Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

原発性乳児緑内障

(乳児緑内障、先天性緑内障、牛眼症)

執筆者:

Christopher M. Fecarotta

, MD, Phoenix Children’s Hospital;


Wendy W. Huang

, MD, PhD, Phoenix Children’s Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 10月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

原発性乳児緑内障(primary infantile glaucoma)は、眼内の液体が眼の前方の区画からきちんと排出されない、まれな先天異常です。このため、眼の内部の圧が上昇し、これを放置すると、視神経が損傷されて完全な失明に至ることがあります。

(成人における緑内障も参照のこと。)

正常であれば、眼に栄養を与えている房水は、虹彩の裏側にある毛様体(後房内)でつくられ、瞳孔を通って眼の前方(前房)に流れていき、虹彩と角膜の間の排出管から排出されます。房水の排出が妨げられると、眼の内圧(眼圧)が上昇します。

正常な房水の排出

房水は、虹彩の裏側(後房内)にある毛様体でつくられ、後房から眼球の前方(前房)へと流れ込み、そこから排出管を通って外へと流れ出ていきます。

正常な房水の排出

原発性乳児緑内障は、乳幼児に発生し、片眼に現れることもあれば(全体の40%)両眼に現れることもあります(全体の60%)。この病気は、スタージ-ウェーバー症候群などの別の病気によって引き起こされるものではないことから、原発性とみなされます。眼圧は、正常範囲を超えて上昇します。乳児の眼圧は、けがや眼の手術(白内障の除去など)の後にも上昇することがあります。

原発性乳児緑内障では、眼圧上昇により強膜(眼を覆う白く丈夫な線維の膜)および角膜(虹彩と瞳孔の前にある透明な層)が伸張することがあります。この伸張は、成人の緑内障では起こりません。ときに、角膜が濁ることもあります。流涙や、明るい光を見たときの眼痛(羞明)がみられることもあります。

治療しなければ、角膜はますます濁り、視神経が損傷され、失明に至る可能性があります。こういった合併症を予防するため、医師は新しい排出路を形成する外科手術(隅角切開術、線維柱帯切開術、または線維柱帯切除術)をできる限り早く行います。

さらなる情報

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP