Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

子宮頸管炎

執筆者:

Oluwatosin Goje

, MD, MSCR, Cleveland Clinic, Lerner College of Medicine of Case Western Reserve University

最終査読/改訂年月 2018年 5月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

子宮頸管炎は、子宮頸部(子宮の下部で腟につながっている細い部分)に生じる炎症で、感染または別の病気によって発生します。

  • 子宮頸管炎はしばしば性感染症が原因ですが、他の病気が原因のこともあります。

  • 最もよくみられる症状は、普段と違うおりものや月経期以外または性交後の性器出血ですが、症状がみられないこともあります。

  • 症状から子宮頸部感染症が疑われる場合は、綿棒で子宮頸部からサンプルを採取し、感染症を引き起こす微生物の有無を検査します。

  • 多くの場合、患者には最も一般的な原因であるクラミジア感染症と淋菌感染症に効果のある抗菌薬をまず投与します。

子宮頸管炎では、感染が子宮頸部から上方に拡大して子宮内膜が侵され子宮内膜炎に至る場合や、他の生殖器が侵されて骨盤内炎症性疾患が発生する場合があります。

原因

子宮頸管炎を突然発症した場合は通常、感染が原因です。長期間罹患している(慢性の)場合は通常、原因は感染ではありません。

一般的に子宮頸管炎の原因になる感染症には、以下の性感染症が含まれます。

  • クラミジア・トラコマチス Chlamydia trachomatisという細菌によるクラミジア感染症(最も多い)

  • 淋菌 Neisseria gonorrhoeaeという細菌による淋菌感染症(2番目に多い)

  • 単純ヘルペスウイルスによる性器ヘルペス

  • 性器マイコプラズマ Mycoplasma genitaliumという細菌による感染症

腟感染症(細菌性腟症トリコモナス腟炎など)により子宮頸部も侵されることがあります。しばしば、子宮頸管炎を起こしている微生物は特定できません。

感染症以外の要因が子宮頸管炎の原因になることもあります。具体的には以下のものがあります。

  • 婦人科処置

  • 腟内に長期間入っている異物(ペッサリーなど)

  • 腟洗浄液や避妊クリームに含まれる化学物質

  • ラテックス製コンドーム(ラテックスアレルギーの場合)

症状

子宮頸管炎は症状を引き起こさないこともあります。症状がある場合、最もよくみられるのは普段と違う(ときに黄緑色で膿状の)おりものおよび月経期以外または性交後の性器出血です。性交時や排尿時、またはその両方で痛みを感じる人もいます。腟の開口部の周辺や腟に発赤や刺激感がみられることもあります。

子宮頸管炎の原因によっては他の症状も起こります。例えば、原因が骨盤内炎症性疾患または単純ヘルペスウイルス感染症であれば、発熱や下腹部痛がみられます。

再感染がよくみられます。

診断

  • 医師による評価

  • 子宮頸部から採取したサンプルの検査

普段と違うおりものが続く場合や、月経期以外の性器出血または性交時の痛みがある場合は、医師の診察を受ける必要があります。しかし、子宮頸管炎はしばしば無症状であるため、普段の内診の際に診断されることもあります。

症状から子宮頸管炎が疑われる場合は、内診を行います。子宮頸部の分泌物を調べるとともに、綿棒で子宮頸部に触れて出血しやすくなっていないか確認します。膿状の分泌物がみられ、子宮頸部が出血しやすくなっていれば、子宮頸管炎の可能性が高くなります。

症状から骨盤内炎症性疾患が示唆される場合、綿棒を用いて子宮頸部からサンプルを採取し、性感染症(淋菌感染症、クラミジア感染症、トリコモナス(Trichomonas)感染症など)または細菌性腟症の原因になる微生物を検査します。

治療

  • 通常、まず抗菌薬による治療

  • 感染症の原因が単純ヘルペスウイルスの場合、抗ウイルス薬

子宮頸管炎を急に発症した場合、ほとんどの患者にクラミジア感染症と淋菌感染症に有効な抗菌薬を投与します。特に、性感染症の危険因子(年齢が25歳未満である、新しいまたは複数のセックスパートナーがいる、無防備な性行為を行っているなど)がある場合はこの治療を行います。

子宮頸管炎では以下の治療を行います。

  • クラミジア感染症:検査結果が得られるまでアジスロマイシンまたはドキシサイクリンの内服

  • 淋菌感染症:セフトリアキソンの筋肉内注射1回に加え、アジスロマイシンを1回内服

原因が特定されれば、それに応じて医師は薬剤を調整します。

原因が細菌による性感染症であれば、セックスパートナーも同時に検査と治療を受ける必要があります。自身とセックスパートナーの感染症が根治するまでは性交を控える必要があります。

単純ヘルペスウイルスが原因の場合、感染は通常生涯続きます。抗ウイルス薬により感染症のコントロールはできますが、治癒は得られません。

3~6カ月の治療を行った後、すべての患者を再び検査し、感染症が完治したか、あるいはコントロールできているかを確認します。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP