Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

腟の真菌感染症(腟カンジダ症)

執筆者:

Oluwatosin Goje

, MD, MSCR, Cleveland Clinic, Lerner College of Medicine of Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

腟にカンジダ Candidaという真菌(通常はカンジダ・アルビカンス Candida albicans)が感染すると、カンジダ症と呼ばれる真菌感染症になります。

  • 妊娠、糖尿病、または免疫機能の低下があると、真菌感染症のリスクが高まります。

  • 腟や外陰部にかゆみが生じることがあり、多くは、カッテージチーズ状の濃く白色の分泌物がみられます。

  • 症状から腟感染症が疑われる場合は、おりもののサンプルを検査するか、子宮頸部の分泌液のサンプルを検査して、感染症を引き起こす微生物の有無を調べます。

  • 抗真菌薬のクリーム、腟坐薬、錠剤、カプセル剤が有効です。

腟感染症の概要も参照のこと。)

原因

妊娠可能年齢の女性では、カンジダ・アルビカンス Candida albicansが原因で生じる真菌感染症が特によくみられます。この真菌は皮膚表面や腸管内に常在している菌です。これが腟に広がることがあります。真菌感染症は性行為によって感染しません。

腟の真菌感染症は以下の女性で発生する可能性が高くなります。

  • 妊婦

  • 糖尿病がある

  • 薬剤(コルチコステロイド、化学療法薬など)や病気(エイズなど)によって免疫系の働きが抑制されている

  • 子宮内避妊器具(IUD)を使用している

  • 通気性の悪い、きつい下着を着用している

  • 抗菌薬を使用している

抗菌薬の内服薬は、真菌の増殖を抑えている腟内常在細菌を殺してしまう傾向があります。このため、抗菌薬を使用すると、真菌感染症の発生リスクが高まります。

真菌感染症は月経の直前に発症しやすくなります。

閉経後には、ホルモン療法を受けていない限り、真菌感染症はめったに起こりません。

腟の真菌感染症が、男性のセックスパートナーに感染することはまれです。

症状

腟や外陰部にかゆみや灼熱感が生じることがあり、特に性交中に強くなります。性器周辺が赤く腫れることもあります。白いおりものがみられることもあり、多くはカッテージチーズ状のネバネバした分泌物です。

真菌感染症の症状は月経が開始する前の週に悪化することがあります。

知っていますか?

  • 真菌感染症は性行為によって感染する病気ではありません。

  • 抗菌薬を服用すると真菌感染症のリスクが高まります。

診断

  • 医師による評価

  • おりものや子宮頸部の分泌液の検査

女性に普段と異なる分泌物や数日以上続く分泌物がみられる場合や、ほかに腟の症状がある場合は、医師の診察を受ける必要があります。

医師は、しばしばカッテージチーズ状のネバネバした白色の分泌物といった症状から、真菌感染症を疑います。そして分泌物、他の症状、考えられる原因(糖尿病、他の病気、抗菌薬またはホルモン剤の使用など)、衛生状態について質問します。

診断を確定するには、内診を行います。腟の診察時には、分泌物があれば綿棒でサンプルを採取し、サンプルを顕微鏡で調べるほか、ときに培養検査(培地の中で微生物を増殖させる検査)も行います。通常はこれらの診察からの情報に基づき、症状を引き起こしている微生物を特定することができます。

多くの場合、子宮頸部(子宮の下部で腟につながっている部分)の分泌液についても、綿棒でサンプルを採取します。このサンプルは性感染症の検査に使用します。

予防

真菌感染症のリスクが高い女性では、予防のために抗真菌薬の内服が必要になることがあります。以下のような女性がこれに該当します。

  • 糖尿病がある

  • 抗菌薬を長期にわたり内服する必要がある

  • 真菌感染症を繰り返している(特に免疫機能が低下している場合)

外陰部を清潔に保ち、空気を循環させるゆったりとした吸収性の良い綿の衣類を着用することで、真菌の増殖を促す外陰部の蒸れが減少し、真菌の増殖を防ぐのに役立ちます。

治療

  • 抗真菌薬

真菌感染症の治療には抗真菌薬を使用します。抗真菌薬の使用には以下の方法があります。

  • クリームとして患部に塗布する

  • 腟坐薬として腟に挿入する

  • 内服する

ブトコナゾール(butoconazole)やクロトリマゾール、ミコナゾール、チオコナゾールは処方せんがなくても購入できます。こうした薬のクリームに含まれる油分や、軟膏タイプの薬剤はラテックス製のコンドームを弱くする作用があるため、これらの薬剤を使用している場合はコンドームは避妊法として信頼できません(ただし、ラテックス製のペッサリーを弱くすることはありません)。

フルコナゾールやイトラコナゾールをはじめとする抗真菌薬の内服薬は、処方せんが必要です。フルコナゾールの内服薬は、1回の服用でクリームや軟膏と同様の効果が得られます。ただし再発を繰り返す場合は、数回の服用が必要になります。

icon

腟の真菌感染症の治療に用いられる薬剤

用法

処方せんが不要のクリーム、ゲル剤、坐薬

ブトコナゾール(butoconazole

徐放性クリームを1回だけ塗布する。

クロトリマゾール

クリームを1日1回、強さ(有効成分の濃度)により7~14日間または3日間塗布する。

ミコナゾール

クリームを1日1回、強さ(有効成分の濃度)により7日間または3日間塗布する。

腟坐薬は強さ(有効成分の濃度)により、1日1回、7日間、3日間、あるいは1回だけ挿入する。

チオコナゾール

軟膏を1回だけ塗付する。

処方せんが必要な内服薬

フルコナゾール

錠剤を1回だけ服用する。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
医学事典MSDマニュアル モバイルアプリ版はこちら! ANDROID iOS
TOP