Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

小児の下痢

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

下痢は小児でとてもよくみられる病気です(成人の下痢も参照)。下痢とは、小児の正常なパターンとは違う、軟便または水様便が頻繁に排泄される状態です。血液や粘液が下痢に混じっていることもあります。健康な小児では、年齢と食事内容によって排便回数や便の硬さが違うため、軽い下痢を起こしているのか、または正常なのかを判断するのが難しい場合があります。例えば、離乳食をまだ始めていない母乳栄養の乳児は、軟らかい便を頻繁に排泄しますが、これは正常です。このような乳児で、突然、回数が増えたりいつもより便が軟らかくなった場合は下痢かもしれません。ただし、水っぽい便が24時間以上続く場合は、決して正常ではありません。

下痢の小児では、食欲の低下、嘔吐、体重減少、発熱がみられることがあります。下痢が重い場合や長く続く場合は、脱水が起こる可能性があります。乳幼児はすぐに脱水状態になりやすく、脱水状態となるまでに1日もかからないこともあります。重症の脱水では、けいれんや脳の障害が起こり、死亡することもあります。

世界の下痢による死亡数は年間150万であり、ほとんどが発展途上国でみられます。米国では、5歳未満の小児の入院の約9%が下痢によるものです。

原因

下痢の原因で可能性の高いものは、下痢の持続が2週間未満(急性)か、2週間以上(慢性)かで異なります。下痢の大半は急性です。

一般的な原因

急性の下痢の原因には通常、以下のものがあります。

胃腸炎は多くの場合ウイルスが原因で起こりますが、細菌や寄生虫によっても起こります。

食中毒という言葉は、黄色ブドウ球菌クロストリジウム属などの特定の細菌が作り出す毒素で汚染されたものを食べることによって引き起こされる下痢や嘔吐を指します。

ある種の抗菌薬を使用すると、腸内細菌の種類や数が変わる可能性があります。その結果、下痢が起こります。ときに、抗菌薬の使用によって特に危険な細菌、クロストリジウム・ディフィシル Clostridium difficileが増殖します。クロストリジウム・ディフィシル Clostridium difficileは大腸の粘膜の炎症(大腸炎— クロストリジウム・ディフィシル( Clostridium difficile )腸炎)を起こす毒素を出します。

慢性の下痢の原因には通常、以下のものがあります。

あまり一般的でない原因

急性の下痢は、虫垂炎腸重積溶血性尿毒症症候群(特定の細菌感染の合併症)などの深刻な病気によっても起こります。このような深刻な病気では、下痢のほかにも、ひどい腹痛や腹部の腫れ、血便、発熱、重症感などの心配な症状を合併していることが普通です。

慢性の下痢は、嚢胞性線維症などの食物の吸収を妨げる病気(吸収不良疾患)や免疫力の低下(エイズなどの病気や特定の薬の使用によるもの)によっても起こります。

便秘が原因となって下痢が起こることもあります。硬くなった便が直腸にたまると、軟便がその周りから漏れ出し、小児の下着に付着するのです。

評価

警戒すべき徴候

特定の症状がみられる場合は、注意が必要です。具体的には以下のものがあります。

  • 脱水の徴候、例えば排尿減少、嗜眠、ぼんやりする、涙が出ない啼泣、極端なのどの渇き、口腔乾燥など

  • 重症感

  • 高熱

  • 血便

  • 腹痛や激しい圧痛(触れた場合)

  • 皮膚の出血(赤紫色の小さな斑点[点状出血]や斑[紫斑])

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられる小児は、直ちに医師の診察を受ける必要がありますが、3回または4回以上の下痢があり、かつ水分を飲めていないかごくわずかしか飲めていない場合にもすぐに診察を受けなければいけません。

警戒すべき徴候がなく、正常に水分を飲み排尿している小児では、2日以上下痢が続く場合や日に6~8回以上の下痢がある場合、医師に電話で相談してください。下痢が軽い場合、受診は必要ありません。下痢が14日以上続く場合は受診してください。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、原因と必要になる検査を推測することができます( 下痢の主な原因と特徴)。

医師は、便の形、回数、下痢の持続期間や、発熱、嘔吐、腹痛などの他の症状があるか尋ねます。

食事内容、抗菌薬の使用、汚染されていた可能性のある食物の摂取、動物との最近の接触、最近の旅行など、考えられる原因についても質問します。

身体診察を行い、脱水症状や下痢を起こす病気がないか調べます。腹部の腫れや圧痛がないか確かめます。その小児の発育についても評価します。

icon

下痢の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

急性の下痢(2週間未満の持続)

抗菌薬の使用

抗菌薬の最近の使用

多くの場合、他の症状はみられない

医師の診察

場合により便検査によるクロストリジウム・ディフィシル Clostridium difficile毒素の検出

ウイルス、細菌、寄生虫による胃腸炎

しばしば嘔吐を伴う

脱水がよくみられる、特に乳幼児

ときに発熱や腹痛

まれに血便

ときに、感染者との直近の接触(託児所、キャンプ、大型客船など)、ふれあい動物園(大腸菌 Escherichia [E.] coliに感染する可能性のある場所)での動物との最近の接触、爬虫類(サルモネラ Salmonella菌に感染している可能性)との最近の接触、加熱調理が不十分な、汚染された食物や汚染された水の最近の摂取

医師の診察

ときに便検査

食後数分から数時間以内のじんま疹、唇の腫れ、呼吸困難

ときに嘔吐

たいていの場合、以前から判明している食物アレルギー

医師の診察

数日間の腹痛、嘔吐、典型的には血性下痢の後、皮膚蒼白と尿量減少の発現

ときに、皮膚の出血(赤紫色の点々や斑点)

血液検査

便検査

慢性の下痢(2週間以上続く)

嘔吐

哺乳不良

体重減少、発育不良、またはその両方

血便

便検査

人工乳を変更すると軽くなる症状

ときに、上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査、またはその両方

果汁の飲みすぎ(特にリンゴ、梨、プルーン)

120~240ミリリットル/日以上の果汁の摂取

多くの場合、下痢以外の症状はない

医師の診察

果汁の摂取量を減らすと下痢が消失

血便、けいれん性の腹痛、体重減少、食欲不振、発育不良

ときに関節炎、発疹、口内炎、直腸の裂傷

大腸内視鏡検査

ときに、直腸にバリウムを注入して行うCT検査またはX線検査

乳糖不耐症(牛乳や乳製品に含まれる乳糖を消化できない)

腹部膨満、放屁、激しい下痢

牛乳や乳製品摂取後の下痢

医師の診察

水素(未消化の炭水化物を示す)を検出する呼気試験

未吸収の炭水化物の有無を調べるための便検査と便の分析

吸収不良疾患

便が明るい色で、軟らかく、大量で、異常な悪臭を放ち、また油っぽく見えることがある

腹部膨満と鼓腸

体重増加不良

嚢胞性線維症の場合、頻繁な呼吸器感染

腸性肢端皮膚炎の場合、発疹や口の端のひび割れ

便検査

セリアック病が疑われる場合、グルテン(小麦中のタンパク)に対する抗体を測定する血液検査と小腸生検

嚢胞性線維症が疑われる場合、汗試験と、ときに遺伝子検査

腸性肢端皮膚炎が疑われる場合、亜鉛欠乏を調べる血液検査

免疫力の低下

  • HIV感染症や免疫不全疾患

  • 免疫機能を抑制する薬の使用

頻繁な感染

体重減少や体重増加不良

すでにHIV感染症と診断されていることもある

HIV検出のための血液検査

免疫機能を調べるための血液検査と血算

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

細菌、寄生虫、ウイルスの感染症でも慢性の下痢が生じることがあります。

CT = コンピュータ断層撮影、HIV = ヒト免疫不全ウイルス。

検査

下痢の持続が2週間未満で警戒すべき徴候がみられない場合、おそらく原因はウイルスによる胃腸炎であり、通常、検査は必要ありません。しかし、医師が別の原因を疑う場合は、それを調べる検査が行われます。

小児に警戒すべき徴候がみられる場合には一般的に検査が行われます。 脱水徴候がある場合、電解質(体の水分のバランスを保つのに必要なナトリウム、カリウム、カルシウムやその他のミネラル)の値を測定する血液検査が行われます。他の警戒すべき徴候がみられる場合は、血算、尿検査、便の検査と分析、腹部X線検査などの検査が行われます。

治療

下痢の具体的な原因を治療します。例えば、セリアック病の場合は、食事からグルテンを除去します。抗菌薬が下痢の原因である場合は、医師が指示すれば服用を中止します。ウイルスによる胃腸炎であれば、たいていの場合治療しなくても治ります。

ロペラミドなどの下痢止め薬は、乳幼児には勧められません。

脱水

小児で最も気がかりなことは脱水であるため、水分と電解質の投与による水分補給に重点を置いて治療します( 小児の脱水)。小児の下痢ではほとんどの場合、水分を口から(経口)投与する治療が効果的です。口から飲めない状態の場合や脱水の程度が重い場合にのみ、水分を静脈から(静脈内)投与します。炭水化物とナトリウムが適切なバランスで含まれている経口補水液を使用します。米国内では、薬局やほとんどのスーパーマーケットで経口補水液を処方せんなしで広く手に入れることができます。スポーツドリンク、炭酸飲料、ジュースや類似の飲料物は、ナトリウムがとても少なく炭水化物がとても多く含まれているため、使用すべきではありません。

嘔吐がある場合は、まず、少量の水分を頻繁に与えます。一般的には、小さじ1杯(5mL)を5分毎に与えます。この量を吐かずにいられたら、徐々に量を増やします。小児が嘔吐していなければ、最初に与える水分の量を制限する必要はありません。辛抱強く励ましてやれば、ほとんどの小児が口から十分な水分を取ることができ、点滴による水分補給の必要を避けられます。しかし、脱水が重い場合には、点滴による水分補給が必要です。

食事

十分な水分が補給され嘔吐がなければすぐに年齢に応じた食事を与えます。乳児であれば母乳か人工乳を再開します。

慢性の下痢の小児では、治療は原因に応じて決まりますが、十分な栄養を与えそれを維持すること、ビタミンやミネラルの欠乏がないかモニタリングすることが最も重要です。

要点

  • 下痢は小児でよくみられます。

  • たいていの場合、ウイルスによる胃腸炎が最もよくみられる原因です。

  • 警戒すべき徴候(脱水徴候、激しい腹痛、発熱、血便や膿の混じった便など)がある場合、医師の診断を受けるべきです。

  • 下痢の持続が2週間未満の場合は、検査が必要になることはほとんどありません。

  • 下痢が重いか長期間続く場合、脱水の可能性が高くなります。

  • ほとんどの小児で、口からの水分補給により脱水を効果的に治療できます。

  • ロペラミドなどの下痢止め薬は、乳幼児には勧められません。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP