Msd マニュアル

Please confirm that you are not located inside the Russian Federation

読み込んでいます

妊娠前半にみられる吐き気と嘔吐

執筆者:

Geeta K. Swamy

, MD, Duke University Medical Center;


R. Phillip Heine

, MD, Duke University Medical Center

最終査読/改訂年月 2018年 7月
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
本ページのリソース

妊婦の最大80%に、ある程度の吐き気や嘔吐が生じます。吐き気や嘔吐は妊娠の第1トリメスター(訳注:日本の妊娠初期にほぼ相当)に最も多くみられ、最も重くなります。一般的に早朝嘔吐(つわり)といわれますが、症状は1日のうちどの時間帯にも起こる可能性があります。症状は軽いものから重いものまで様々です。

妊娠悪阻は妊娠に関連した嘔吐で、重く、継続するものをいいます。妊娠悪阻の女性は嘔吐がひどく、体重が減少し、脱水を起こします。このような場合、体にエネルギーを供給できるだけの十分な食事をとれないことがあります。すると体が脂肪を分解し、その老廃物(ケトン体)が蓄積するケトーシスという状態が生じます。ケトーシスは疲労、口臭、めまいなどの症状を引き起こします。妊娠悪阻の女性ではしばしば、ひどい脱水により、体の正常な機能を維持するために必要である電解質のバランスが崩れます。

嘔吐が時折あっても、体重が増加していて脱水もない場合は、妊娠悪阻ではありません。つわりと妊娠悪阻は、第2トリメスター(訳注:日本の妊娠中期にほぼ相当)の間に治まる傾向にあります。

原因

妊娠中の吐き気や嘔吐は通常、妊娠に関連しています。しかしときに、妊娠に関連のない病気から生じることもあります。

一般的な原因

吐き気と嘔吐の最も一般的な原因は以下のものです。

  • つわり(最も一般的な原因)

  • 妊娠悪阻

  • 胃腸炎(消化管の感染症)

妊娠中になぜつわりや妊娠悪阻が起こるのかは、分かっていません。しかし、妊娠の早期に胎盤から分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)と、妊娠の維持を助ける エストロゲンという2種類のホルモンが妊娠中に増加するために、これらの症状が起こる可能性があります。妊娠悪阻の女性では、 エストロゲンの血中濃度が特に高くなっています。また、 プロゲステロンなどのホルモン(妊娠中に継続的に分泌される)が胃の内容物の動きを遅くすることが、吐き気や嘔吐の一因になっている可能性もあります。

心理的な要因も関わっている可能性があります。

あまり一般的でない原因

鉄分が含まれた妊婦用ビタミン剤が吐き気を引き起こすことがあります。まれに、胞状奇胎(胎盤の組織が過剰に増殖したもの)が原因で重度で持続する嘔吐が起こることがあります。

妊娠に関連のない原因としては以下のものがあります。

ただし、これらの病気は通常、腹痛や頭痛などのより明らかな他の症状を引き起こします。

評価

医師はまず、吐き気や嘔吐が重篤な病気によって生じているのかどうか判断を試みます。つわりおよび妊娠悪阻は、他の原因が除外された場合にのみ診断されます。

警戒すべき徴候

嘔吐がみられる場合は、以下の症状に注意が必要です。

  • 腹痛

  • 尿量の減少、発汗の減少、のどの渇きが強くなる、口腔乾燥、動悸、めまいなどの脱水の徴候

  • 発熱

  • 血が混じっている、暗褐色(コーヒーかすに類似)、または緑色の嘔吐物

  • 妊娠24週以降で、胎動がなくなる

  • 錯乱、体の片側の筋力低下やしびれ、発語障害、視覚障害、または反応の鈍化(脳内出血を示唆する症状)

  • 持続または悪化する嘔吐

受診のタイミング

警戒すべき徴候がみられる女性は、直ちに医師の診察を受ける必要があり、嘔吐が特にひどい場合や悪化する場合も同様です。

警戒すべき徴候がない女性は、主治医に相談するべきです。そうすれば、症状の性質と重さに基づいて、診察を受ける必要があるのか、その場合どれくらい早急に受けるべきかという判断を医師が助けることができます。吐き気や嘔吐が軽度から中等度の場合や、体重減少がない、あるいは摂取した水分をとどめておける女性は、症状が悪化しない限り受診の必要はない場合もあります。

医師が行うこと

医師は症状と病歴について質問します。次に身体診察を行います。病歴聴取と身体診察で得られた情報から、多くの場合、原因と必要になる検査を推測することができます(表「妊娠前半にみられる吐き気と嘔吐の主な原因と特徴」を参照)。

医師は嘔吐について以下のことを質問します。

  • いつ始まったか

  • どのくらい続くか

  • 1日に何回嘔吐するか

  • 嘔吐により和らぐもの、または悪化するものはあるか

  • 嘔吐物の様子

  • 嘔吐物の量

他の症状(特に腹痛、下痢、便秘)があるどうかや、症状が妊婦自身や家族にどのように影響しているか(仕事や子どもの世話ができているか)についても質問があります。過去の妊娠時の嘔吐、腹部の手術歴、嘔吐の一因となりうる薬剤の使用についても質問されます。

身体診察では、医師はまず、極度の低血圧または高血圧、発熱、錯乱、反応の鈍化などの重篤な病気の徴候がないか確認します。内診を行って、胞状奇胎やその他の異常の徴候がないか確認します。

こうした情報は、嘔吐が妊娠によるものなのか、関連のない別の病気によるものなのかを判断するのに役立ちます。例えば以下の場合、嘔吐はおそらく妊娠によって生じています。

  • 第1トリメスター(訳注:日本の妊娠初期にほぼ相当)に始まる

  • 数日から数週間続く、または繰り返す

  • 腹痛を伴わない

以下の場合、嘔吐はおそらく別の病気によって生じています。

  • 第1トリメスターより後に始まる

  • 腹痛、下痢、またはその両方を伴う

icon

妊娠前半にみられる吐き気と嘔吐の主な原因と特徴

原因

一般的な特徴*

検査

妊娠に関連するもの(産科)

つわり

現れたり治まったりし、一日中様々な時間に起こる軽度の吐き気や嘔吐で、主に第1トリメスター(訳注:日本の妊娠初期にほぼ相当)にみられる

医師の診察

頻繁で持続する吐き気や嘔吐

十分な水分や食物、または両方を摂取できない

通常、尿量の減少、発汗の減少、口腔乾燥、のどの渇きが強くなる、動悸、めまいなどの脱水の徴候

体重減少

血液検査により電解質濃度、血中尿素窒素(BUN)、およびクレアチニンを測定し、脱水および化学物質の不均衡の徴候を確認する

尿検査によりケトン体を測定する(ケトン体は十分な食物を摂取できず、体がエネルギーのために脂肪を分解する際に生じる)

嘔吐が持続する場合、場合により肝臓の評価のための血液検査(肝機能検査)および骨盤内超音波検査

胞状奇胎(胎盤の組織が過剰に増殖したもの)

予想される以上に大きい子宮

第2トリメスター(訳注:日本の妊娠中期にほぼ相当)に胎児の心拍および胎動が認められない

ときに高血圧、足または手のむくみ、性器出血、ブドウの房状の組織の排出

血圧の測定

血液検査によりヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG―妊娠の早期に胎盤から分泌されるホルモン)を測定

骨盤内超音波検査

子宮内に妊娠が認められない場合、生検

妊娠に関連のないもの

急に始まる嘔吐、通常は下痢を伴う

感染した人または動物との最近の接触、加熱調理が不十分で汚染された食物または汚染された水の最近の摂取

医師の診察

場合により便の検査および培養

通常は過去に腹部を手術したことがある女性で、急に生じる症状

腹部のけいれん痛と膨隆

腹部のX線検査および超音波検査

場合によりCT検査(X線検査と超音波検査の結果がはっきりしない場合)

尿路感染症または腎臓の感染症(腎盂腎炎)

尿意を感じる回数の増加(頻尿)、急な耐えがたい尿意(尿意切迫)、排尿の開始困難(排尿遅延)

腎臓の感染症を伴う場合、わき腹(側腹部)の痛みおよび発熱

尿検査および培養

*この欄には症状や診察の結果などが示されています。ここに示されている特徴は典型的なものですが、常に当てはまるわけではありません。

CT = コンピュータ断層撮影。

検査

多くの場合、医師は手持ち式のドプラ超音波装置を妊婦の腹部にあてて、胎児の心拍を確認します。心拍が検出できるはずの時期(妊娠11週頃)までに心拍がみられなければ、胞状奇胎の可能性があります。嘔吐が頻繁である場合や脱水がみられる場合、もしくは胞状奇胎の可能性がある場合は通常、検査を行います。どの検査を行うかは、医師が疑う原因により異なります。

  • 妊娠悪阻:尿検査(ケトン体の測定)および場合により血液検査(電解質濃度およびその他の物質の測定)

  • 胞状奇胎:骨盤内超音波検査

  • 妊娠に関連のない病気:その病気を調べるための検査

治療

嘔吐が病気によるものであれば、その病気を治療します。嘔吐が妊娠に関連するものである場合、食事や食習慣を変えると役立つ可能性があります。

  • 少量の食物や飲みものを何回もとる(1日に5~6回食事する)

  • 空腹になる前に食べる

  • 薄味の食品だけを食べる(例えばBRAT食[bananas:バナナ、rice:米、applesauce:アップルソース、dry toast:何もつけないトースト])

  • 枕元にクラッカーなどを常備しておき、起床前に1~2枚食べる

  • 炭酸飲料(ソーダ)を飲む

嘔吐により脱水が生じている場合は、輸液を行うことがあります。嘔吐が続く場合は、入院になる場合があります。ブドウ糖、電解質、ときにビタミンなどを静脈内投与します。嘔吐が治まれば、経口により水分をとります。摂取した水分をとどめておけるようであれば、薄味の食品を少量ずつ何回にも分けて食べ始めます。受けつけられる食べものの量が増えるにつれ、1回の食事の量を増やしていきます。

必要があれば、吐き気を緩和する薬剤(制吐薬)が投与されます。医師は妊娠前半に使用しても安全と考えられている薬剤を選択します。ビタミンB6が最初に使用されます。この効果がなければ、別の薬剤(ドキシラミン[doxylamine])、メトクロプラミド、オンダンセトロン、プロメタジンなど)も投与されます。

ショウガ(カプセルまたはキャンディとして摂取できる)、鍼治療、乗り物酔いバンド、および催眠法は、妊婦用ビタミン剤を葉酸の含まれた小児用チュアブルビタミンに切り替えることと同様、役立つ可能性があります。

まれに、治療を行っても体重減少が止まらず症状が続く場合は、鼻からのどを通って小腸まで達したチューブで直接栄養を送り込みます。この経管栄養は必要がなくなるまで続けます。

要点

  • 通常、妊娠中の吐き気や嘔吐は体重減少やその他の問題を引き起こすことはなく、第2トリメスター(訳注:日本の妊娠中期にほぼ相当)以前またはその間に治まります。

  • 妊娠悪阻は重度で持続する、妊娠に関連する嘔吐で、それほど一般的ではなく、脱水や体重減少を引き起こします。

  • 吐き気や嘔吐は、胃腸炎、尿路感染症、腸閉塞(まれ)など、妊娠とは関係のない病気が原因で起こることもあります。

  • 食事を変更することは、妊娠に関連する軽度の吐き気や嘔吐の緩和に役立つ場合があります。

  • 妊娠悪阻の女性に脱水が生じた場合、輸液が必要になることがあります。

ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
ここをクリックするとプロフェッショナル版へ移動します
よく一緒に読まれているトピック

おすすめコンテンツ

ソーシャルメディア

TOP