Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

上衣腫

執筆者:

John J. Gregory, Jr.

, MD, Rutgers, New Jersey Medical School

最終査読/改訂年月 2016年 6月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

上衣腫は、脳内にある空間(脳室)の内面を覆っている細胞から発生する腫瘍で、腫瘍の増殖はゆっくりとしています。

  • 上衣腫の原因は不明です。

  • 主な症状は、嘔吐、ぼんやりする、平衡障害です。

  • 診断は画像検査と生検によって下されます。

  • 予後(経過の見通し)は、小児の年齢と、がんがどの程度除去できたかによります。

  • 治療法には、手術、化学療法、放射線療法があります。

大半の上衣腫は、頭蓋骨底部の脳の後部(後頭蓋窩と呼ばれる)、またはその近くに発生します。この領域には(協調運動や平衡感覚を制御する)小脳や、(呼吸などの生命維持に必要な体の機能を制御する)脳幹が含まれています。上衣腫は脳幹に広がる傾向があります。上衣腫が脊髄に発生する場合もあります。

上衣腫の症状

多くの場合、頭蓋内圧の上昇から上衣腫の最初の症状が生じます。最初の症状は、頭痛、嘔吐、ぼんやりするなどです。乳児では月齢相応の発達段階に到達しない場合があります。乳児が怒りっぽくなったり、食欲がなくなったりすることもあります。気分や性格が変わることもあれば、集中力が低下することもあります。小児の平衡感覚や協調運動、歩行に障害がみられるようになります。なかには、けいれん発作を起こす小児もいます。

上衣腫が脊髄に生じると、背部痛が起こる場合があり、尿失禁や便失禁がみられる場合もあります。

上衣腫の診断

予後(経過の見通し)

小児がどれだけよくなるかは、年齢と切除できた腫瘍の量によっても異なります。治癒後に知能の発達が影響を受ける小児もいます。

上衣腫の治療

  • 手術、放射線療法、化学療法

初めの治療では、できるだけ安全に、できるだけ多くの腫瘍が手術で切除されます。

放射線療法により生存率が高まります。通常は手術後に行われます。

化学療法を行っても生存率は増加しないと考えられますが、一部の小児では手術前に腫瘍を小さくするのに役立ちます。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
よく一緒に読まれているトピック
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP