Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

妊娠中の病気についての概要

執筆者:

Lara A. Friel

, MD, PhD, University of Texas Health Medical School at Houston, McGovern Medical School

最終査読/改訂年月 2020年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

妊娠中は、病気にかかっていると問題が発生するリスクが高まります。病気の例として以下のようなものが考えられます。

  • 女性が妊娠する前からかかっている病気(既存疾患)

  • 妊娠中に発症し、妊娠とは直接関連のない病気

  • 妊娠中に発症しやすくなる病気

糖尿病高血圧は、妊娠中に問題が生じるリスクが高まる既存疾患の例です。このような病気がある女性が妊娠を望む場合、まず医師に相談し、妊娠する前からできるだけ体調を整えておくべきです。こうした女性が妊娠すると、しばしば多分野の専門家で構成された集学的チームによる特別なケアが必要になります。チームは、産科医、問題の病気の専門医(同じ産科医が妊娠中のその病気のケアを専門としている場合もある)、およびその他の医療従事者(栄養士など)で構成されます。

妊娠中に妊娠とは直接関連のない病気にかかることもあります。中には、母体や胎児に問題が生じるリスクが高くなる病気もあります。例えば、以下のような病気です。

妊娠した女性の体には様々な変化が生じるため、妊娠中に発生する可能性が高くなる病気もあります。例えば、以下のものがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP