Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

乳児と小児の嘔吐

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Sidney Kimmel Medical College of Thomas Jefferson University

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

嘔吐は食べたものを意図しないで強制的に排出してしまうことをいい、不快感を伴います。乳児では、嘔吐と溢乳(いつにゅう)を区別しなくてはなりません。乳児では授乳中や授乳直後—典型的にはげっぷをさせるときに少量の溢乳がしばしばみられます。 急速に授乳された、空気を飲み込んだ、授乳量が多すぎたことが原因で溢乳が起こりますが、明らかな原因がなくても起こることがあります。嘔吐は一般的には病気が原因で起こります。育児経験のある親は多くの場合、溢乳と嘔吐の違いが分かりますが、初めて育児を行う親は医師や看護師から話を聞く必要があるかもしれません。

嘔吐では水分が失われるため、脱水を引き起こすことがあります。嘔吐が止まらないため、あるいは飲みたがらないために、失われた水分を補充するだけの十分な水分を摂取できない場合があります。嘔吐がある小児はたいていの場合食べたがりませんが、食欲不振から問題が起こることはまれです。

(成人の吐き気と嘔吐も参照のこと。)

原因

嘔吐は、毒性物質を飲み込んだときにそれを体外に出すという意味で有益ですが、嘔吐の最も多い原因は病気です。病気といっても多くの場合は比較的無害なものですが、嘔吐が胃や腸の閉塞、頭蓋内の圧力の上昇(頭蓋内圧亢進)など深刻な病気の徴候のことがあります。

一般的な原因

嘔吐で可能性の高い原因は年齢によって異なります。

新生児と乳児における嘔吐の最も一般的な原因は以下のものです。

より年長の小児で最も一般的な原因は以下のものです。

  • ウイルスによる胃腸炎

あまり一般的でない原因

新生児と乳児では、あまり一般的ではないものの、生命を脅かす可能性があるために重要とされる原因がいくつかあります。具体的には以下のものがあります。

  • 胃の出口の狭小化または閉塞(幽門狭窄)、生後3~6週の乳児

  • 腸のねじれ(腸捻転)や狭小化(狭窄)など、先天異常による腸閉塞

  • 腸の一部が一部に滑り込む病気(腸重積症)、生後3カ月~3歳の乳児

食物不耐症、牛乳タンパクアレルギー、ある種のまれな遺伝性の代謝性疾患も新生児と乳児で嘔吐を引き起こします。

より年長の小児と青年では、まれな原因として、深刻な感染症(腎臓の感染症髄膜炎)、急性虫垂炎、頭蓋内の圧力を上昇させる病気(脳腫瘍深刻な頭部外傷など)があります。また青年では原因として、胃食道逆流症や消化性潰瘍疾患食物アレルギー周期性嘔吐症、胃からの排出の遅れ(胃不全麻痺)、妊娠摂食障害有害物質の摂取(大量のアセトアミノフェン、アルコールなど)などがあります。

評価

医師は、脱水があるかどうか、および生命を脅かす病気が原因の嘔吐であるかを見極めることを最初の目標とします。

警戒すべき徴候

以下の症状や特徴には注意が必要です。

  • 嗜眠、ぼんやりする

  • 乳児では、なだめられない状態や易刺激性、頭蓋骨の間の軟らかい部分(泉門)の膨隆

  • より年長の小児では、重度の頭痛、項部硬直(あごを胸に近づけにくくなる状態)、光過敏、発熱

  • 腹痛、腹部の腫れ、またはその両方

  • 予想された通りの発育や発達がみられない乳児での長引く嘔吐

  • 血便

受診のタイミング

嘔吐がみられるすべての新生児と警戒すべき徴候がみられる小児は、直ちに医師の診察を受ける必要があり、また吐物に血液が混じっていたり、吐物がコーヒーかすのように見えたり明るい緑色をしている場合や、最近(1週以内)頭にけがをした場合も同様です。おなかが痛いという状況のすべてが、警戒すべき徴候の腹痛であるとは限りません。しかし嘔吐がなくても、気分が悪そうで、それが数時間続く場合は、おそらく医師の診察を受ける必要があります。

他には、脱水の徴候、特に尿量の減少と、水分の摂取量は緊急に受診する必要があるかを決める助けになります。緊急度は年齢によっていくぶん異なります。乳幼児は年長の小児に比べてすぐに脱水になるからです。一般的に、8時間以上排尿していない、あるいは8時間以上飲みたがらない乳幼児は受診すべきです。

6~8回以上の嘔吐がある場合、24~48時間以上嘔吐が続いている場合、他の症状(せき、発熱、発疹など)がある場合は、医師に電話で相談してください。

数回しか吐いていない(下痢を伴う場合も伴わない場合も)、少しは水分を飲んでいる、嘔吐の他は状態が悪くみえない場合は、受診が必要なことはまれです。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。症状に関する問診と詳しい診察によって、通常、医師は嘔吐の原因を特定できます( 乳児、小児、青年の嘔吐の主な原因と特徴)。

医師は以下のことを質問します。

  • いつ嘔吐が始まりましたか

  • どのくらい頻繁に吐きますか

  • どのようなもの(色も含め)を吐きますか

  • 激しい(噴き出すような)嘔吐ですか

  • どのくらいの量を吐きますか

1日のある特定の時間に起こるか、特定の食物を食べた後に起こるかなどの一定のパターンがあるかを確かめると、疑わしい原因を特定する助けになります。その他の症状(発熱や腹痛など)、排便の状態(回数や硬さ)や排尿状態の情報も、原因を特定する助けになります。

最近の旅行、けがについても尋ね、性的に活動的な青年期の女子には避妊についても尋ねます。

身体診察を行い、疑わしい原因の手がかりがないか調べます。小児が予想された通りに成長し発達しているかに注目します。

icon

乳児、小児、青年の嘔吐の主な原因と特徴

原因

(最も多い原因から、順に記載。)

一般的な特徴*

検査

乳児

通常、下痢(まれに血性)を伴う

ときに発熱

ときに、感染者との最近の接触(託児所など)、ふれあい動物園(大腸菌 Escherichia [E.] coliに感染する可能性のある場所)での動物との最近の接触、爬虫類(サルモネラ菌 Salmonellaに感染している可能性)との最近の接触、加熱調理が不十分な、汚染された食物や汚染された水の最近の摂取

医師の診察

場合により便の検査および培養検査

授乳後に起こる症状、例えばむずかり、溢乳、背中の反り返り、啼泣、またはこれらの組合せ

ときに、横になったときのせき、体重増加不良、またはその両方

医師の診察

ときに、胃酸の産生を抑制する薬の投与(症状が軽くなった場合、おそらく原因は胃食道逆流)

ときに、バリウムを経口投与してから行う上部消化管のX線検査(上部消化管造影検査)

ときに内視鏡検査

幽門狭窄(胃の出口の狭小化または閉塞)

生後3~6週の乳児において授乳直後に毎回起こる激しい(噴き出すような)嘔吐

脱水徴候、やせ、またはその両方

乳児では、空腹そうにみえ、がつがつ飲む

男児に多い(特に第1子の男児)

胃の超音波検査

超音波検査を行えないか、確かな結果が得られない場合は、上部消化管造影検査

消化管の狭小化(狭窄)または閉塞(閉鎖)を引き起こす先天異常

最初の便(胎便と呼ばれる)の排便の遅れ

腹部の膨隆

胆汁を示す明るい緑色か黄色の嘔吐物が生後24~48時間(消化管閉塞の場合)あるいはそれよりもやや後(狭小化のみの場合)にみられる

ダウン症候群の乳児や、乳児の母親が妊娠中に子宮の羊水量が多かった場合に頻度が高い

腹部X線検査

異常があると疑われる場所に応じて、上部消化管造影検査または直腸からバリウムを注入して行う下部消化管X線検査

腸重積(腸の一部が一部に滑り込む病気)

15~20分毎に起こる啼泣(脚を胸に引き寄せることが多い)

その後、腹部触診時の圧痛とイチゴゼリー状の便(血液を含むため)がみられる

典型的には、生後3カ月~3歳の小児

直腸への空気注入(空気注腸)

ときに腹部の超音波検査

回転異常(腸の発育異常のため、位置が異常となり腸がからまる[捻転する]可能性が高いもの)

明るい緑色か黄色の嘔吐物(胆汁を示す)、腹部の膨隆、血便

しばしば、新生児にみられる

腹部X線検査

上部消化管または下部消化管造影検査

発熱と嗜眠

血算

血液、尿、および脳脊髄液の培養検査

小児の呼吸に異常があれば胸部X線検査

下痢や便秘

哺乳不良

体重減少、発育不良、またはその両方

血便

人工乳を変更すると軽くなる症状

ときに、上部消化管内視鏡検査、大腸内視鏡検査、またはその両方

哺乳不良がみられ、予想された通りの発育や発達がみられない(発育不良)

反応の鈍化(嗜眠)

病気によっては、以下のような特徴がみられる:

  • 黄疸

  • 白内障

  • 体や尿の異常な匂い

新生児全例のスクリーニング検査(新生児のかかとを軽く針で刺して採取した少量の血液サンプルを用いて行う)

血液検査(電解質[体の水分バランスを保つのに必要なミネラル]、アンモニア、グルコースの値を測定)

疑われる原因に応じた、その他の検査

小児および青年

通常、下痢(まれに血性)を伴う

ときに発熱

ときに、感染者との最近の接触(託児所、キャンプ、大型客船など)、ふれあい動物園(大腸菌 Escherichia [E.] coliに感染する可能性のある場所)での動物との最近の接触、爬虫類(サルモネラ菌 Salmonellaに感染している可能性)との最近の接触、加熱調理が不十分な、汚染された食物や汚染された水の最近の摂取

医師の診察

場合により便の検査および培養検査

胸やけ

胸痛または上腹部痛

横になったときや食後に悪化する症状

ときに、夜間のせき

医師の診察

胃酸の産生を抑える薬による治療後に軽くなるか解消する症状

ときに上部消化管造影検査

ときに内視鏡検査

胃不全麻痺、すなわち胃内容物の排出遅延(胃がなかなか空にならない)

少し食べただけで満腹感がある

ときに、ウイルスによる最近の病気

医師の診察

口から人工乳または食物を与えた後撮影する上部消化管造影検査またはX線検査(胃排出シンチグラフィー)

特定の食べものを食べた直後に起こる嘔吐

しばしば、じんま疹、唇や舌の腫れ、呼吸困難、喘鳴、腹痛、下痢、またはこれらの組合せ

医師の診察

ときにアレルギー検査

症状が起こらなくなるか確かめるため、特定の食物を避ける

消化管以外の部位の感染症

発熱

しばしば、頭痛、耳の痛み、のどの痛み、頸部リンパ節の腫れ、排尿時痛、わき腹(側腹部)の痛みや鼻水など感染部位を示す症状

医師の診察

ときに、疑われる原因に基づいた検査

最初に、全身のだるさや腹部中央の不快感、続いて右下腹部へ痛みが移動

その後、嘔吐、食欲不振、発熱

腹部の超音波検査またはCT検査

腫瘍やけがによって起こる、頭蓋内の圧力の上昇(頭蓋内圧亢進)

頭痛による夜間の目覚めや起床時の頭痛

次第にひどくなり、せきや排便で悪化する頭痛

ときに、視力の異常、歩行困難、話しにくさ、思考障害

脳のCT検査

健康な時期をはさんで繰り返す嘔吐の発作

しばしば嘔吐に頭痛が合併

しばしば片頭痛の家族歴

医師の診察

ときに、繰り返す嘔吐の他の原因を否定するための検査

体重を減らすためわざとごく少量しか食べない、あるいは過量に食べた(過食)後、自分から吐くか緩下薬を飲む(排出行動)

歯のエナメル質の溶解と、嘔吐を誘発するのに手を使うことによる手の傷

身体像のゆがみ

医師の診察

無月経

つわり、腹部膨満、乳房の圧痛

避妊をしないか避妊が不十分な状態での性行為(多くの青年が否定するが)

尿妊娠検査

毒性物質の摂取(大量のアセトアミノフェンやアルコールなど)

物質によって様々な特徴

しばしば、物質摂取の病歴

物質の濃度を測定するための血液検査

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影、GI = 消化管。

検査

医師は、診察の結果から疑われる原因に基づいて検査を選びます。ほとんどの小児で検査は必要ありませんが、腹部の異常が疑われる場合は画像検査を行うのが一般的です。遺伝性の代謝性疾患が疑われる場合、その病気に特異的な血液検査を行います。

脱水が疑われる場合、電解質(体の水分バランスを保つのに必要なミネラル)を測定する血液検査を行うこともあります。

治療

特定の病気が原因であれば、それを治療します。胃腸炎が原因の嘔吐は、たいてい自然に治まります。

水分補給

小児に水分が十分足りているか確認することが大切です。 通常、水分は口から与えます(小児の脱水を参照)。適切なバランスの電解質を含む経口補水液を使用します。米国内では、薬局やほとんどのスーパーマーケットで経口補水液を処方せんなしで広く手に入れることができます。スポーツドリンク、炭酸飲料、ジュースや類似の飲料物は、ナトリウムがとても少なく炭水化物がとても多く含まれているため、使用すべきではありません。

頻回に嘔吐している小児であっても、少量の水分を何回も与えることには耐えられます。一般的には、小さじ1杯(5mL)を5分毎に与えます。この量を吐かずにいられたら、徐々に量を増やします。辛抱強く励ましてやれば、ほとんどの小児が口から十分な水分を取ることができ、点滴による水分補給(輸液)の必要を避けられます。しかし、重度の脱水や口から十分な水分を摂取できない場合には、輸液が必要です。

抑吐薬

吐き気と嘔吐を抑えるために成人で使用されることが多い薬は、その有用性が証明されていないため、小児では成人ほど頻繁には使用されません。また、このような薬には副作用がある可能性があります。しかし、吐き気または嘔吐が重度であるか、治らない場合には、2歳以上の小児にプロメタジン、プロクロルペラジン、メトクロプラミド、またはオンダンセトロンが投与されることがあります。

食事

十分な水分が補給され嘔吐がなければ、すぐに年齢に応じた食事を与えます。乳児であれば母乳か人工乳を与えます。

要点

  • 通常、嘔吐はウイルスによる胃腸炎で起こり、長く続いたり深刻な病気を引き起こすことはありません。

  • ときに嘔吐が重篤な病気の徴候である場合があります。

  • 下痢が嘔吐に合併する場合、原因はおそらく胃腸炎です。

  • 嘔吐が長引く場合や、警戒すべき徴候(嗜眠、易刺激性、重度の頭痛、腹痛や腹部の腫れ、血性の嘔吐物や明るい緑色か黄色の嘔吐物、血便など)がある場合は、すぐに医師の診断を受けるべきです。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP