Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

乳児と小児の嘔吐

執筆者:

Deborah M. Consolini

, MD, Thomas Jefferson University Hospital

医学的にレビューされた 2020年 6月
プロフェッショナル版を見る
本ページのリソース

嘔吐は、食べたものを自分の意思に反して吐き出してしまうことで、不快感を伴います。乳児では、嘔吐と溢乳(いつにゅう)を区別しなくてはなりません。乳児では授乳中や授乳直後—典型的にはげっぷをさせるときに少量の溢乳がしばしばみられます。 急速に授乳された、空気を飲み込んだ、授乳量が多すぎたことが原因で溢乳が起こりますが、明らかな原因がなくても起こることがあります。嘔吐は一般的には病気が原因で起こります。育児経験のある親は多くの場合、溢乳と嘔吐の違いが分かりますが、初めて育児を行う親は医師や看護師から話を聞く必要があるかもしれません。

嘔吐では水分が失われるため、 脱水 小児の脱水 脱水は体からの水分の喪失であり、通常は嘔吐または下痢が原因です。 脱水は、著しい量の 体内の水分と、様々な程度で 電解質が失われると生じます。 症状には、のどの渇き、活動性の低下、唇や口の中の乾燥、尿量の減少などがあります。 重度の脱水は生命を脅かすことがあります。 脱水の治療には水分と電解質を口から与え、重篤な場合には静脈内投与します。 さらに読む を引き起こすことがあります。嘔吐が止まらないため、あるいは飲みたがらないために、失われた水分を補充するだけの十分な水分を摂取できない場合があります。嘔吐がある小児はたいていの場合食べたがりませんが、食欲不振から問題が起こることはまれです。

原因

嘔吐は、毒性物質を飲み込んだときにそれを体外に出すという意味で有益ですが、嘔吐の最も多い原因は病気です。病気といっても多くの場合は比較的無害なものですが、嘔吐が胃や腸の閉塞、頭蓋内の圧力の上昇(頭蓋内圧亢進)など深刻な病気の徴候のことがあります。

一般的な原因

嘔吐で可能性の高い原因は年齢によって異なります。

新生児と乳児における嘔吐の最も一般的な原因は以下のものです。

より年長の小児で最も一般的な原因は以下のものです。

  • ウイルスによる胃腸炎

あまり一般的でない原因

新生児と乳児では、あまり一般的ではないものの、生命を脅かす可能性があるために重要とされる原因がいくつかあります。具体的には以下のものがあります。

より年長の小児と青年では、まれな原因として、深刻な感染症(腎臓の感染症 腎臓の感染症 腎盂腎炎とは、片方または両方の腎臓に生じた細菌感染症です。 尿路の感染が腎臓に波及する場合と、まれに血流中の細菌が腎臓に感染する場合があります。 症状としては、悪寒、発熱、背部痛、吐き気、嘔吐などがみられます。 腎盂腎炎が疑われる場合は、尿検査、ときに血液検査および画像検査を行います。 感染に対する治療としては抗菌薬が投与されます。 さらに読む 髄膜炎 小児の髄膜炎 細菌性髄膜炎とは、脳と脊髄を覆う膜( 髄膜)に起きる感染症です。 細菌性髄膜炎は、月齢の高い乳児と小児では、通常、呼吸器系に入った細菌が原因になり、新生児では、しばしば血流の細菌感染( 敗血症)から引き起こされます。 年長児や青年では発熱を伴う項部硬直、頭痛、錯乱がみられ、新生児や幼若な乳児では通常、むずかる、食べなくなる、嘔吐するなどの症状が現れます。 診断は、腰椎穿刺と血液検査の結果に基づいて下されます。... さらに読む )、急性 虫垂炎 小児の虫垂炎 虫垂炎とは、虫垂に起こる炎症や感染症です。 硬い便が詰まったり(糞石)、様々な感染に伴い腸のリンパ節が腫れて虫垂をふさいでしまうと、虫垂炎が起こるようです。 痛みは典型的にへそ(臍)の辺りから始まって、右下腹部に移動しますが、広範囲にわたることもあり、痛みから小児が怒りっぽくなったり、元気がなくなったりすることがあります。... さらに読む 小児の虫垂炎 、頭蓋内の圧力を上昇させる病気(脳腫瘍 小児の脳腫瘍の概要 脳腫瘍( 成人の脳腫瘍も参照)は、15歳未満の 小児のがんの中で(白血病の次に)多くみられるがんであり、がんによる死亡の2番目に多い原因です。 小児で最も多くみられる脳腫瘍は 星細胞腫です。次いで多いのが 髄芽腫と 上衣腫です。 脳腫瘍により、頭痛、吐き気、嘔吐、視覚障害、ぼんやりする、協調運動障害、平衡障害などの様々な症状が生じます。 診断は通常、MRI(磁気共鳴画像)検査と生検の結果に基づいて下されます。... さらに読む 深刻な頭部外傷 重症の頭部外傷 頭部外傷の一般的な原因には、転倒や転落、自動車事故、暴行、スポーツやレクリエーション活動中の事故などがあります。 軽症の頭部外傷では頭痛やめまいが起こることがあります。 重症の頭部外傷では、意識を失ったり、脳機能障害の症状が現れたりすることがあります。 重症の頭部外傷かどうかを調べるには、CT(コンピュータ断層撮影)検査を行います。... さらに読む など)があります。また青年では原因として、胃食道逆流症や 消化性潰瘍疾患 小児の消化性潰瘍 消化性潰瘍(かいよう)とは、胃や十二指腸の粘膜が胃酸や消化酵素で侵食されて、円形やだ円形の傷ができた状態をいいます。 潰瘍は胃や十二指腸の粘膜にできます。 小児の症状には、腹部のさしこみ痛や嘔吐などがあります。 診断は内視鏡検査およびときに画像検査に基づきます。 治療は胃酸を減らす薬剤や、ときに抗菌薬により行います。 さらに読む 食物アレルギー 食物アレルギー 食物アレルギーとは特定の食物に対するアレルギー反応です。 代表的な誘因はピーナッツなどのナッツ類、甲殻類、魚、牛乳、卵、小麦、大豆です。 症状は年齢によって変わりますが、発疹、喘鳴、鼻水などで、成人ではときに、さらに重篤な症状が現れます。 皮膚プリックテスト、血液検査、除去食によりアレルギー反応の引き金となる食物を特定できます。 唯一効果的な治療法はその食物を食べないようにすることです。 さらに読む 周期性嘔吐症 あまり一般的でない原因 吐き気は、嘔吐しそうな不快感です。めまい、腹部の漠然とした不快感、食欲不振を感じることもあります。 嘔吐とは、胃の強い収縮によって、胃の内容物が食道に押し上げられて口から出ることです。( 乳児と小児の嘔吐も参照のこと。)嘔吐すると胃が空になり、少なくとも一時的には吐き気がかなり治まることがよくあります。嘔吐は極めて不快で、激しいことがあります。激しい嘔吐では、胃の内容物を1メートル以上飛ばすこともあります(噴出性嘔吐)。嘔吐は逆流とは異... さらに読む 、胃からの排出の遅れ(胃不全麻痺)、 妊娠 避妊と青年期の妊娠 性行為を行う青年が多い一方で、避妊、妊娠、 C型肝炎や ヒト免疫不全ウイルス感染症(HIV)を含む 性感染症について、十分な情報を与えられていないことがあります。青年が衝動的に、計画性なく、薬物やアルコールを摂取しながら性行為を行うと、避妊法や性感染症予防(コンドームなど)を行う可能性が低下します。 ( 青年期の問題に関する序も参照のこと。) 成人が行う 避妊法はいずれも青年が使用できますが、最大の問題は実際に用いるかどうかです。例えば... さらに読む 摂食障害 摂食障害の概要 摂食障害とは、摂食または摂食に関連する行動に異常がみられる精神障害であり、典型的なものとして以下のものが挙げられます。 食べる物または食べる量の変化 食物が吸収されないようにするために取る手段(例えば、意図的に嘔吐する、下剤を使用する) 異常な摂食行動を精神障害とみなすには、その行動が一定期間持続していることに加えて、本人の身体的な健康や... さらに読む 有害物質の摂取 中毒の概要 中毒とは、有害物質を飲み込んだり、吸い込んだり、皮膚や眼、または口や鼻などの粘膜に接触したときに生じる有害作用です。 中毒を起こす可能性のある物質としては、処方薬や市販薬、違法薬物、ガス、化学物質、ビタミン類、食べもの、キノコ類、植物、動物の毒などがあります。 ダメージを与えない毒物もありますが、重度の損傷を引き起こし、死をもたらす毒物も... さらに読む (大量の アセトアミノフェン アセトアミノフェン中毒 アセトアミノフェンを含有する製品を何種類も服用することによって、中毒を起こす場合があります。 血液中のアセトアミノフェンの量により、まったく症状がない場合から、嘔吐や腹痛、肝不全、さらには死に至る場合まであります。 血液中のアセトアミノフェン量と肝機能検査の結果に基づいて診断されます。 アセチルシステインを投与してアセトアミノフェンの毒性を低下させます。 ( 中毒の概要も参照のこと。) さらに読む 鉄中毒 症状は段階的に発生し、嘔吐、下痢、腹痛から始まります。 数日後に肝不全が発生することがあります。 鉄中毒は、患者の病歴、症状、鉄の血中濃度に基づいて診断されます。 鉄中毒の患者は入院する必要があります。 ( 中毒の概要も参照のこと。) さらに読む 、アルコールなど)などがあります。

評価

医師は、脱水があるかどうか、および生命を脅かす病気が原因の嘔吐であるかを見極めることを最初の目標とします。

警戒すべき徴候

以下の症状や特徴には注意が必要です。

  • 嗜眠、ぼんやりする

  • 乳児では、なだめられない状態や易刺激性、頭蓋骨の間の軟らかい部分(泉門)の膨隆

  • より年長の小児では、重度の頭痛、項部硬直(あごを胸に近づけにくくなる状態)、光過敏、発熱

  • 腹痛、腹部の腫れ、またはその両方

  • 予想された通りの発育や発達がみられない乳児での長引く嘔吐

  • 血便

受診のタイミング

嘔吐がみられるすべての新生児と警戒すべき徴候がみられる小児は、直ちに医師の診察を受ける必要があり、また吐物に血液が混じっていたり、吐物がコーヒーかすのように見えたり明るい緑色をしている場合や、最近(1週以内)頭にけがをした場合も同様です。おなかが痛いという状況のすべてが、警戒すべき徴候の腹痛であるとは限りません。しかし嘔吐がなくても、気分が悪そうで、それが数時間続く場合は、おそらく医師の診察を受ける必要があります。

他には、脱水の徴候、特に尿量の減少と、水分の摂取量は緊急に受診する必要があるかを決める助けになります。緊急度は年齢によっていくぶん異なります。乳幼児は年長の小児に比べてすぐに脱水になるからです。一般的に、8時間以上排尿していない、あるいは8時間以上飲みたがらない乳幼児は受診すべきです。

6~8回以上の嘔吐がある場合、24~48時間以上嘔吐が続いている場合、他の症状(せき、発熱、発疹など)がある場合は、医師に電話で相談してください。

数回しか吐いていない(下痢を伴う場合も伴わない場合も)、少しは水分を飲んでいる、嘔吐の他は状態が悪くみえない場合は、受診が必要なことはまれです。

医師が行うこと

医師はまず、症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。症状に関する問診と詳しい診察によって、通常、医師は嘔吐の原因を特定できます(乳児、小児、青年の嘔吐の主な原因と特徴 乳児、小児、青年の嘔吐の主な原因と特徴 乳児、小児、青年の嘔吐の主な原因と特徴 )。

医師は以下のことを質問します。

  • いつ嘔吐が始まりましたか

  • どのくらい頻繁に吐きますか

  • どのようなもの(色も含め)を吐きますか

  • 激しい(噴き出すような)嘔吐ですか

  • どのくらいの量を吐きますか

1日のある特定の時間に起こるか、特定の食物を食べた後に起こるかなどの一定のパターンがあるかを確かめると、疑わしい原因を特定する助けになります。その他の症状(発熱や腹痛など)、排便の状態(回数や硬さ)や排尿状態の情報も、原因を特定する助けになります。

最近の旅行、けがについても尋ね、性的に活動的な青年期の女子には避妊についても尋ねます。

身体診察を行い、疑わしい原因の手がかりがないか調べます。小児が予想された通りに成長し発達しているかに注目します。

検査

医師は、診察の結果から疑われる原因に基づいて検査を選びます。ほとんどの小児で検査は必要ありませんが、腹部の異常が疑われる場合は画像検査を行うのが一般的です。遺伝性の代謝性疾患が疑われる場合、その病気に特異的な血液検査を行います。

脱水が疑われる場合、電解質(体の水分バランスを保つのに必要なミネラル)を測定する血液検査を行うこともあります。

治療

特定の病気が原因であれば、それを治療します。胃腸炎が原因の嘔吐は、たいてい自然に治まります。

水分補給

小児に水分が十分足りているか確認することが大切です。 通常、水分は口から与えます(小児の脱水 小児の脱水 脱水は体からの水分の喪失であり、通常は嘔吐または下痢が原因です。 脱水は、著しい量の 体内の水分と、様々な程度で 電解質が失われると生じます。 症状には、のどの渇き、活動性の低下、唇や口の中の乾燥、尿量の減少などがあります。 重度の脱水は生命を脅かすことがあります。 脱水の治療には水分と電解質を口から与え、重篤な場合には静脈内投与します。 さらに読む を参照)。適切なバランスの電解質を含む経口補水液を使用します。米国内では、薬局やほとんどのスーパーマーケットで経口補水液を処方せんなしで広く手に入れることができます。スポーツドリンク、炭酸飲料、ジュースや類似の飲料物は、ナトリウムがとても少なく炭水化物がとても多く含まれているため、使用すべきではありません。

頻回に嘔吐している小児であっても、少量の水分を何回も与えることには耐えられます。一般的には、小さじ1杯(5mL)を5分毎に与えます。この量を吐かずにいられたら、徐々に量を増やします。辛抱強く励ましてやれば、ほとんどの小児が口から十分な水分を取ることができ、点滴による水分補給(輸液)の必要を避けられます。しかし、重度の脱水や口から十分な水分を摂取できない場合には、輸液が必要です。

抑吐薬

吐き気と嘔吐を抑えるために成人で使用されることが多い薬は、その有用性が証明されていないため、小児では成人ほど頻繁には使用されません。また、それらの薬剤には、眠気、めまい、頭痛、便秘などの副作用がある場合があります。しかし、吐き気または嘔吐が重度であるか、治らない場合には、2歳以上の小児にプロメタジン、プロクロルペラジン、メトクロプラミド、またはオンダンセトロンが投与されることがあります。

食事

十分な水分が補給され嘔吐がなければ、すぐに年齢に応じた食事を与えます。乳児であれば母乳か人工乳を与えます。

要点

  • 通常、嘔吐はウイルスによる胃腸炎で起こり、長く続いたり深刻な病気を引き起こすことはありません。

  • ときに嘔吐が重篤な病気の徴候である場合があります。

  • 下痢が嘔吐に合併する場合、原因はおそらく胃腸炎です。

  • 嘔吐が長引く場合や、警戒すべき徴候(嗜眠、易刺激性、重度の頭痛、腹痛や腹部の腫れ、血性の嘔吐物や明るい緑色か黄色の嘔吐物、血便など)がある場合は、すぐに医師の診断を受けるべきです。

プロフェッショナル版を見る
プロフェッショナル版を見る
quiz link

Test your knowledge

Take a Quiz! 
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP