Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

honeypot link

妊娠中の喘息

執筆者:

Lara A. Friel

, MD, PhD, University of Texas Health Medical School at Houston, McGovern Medical School

最終査読/改訂年月 2020年 4月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します

妊娠が喘息に与える影響は様々です。妊娠すると、症状が改善することより悪化することの方がわずかに多くなりますが、妊婦が重度の喘息発作を起こすことはほとんどありません。

喘息も参照のこと。)

喘息が妊娠に与える影響も様々です。喘息が重度でコントロール不良の場合、以下のリスクが上昇します。

治療

  • 吸入気管支拡張薬および吸入コルチコステロイド

妊娠中は喘息の症状が変化することがあるため、ピークフローメーターを使って自分の呼吸の状態を普段よりこまめにモニタリングするよう、医師から指示されることがあります。喘息の妊婦は定期的に主治医の診察を受け、必要に応じて治療を調整できるようにします。喘息をうまくコントロールすることが大切です。治療が不十分であると、深刻な問題が生じる可能性があります。

吸入気管支拡張薬(サルブタモールなど)やコルチコステロイドの吸入薬(ブデソニドなど)は妊娠中も使用できます。吸入薬は主に肺に作用するため、内服した場合と比べて全身や胎児に影響する可能性は低くなります。テオフィリン(内服)は、妊娠中は通常使用されません。

コルチコステロイドの内服は、他の治療薬の効果がなかった場合にのみ行います。喘息が急に悪化した場合、24~48時間コルチコステロイドを静脈内投与した後、経口投与します。

インフルエンザの流行期にインフルエンザの予防接種を受けることは、喘息のある妊婦には特に重要です。

知っていますか?

  • インフルエンザの流行期にインフルエンザの予防接種を受けることは、喘息のある妊婦には非常に重要です。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP