Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

小児における細菌感染症の概要

執筆者:

Geoffrey A. Weinberg

, MD, Golisano Children’s Hospital

最終査読/改訂年月 2018年 1月
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
本ページのリソース

知っていますか?

  • すべての細菌が病気や感染症を引き起こすわけではありません。

小児に最も多くみられる細菌感染症は、皮膚感染症( 膿痂疹 膿痂疹と膿瘡 膿痂疹(のうかしん)とは、黄色ブドウ球菌 Staphylococcus aureus、化膿レンサ球菌 Streptococcus pyogenes、またはこの両方によって引き起こされる皮膚感染症で、黄色いかさぶた(痂皮[かひ])を伴ったびらんができるほか、ときに黄色い液体が詰まった小水疱ができることもあります。... さらに読む 膿痂疹と膿瘡 [のうかしん]など)、 耳の感染症 幼児における中耳の感染症の概要 中耳の感染症(中耳炎)は鼓膜のすぐ奥の空間(中耳)の感染症です。 中耳の感染症(中耳炎)は年長児や成人( 急性中耳炎を参照)にも起こりますが、生後3カ月から3歳の小児に極めてよくみられます。中耳の感染症はかぜ(感冒)とほぼ同程度によくある病気です。以下のようないくつかの理由から、幼児は特に中耳炎にかかりやすい状態にあります。... さらに読む 、のどの感染症( レンサ球菌性咽喉頭炎 のどの痛み のどの痛みとは、のどの奥に生じる痛みのことです。痛みは激しいこともあり、通常はものを飲み込んだときに強くなります。のどの痛みがある人の多くは、食べたり飲んだりするのを拒みます。ときに、耳にも痛みを感じることがあります(のどの奥に向かう神経は、耳に通じる神経のごく近くを通っています)。... さらに読む のどの痛み )です。これらの感染症と、あまり発生率の高くない多くの細菌感染症については、治療法が成人と小児で共通しているため、別の箇所で説明しています。どの年齢でも発生する感染症であっても、小児の場合には特別な配慮が必要なものもあります。また、いくつかの重い細菌感染症は、 定期予防接種 小児期の予防接種スケジュール 米国では、ほとんどの医師は米国疾病予防管理センター(CDC—乳児・小児用スケジュール[schedule for infants and children]および年長児・青年用スケジュール[schedule for older children and adolescents]を参照)が推奨している予防接種スケジュールに基づいて予防接種を行... さらに読む を小児期早期に受ければ予防できます。

小児の細菌感染症のリスク

診断

  • 血液、体液、または組織サンプルの検査

  • 培養検査

細菌感染症は典型的な症状によって診断できることもありますが、通常は組織、血液、尿、膿、脳脊髄液(髄液)などの体液のサンプルを採取して細菌を特定しなければなりません。これらのサンプルを顕微鏡で観察したり迅速検出検査(特定の細菌由来の遺伝物質を調べるための検査など)を行ったりすることで細菌が検出できる場合もありますが、通常は、細菌が少なすぎたり小さすぎたりして見つからないため、検査室での増殖(培養検査)が必要とされます。細菌の培養には一般的には24~48時間かかります。

細菌を培養すれば、様々な抗菌薬に対する細菌の感受性を調べることもできるため、感染した小児の治療に使う薬を医師が判断する際に役立ちます。

予防

  • 定期予防接種

小児の多くの細菌感染症は、 推奨されている予防接種スケジュール 小児期の予防接種スケジュール 米国では、ほとんどの医師は米国疾病予防管理センター(CDC—乳児・小児用スケジュール[schedule for infants and children]および年長児・青年用スケジュール[schedule for older children and adolescents]を参照)が推奨している予防接種スケジュールに基づいて予防接種を行... さらに読む に従うことで予防できます。多くのウイルス感染症( 麻疹[はしか] 麻疹(はしか) 麻疹は非常に感染力の強いウイルス感染症で、様々な症状と特徴的な発疹が現れます。 麻疹の原因はウイルスです。 症状としては、発熱、鼻水、頻発する空せき、目の充血、かゆみを伴う赤い発疹などがみられます。 診断は、典型的な症状と特徴的な発疹に基づいて下されます。 ほとんどの小児が回復しますが、まれに麻疹により死亡したり脳に損傷が生じたりすること... さらに読む 麻疹(はしか) ポリオ ポリオ ポリオとは、非常に感染性が強く、死に至ることのあるエンテロウイルス感染症で、神経を侵して永久的な筋力低下や麻痺などの症状が生じます。 ポリオはウイルスが原因で生じる病気で、通常は汚染された食べものや水を飲食したり、汚染されたものを触った後にその手で口に触れたりすることで感染します。... さらに読む 、A型およびB型 肝炎 肝炎の概要 肝炎は肝臓の炎症です。 肝炎は世界中でみられる病気です。 肝炎には以下の種類があります。 急性(経過が短い) さらに読む )も、定期予防接種で予防が可能です(訳注:A型肝炎は日本では任意接種です[2016年10月現在、https://www.niid.go.jp/niid/ja/schedule.html])。

定期予防接種で予防できる細菌感染症*

治療

重篤になるおそれのある特定の小児感染症に対しては、培養検査の結果が得られる前に、抗菌薬による治療を開始することもあります。培養検査の結果が得られたら、必要に応じてその抗菌薬の使用を継続したり薬を変更したりします。細菌が発見されなければ抗菌薬の使用を中止することがあります。

プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
プロフェッショナル版で 同じトピックをみる
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
ANDROID iOS
TOP