Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

突発性発疹

(小児ばら発疹、偽性風疹)

執筆者:

Brenda L. Tesini

, MD, University of Rochester School of Medicine and Dentistry

最終査読/改訂年月 2018年 3月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

突発性発疹とは、乳児や年少の幼児に起こるウイルス感染症で、高熱に続いて発疹が出ます。

  • 突発性発疹の原因はヒトヘルペスウイルス6型です。

  • 典型的な症状は突然始まる高熱で、熱が正常まで下がった後に発疹が出ることもあります。

  • 診断は症状と小児の年齢に基づいて下されます。

  • 治療の目標は症状を緩和することです。

突発性発疹は年間を通じて発生しますが、春と秋に特によくみられます。ときには小規模の局地的な流行が起こります。通常はヘルペスウイルス6型が原因で、これはたくさんあるヒトヘルペスウイルスの一種です。たいていは生後6カ月から3歳の小児に発生します。

症状

感染の約5~15日後に症状が現れ始め、39.5~40.5℃の熱が突然出て3~5日間続きます。小児の5~15%では高熱によるけいれんが起き、特に熱が出て急速に高熱となる際に起こります。しかし熱が高くても、小児は意識がはっきりしていて活発であるのが通常です。少数の小児では、軽い鼻水、のどの痛み、胃の不調がみられます。頭の後ろ、首の横、耳の後ろのリンパ節が腫れることがあります。熱は通常、4日目に下がります。

突発性発疹にかかった小児の約30%は、熱が下がってから数時間後、遅くとも1日以内に発疹が現れます。発疹は赤く平坦です。ほとんどは胸と腹部にでき、顔や腕、脚にはあまり広がりません。かゆみはなく、数時間から2日で消えます。

診断

  • 医師による評価

生後6カ月から3歳の小児に典型的な症状(特に発熱が消失した後に出る発疹)がみられた場合、突発性発疹が疑われます。検査が行われることはまれですが、血液検査によって突発性発疹の診断を確定することができます。

治療

  • 症状を緩和するため、発熱に対してアセトアミノフェンやイブプロフェン

発熱に対してはアセトアミノフェンかイブプロフェンを投与します。けいれんと発疹のための特別な治療は一切必要ありませんが、驚いた親がたいてい病院に連れてきて診察を受けさせます。

免疫機能が低下している小児に重い症状がみられる場合は、抗ウイルス薬のホスカルネットまたはガンシクロビルによる治療を試みることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP