

  • 斜視は自然に回復することもありますが、ほとんどの場合、眼鏡、コンタクトレンズ、または手術を必要とします。

斜視は、小児の約3%にみられます。 治療せずに放置すると、斜視の小児の約50%に、弱視による何らかの視力障害が残ります。

原因

斜視は生後数カ月で現れることもあれば、小児期のもっと後になってから現れることもあり、これは原因によって異なります。

生後6カ月未満の小児における斜視の危険因子としては、斜視の家族歴、遺伝性疾患(ダウン症候群など)、出生前の薬剤への曝露(アルコールを含む)、未熟児眼の先天異常脳性麻痺などがあります。

生後6カ月以上の小児では、斜視はしばしば、屈折異常(過度の遠視[遠眼])または眼の位置を制御する筋肉の力の不均衡が原因で起こります。片眼に高度の視力障害(屈折異常または白内障などのよりまれな病気によるもの)がある場合も、脳が両眼の向きをそろえられなくなるため、斜視になることがあります。その他の原因として、網膜芽細胞腫(眼のがんの一種)や、脳性麻痺二分脊椎眼の動きを制御する脳神経が弱い頭部損傷および脳のウイルス感染症(脳炎)などの神経疾患があります。ときに、眼窩の骨折により、眼の動きが阻害されて、斜視になることもあります。

種類

斜視にはいくつかのタイプがあります。片方の眼が内側を向くタイプ(内斜視)もあれば、外側を向くタイプ(外斜視)もあります。また、片方の眼が上方に寄るタイプ(上斜視)や、下方に寄るタイプ(下斜視)もあります。眼の位置のずれは恒常性(常にずれが起こる)の場合、または間欠性(ときおりずれる)の場合があり、ずれは軽度のこともあれば重度のこともあります。

斜視:左右の眼の向きがずれた状態

斜視にはいくつかのタイプがあります。最も多いのは、片方の眼が内側を向くタイプ(内斜視)または外側を向くタイプ(外斜視)です。この図では、小児の右眼に斜視があります。

斜視:左右の眼の向きがずれた状態

斜位とは、見た目には分からない左右の眼の向きの軽度のずれをいいます。このずれは、脳が見た目には正しい眼の位置を保持し、左右の眼からの像を融合することで容易に矯正されます。そのため通常、斜位は無症状で、ずれを補正できないほど大きな複視を伴わない限り、治療を必要とすることはありません。

斜視は、片眼または両眼の向きが、常に、明らかに偏位している(ずれている)状態です。眼の位置が間欠的にですが頻繁にずれ、脳による制御がうまくいっていない病態は、間欠性斜視と呼ばれます。

症状

小児が眼を細めて物を見たり、片眼を覆ったりすることから、親が斜視に気づく場合があります。小児の眼の向きがずれているように見えたり、同時に動いていなかったりすることから発見されることもあります。

斜位は、よほど重度のものでない限り症状を引き起こすことはまれです。症状を引き起こしている場合には、眼の疲労を伴うのが典型的です。

斜視では、ときに症状がみられます。 比較的年少の小児に斜視がある場合、混乱や複視を避けようと脳がずれた方の眼からの像を抑制するため、しばしば片眼の視力が障害されます(弱視)。比較的年長の小児に斜視がある場合、複視を伴ったり、眼球の向きのずれを補正しようとして首のねじれまたはけいれん(斜頸)がみられたりします。

診断

  • 眼の検査

  • ときに画像検査

視力を測定し、斜視を発見するために、生後2~3カ月頃から定期的な診察を受ける必要があります。乳児の診察では、光をあてたときに両眼の瞳孔の同じ位置から光が反射されるかどうかを調べます。

より年長の小児では、さらに詳細な診察を行うことができます。片方の眼を覆って物体や文字を認識できるか小児に尋ねたり、両眼の位置を評価する検査を受けさせたりします。斜視があるすべての小児は、眼科医による診察を必要とします。(眼の検査を参照のこと。)

脳神経麻痺のある小児には、脳または脊髄のCT(コンピュータ断層撮影)検査またはMRI(磁気共鳴画像、画像検査を参照)検査を行うことがあります。さらに、遺伝性疾患を調べるために血液検査が行われる場合があります。

知っていますか?

  • 視力スクリーニングは3歳から受けることができます。

予後(経過の見通し)

斜視がある場合、放置したり、成長とともになくなるだろうと考えて経過観察したりするべきではありません。弱視が生じ、4~6歳までに治療しなければ、恒久的な視力障害が残る可能性があります。それより後に治療した場合でもある程度は視力を回復できますが、視覚系が成熟した後(典型的には8歳以降)では、治療に対する反応は極めてわずかになります。そのため、すべての小児は就学前に正式な視力スクリーニングを受ける必要があります。

斜視を修復する外科手術の成功率は80%を超えています。

治療

  • 弱視があればその治療

  • 眼鏡やコンタクトレンズ

  • 眼の運動

  • 眼の向きをそろえる手術

軽度または間欠的な異常しかない場合は、治療が不要なことがあります。しかし、斜視が重度である場合や、進行する場合は、治療が必要です。

斜視の治療は斜視の特徴と原因によって異なります。治療の目標は、両眼の視力をそろえ、次に両眼の向きをそろえることです。

弱視のある小児には、視力が良い方の眼をアイパッチで覆ったり、視野をかすませる点眼薬をその眼にさしたりして、見えにくい方の眼を強制的に使うようにさせます。視力が良い方の眼にアイパッチや点眼薬を使用することで、見えにくい方の眼が強くなります。しかし、アイパッチで斜視を治療することはできません。

高度の屈折異常がある小児には、通常、眼鏡またはコンタクトレンズが処方されます。ときに、間欠的な外斜視の矯正に眼の運動が役立つことがあります。

斜視の治療では、まず手術以外の方法で眼の位置をそろえることを試みますが、それがうまくいかなければ外科手術が行われます。外科手術では、眼の筋肉による張力を弱めたり(後転)強めたり(前転)します。この手術のために入院する必要はありません。 しかし、手術の合併症が生じる可能性はあり、なかでも最も多いのが、過度の矯正(過矯正)または矯正不十分(低矯正)、成長してから現れる斜視の再発です。まれに、感染症、過度の出血、または視力障害をきたすこともあります。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP